表匹見峡お楽の滝

2009年11月17日

マニアの聖地 匹見町

いや〜最近
匹見はマニアさんたちにブームですよ。

9月には「巨木」をテーマに中四国を歩いておられる
グループさんが広島から来られたばかりなのですが

「滝」をテーマに写真を撮影されている
浜田在住の、岡本いっとく さんから
匹見の滝情報について
ここ数ヶ月やりとりさせてもらっています。


その、いっとくさんの写真が
めっちゃうまいんですよ〜


そうそう、岡本さんといえば
中国新聞益田支局の岡本記者さんも
写真がお上手で
とってもこだわり派(と思われる)なのですが
岡本姓は写真が好きな方が多いんでしょうか。

※昨年、食用ほおずきの取材に来られた際
たまたま匹見川の中に
鹿を発見!ちょうど鹿が振り返って
こちらを向いているところを
見逃さずシャッターを切った一枚は

現在、匹見町にある3つの公民館に
でかでかと飾られています。

岡本記者さん、記事じゃなくて
「ああ鹿の写真とられた記者さんね」っていわれるのが
嬉しいような悲しいような複雑な
心境らしい。


あああーーーーー話がずれてしまいました…。


で、その いっとくさんから送られてきた写真をですね〜
ブログで紹介させていただきたいと思います。

写真説明もそのまま使わせていただきますね。

まずは、つむぎ峡。

紙祖つむぎ峡紙祖(三葛)つむぎ峡 つむぎ滝

つむぎ峡の渓谷を少し遡っていくと
この滝があります。

匹見の渓谷はどこも水の透明度が高いですが
ここは際立っています。















ワタクシが一番気に入った写真が→続きを読む

hikimityou at 16:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック