食べる

2024年06月01日

食堂大将 ランチバイキング

益田市匹見分庁舎に隣接している
食堂・宿泊「大将」さん。
438137521_378836268519729_8948900583685681328_n

毎週月曜日に限り、ランチバイキングを提供をされています。
438095265_1613786916139861_1413000113033001785_n


いろいろ選べて900円です。

月曜日の昼に営業している食堂の一つです。
匹見にお越しの際にはご利用くださいね。

●営業
11〜13時

●お問い合わせ
大将 0856−56−0507




hikimityou at 11:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年05月31日

「ごじる」をご存じですか???

皆さんは、「ごじる」って、ご存じですか?

ウィキペディアによると、「呉汁」と記すそうです。
日本各地に伝わる郷土料理で
大豆を水に浸し、擂り潰したペーストを呉といい
呉を味噌汁に入れたものが呉汁とのこと。

で、
この呉汁とやらをふるまってくださるご婦人が匹見町小原にいらっしゃいまして
5月29日午前、好奇心満々でご自宅を訪ねました。

そのご婦人とは…。
籾田悦子さんです。
かつて、醤油と味醂だけ、無添加のワサビ漬けを製造・販売されており
イシバシの一押し二押しの逸品を手掛けた方です。


この日は、キノコ3種を一口サイズに刻み、だし汁で煮込でいきます。
445393558_7891091934276123_4970066193956388565_n


その間、前日夜から水に浸しておいた、たっぷりの大豆を、粒粒になるまでミキサーにかけていきます。
445369245_7891091924276124_5912590718189895809_n


悦子さんがつくる呉汁は、大豆がたっぷりもたっぷり。
まさに豆乳汁。かす汁にも似ています。
最後は、お味噌を入れて味を調えます。

444500226_7891091930942790_4824200215150072335_n
444770714_7891091927609457_1558194835974212475_n




ご主人の久勝さんが子どもの頃、お母さんに呉汁を食べさせてもらっていた味が懐かしく
20年ほど前から、久勝さんのたっての依頼で作るようになったとのこと。
とりわけ寒い日にいただく呉汁は
身体も心もあたたまるそうです。
ワタクシも昨日、いただいたのですが
初めて口にする呉汁は、お椀を口に近づける段階から大豆の香りに包まれて
口に含むと、大豆の小さな粒粒の触感も楽しく、食欲を増進させます。
栄養たっぷり、おなかも満たされ、幸せな気分に浸ることができました。
呉汁は初めて食したのですが
これまで匹見で耳にしたことも、もちろん口にしたこともありませんでした。
悦子さんのお話でも、近所の高齢の方もご存じない、ということでした。
どなかた
ご存じの方、いらっしゃいますか〜〜〜




hikimityou at 10:55|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年03月06日

はまちゃんに会いに! 食堂・宿泊「大将」

匹見の中心部にある食堂・宿泊「大将」さん。
昨今の物価高騰により、令和6年4月から料金改定をなさいます。
430252842_7517167978335189_653259293446801259_n

●月曜ランチバイキング
月曜のみ
・11〜13時
・700円→900円
※5〜7品目
430301461_7517167648335222_4602174199001798083_n

430266616_7517167818335205_8031631011652932835_n

●宿泊
1泊2食 7000円→8000円
1泊朝食 5000円→5500円

●別途、昼と夜の予約も受けていらっしゃいます。
●カラオケ有 1曲100円


いつも素敵な笑顔で出迎えてくれるのが、「大将」の大将、
「はまちゃん」こと河野益江さん。

底抜けの明るさが魅力な女将です。
なかなか撮影させていただけないのですが、今回はご了解いただき
素敵な笑顔を撮影できました。
430295128_7517167421668578_6125627655203548325_n

是非本物のはまちゃんに会いに来てください!
3月いっぱいは、月曜ランチバイキングは700円です。

●お問い合わせ
大将 0856−56−0507






hikimityou at 15:50|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年03月04日

寒ざらし

皆さんは「寒(かん)ざらし」という言葉をご存じですか?

寒い冬の作業で、もち米が、だんごの粉に進化していく様を、
美味しいだんご汁の映像とともにお楽しみください。

★ひとまろビジョン放送動画:2022年6月3日)


1
2
3
4
#寒ざらし
#だんご汁
#村上巴さん
#益田市匹見町
#ヒキミト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画は
石橋が撮影・取材・原稿を執筆したものを
ひとまろビジョンさんに編集、放送していただいたものです。







hikimityou at 10:50|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024年02月28日

期間限定 匹見産しし鍋定食

期間・数量限定の
匹見産!しし鍋定食^^

おかずやご飯がついた定食(1540円)ですが
2



しし鍋単品の注文も可能。

「期間限定」「数量限定」のフレーズに弱いワタクシは、
しし鍋単品(1210円)に、ご飯(110円)をプラス。
1
少し甘めの、こっくり味噌仕立て。
まだまだ寒い冬にはおススメの逸品です。

遠方の方で
しし鍋を目当てに匹見峡温泉に出向かれる際には
念のため事前にご連絡されてくださいね。
電話0856−56−1126
3


#匹見峡温泉やすらぎの湯
#しし鍋定食
#益田市匹見町
#ヒキミト





hikimityou at 13:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

伝統的なとちもちづくり

匹見町といえば、縄文時代。縄文時代といえば、とちの実。
匹見町ではとちの実が多く採れることから、とち餅づくりの文化が残っています。

加工グループ「内谷とちの実会」は40年前から、とち餅づくりを行い
全国にファンがたくさんいらっしゃいます。
「内谷とちの実会」は昔ながらの工程にこだわります。
とちの実のアク抜きに手間暇をかけ、それによって独特の風味を残した
とち餅が完成します。

工程の一端をご覧ください。



1

2

3

4

(ひとまろビジョン放送日:2022年4月15日)

#益田市匹見町石谷
#とちもちづくり
#内谷とちの実会
#ひきみ田舎体験推進協議会
#ヒキミト


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画は
石橋が撮影・取材・原稿を執筆したものを
ひとまろビジョンさんに編集、放送していただいたものです。
(放送日:2022年4月15日)






hikimityou at 10:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年10月27日

【おススメ】匹見峡温泉やすらぎの湯内の食堂

「限定品」という言葉に、めっぽう弱い石橋です。

本日のランチは
・舞茸天うどん定食
・きのこソテーカレー

うどん定食を選んだ食通の友人いわく
「うどんの出汁も、小鉢の味付けも、とっても美味しい」と。
387339606_1059733645161340_7573823911682142223_n


私は
きのこソテーカレーをいただきましたが
既製品ではなく一から手作りしたカレーだけあって
滋味あふれる優しい味で、最後の一スプーンまで
しっかり美味しくいただきました。

匹見峡温泉やすらぎの湯内の食堂は
知る人ぞ知る、美味しいメニューをそろえている食堂です。
お食事だけの入館もOKですので
是非お出かけくださいね!
387321967_998817268074062_4501205147038497080_n

387334546_356579826770363_685994830410486914_n





hikimityou at 13:42|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年09月12日

益田市内給食 生産者紹介

「見て、感じて、食べてみよう!」

益田市内の全小中学校給食の献立表の裏面に、月1回のペースで給食の食材を提供されている生産者さんが紹介されているコーナーがあります。管理栄養士さん4人が順番で取材を担当されています。

このうち、美都中学校を拠点に、都茂・東仙道小学校(美都)、匹見小中学校で
栄養教諭として食の学習などにも取り組んでいらっしゃるのが、古川あずささんです。
ふるかわさん


生産者さんの食材への思いややりがいなどを、写真や図解付きでコンパクトにポイントをおさえ、わかりやすくまとめていらっしゃいます。

小中学校時代に新聞コンクールがあったら
受賞間違いなしの質の高さです。

その取材力に脱帽です。

生産者さんからお話を聞くことは
「とても勉強になる」だけでなく「子どもたちへ生産者さんの思いをダイレクトに伝えることができ、指導の幅が広がる」とおっしゃいます。

古川さんによると「美都、匹見の子どもたちの完食率は高く」、「美都の野菜はとてもおいしくて、子どもの野菜嫌いが少ない」のだそうです。

これまで古川さんが取材・紹介された生産者さんは5人(団体)。

・キムチ工房りはらさん
キムチ工房りはら

・佐原晃子さん
佐原晃子さん

・寺戸和憲さん
寺戸和憲さん

・澄川晋二さん
澄川晋二さん

・青木昌碩さん(あおき農園)
青木昌碩さん(あおき農園)

です。

きっと生産者さんも喜ばれているに違いありません。
こちらを拝読すると、生産者さんがグッと近くなります。

私たちの食を守ってくださる皆さんに、改めて感謝です。





hikimityou at 16:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年07月19日

大粒のベリー収穫体験 開催中!!!

IMG20230719090312大粒のベリー収穫体験 開催中!!!
常連のお客様からのお問い合わせがすでに入っているそうです。

萩原公会堂への行き方

●場所:益田市匹見町萩原集落(別添手書き地図を参照) 
●開園:8時〜12時
●摘み取り・持ち帰り量1キロにつき1200円
(その場で食べる分は無料!)
※入園料ゼロ円
※購入する場合 生食・冷食ともに1キロ1800円

●時期:8月いっぱいまで(ベストシーズンはお盆までの模様)

●お問い合わせ:高木さん 携帯090〜7549〜8391


7月19日。益田市匹見町萩原集落のベリー畑。IMG20230719085836


30aの圃場に350本の木が植わっています。
この日は、9人の住民の方が8時から摘み取り作業に汗を流していらっしゃいました。
IMG20230719092126

IMG20230719093011

IMG20230719093253


高木さんによると
「今年のベリーも“ええよー(いいよ)”」とのこと。
合間の休憩時間は、アイスクリームを頬張る時間。
狙ったわけではないけれど、私も美味しくいただきました。


この夏の予定に、ベリー収穫、入れてみませんかーーー





hikimityou at 10:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年06月30日

「森とうどん」最新情報

蒸し暑い季節になりました。

匹見峡レストパーク内にある「森とうどん」では
かけうどん のほか
ぶっかけ
しょうゆ
の3種を取り揃え、ぶっかけとしょうゆについては冷うどんも。
IMG20230630121338


久々の今日、訪問。
いつも通り、いままで通りで「かけ温の中サイズ」を頼んだのだけど
よくよく注意深く確認してみると、上記3種うどんが用意されているのです。
ぼーーーっとしていたな、私。
私の記憶が間違いでなければ、選べるレパートリーは、うどんのボリューム感も含めて
増えている。

うどんの種類(とサイズ)を選んだ後
トッピングを選んで、あとはうどんが茹で上がるのを待つのみ。
IMG20230630121329


店内中央にドンと構える机には、私が取材・編集をさせていただいている定住情報誌「おかえり」を並べていてくださっていて、感謝感謝。
IMG20230630121458

今日は、関西弁の「匹見のえーちゃん(矢沢永吉の歌が好きな方なので、左記のように勝手に命名」とお昼をご一緒。モデルになっていただきました。
IMG20230630121753



「食後のコーヒーいかがですか?」と書いてあるボードがありますが
食後でなくても、コーヒーだけの注文でも一律200円。
ちょっとした打ち合わせやリモートをするのにも、実はおススメな穴場なのですよ。
★アイスコーヒーも200円で対応してくださいます。
但し、今日の段階ではアイスコーヒーの提示はありませんでしたので
お声がけしてみてくださいね。

IMG20230630121313


アルコールやアイスやらもあって、ちょっと誘惑に負けそうではありますが…
IMG20230630121353

これから暑くなるので避暑にももってこい。うっとうしい梅雨空も
さわやかなアジサイをみていると清々しい心持ちにさせてくれるのでした。
★もりとうどん
電話070−4218−8071



hikimityou at 16:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック