2023年03月16日

海を臨む産直+レストラン「持石海陽王国」へ

遂に!!
企業研修受入@匹見の下見を兼ね、以前から気になっていた「持石海陽王国」へ!
どこまでも広く、そしてなだらかにのびる水平線が見渡せる持石海岸に
令和4年11月オープン。

大きな船に見立てた建物の、船底?あたりが玄関になっています。
夢とロマン溢れる、匹見出身・檜谷進会長らしいなーーーー!
IMG20230315170101


1階は地元産品コーナー。
匹見と美都の産物に絞って紹介すると…

「入船」早々、村上鶴美さんの原木しいたけ(生、乾燥)を発見!
他の地域ではなかなか購入できない匹見産白きくらげも!平谷冴子さんのわさび漬けや葵屋さんのクロモジ焼酎が鎮座。
IMG20230315170944

IMG20230315171010

IMG20230315171027

IMG20230315171119

美都は、李原さんのキムチ、美都イチゴ、蠅澆箸里罎魂湛品、柴犬の祖犬「石号」にあやかった焼酎がずらーり。
IMG_20230316_093948

IMG_20230316_093926

IMG20230315171030

IMG20230315171056


到着時間が17時を回っていたのですが
2階レストランのオーダーストップが17時30分だったため
あわただしく買い物を済ませると、階段を駆け上がってギリギリセーフ。

ちょうど、西の大海原に、赤々とした太陽が沈もうとしているところ。
グッドタイミングなことに、17時25分頃、萩・石見空港に着陸しようとする飛行機が
海上から陸地に向けて滑り込む姿をみることができるということで
デッキに案内していただきました。
「激写」。運強し、ワタシ。
IMG20230315172620



IMG20230315180052

ちなみに
この場所からは11時頃にも空港を離陸した飛行機の姿をみることができるそうです。

海を臨める窓越しのカウンターに腰かけると、コンセントが。
聞けば、Wi-Fi環境も整えられていて、食事後にゆっくり時間を過ごされるお客様も
いらっしゃるとのこと。


店長の延里洋典さん。
以前10年ばかりピザづくりの担当をされていたということもあり、
否、というわけではないらしいのですが
こちらのレストランでは延里さんによるパフォーマンス(ピザ回し)も楽しめる手作りピザをいただくことができます。
IMG20230315172540



なんと!令和5年4月から営業の業態・時間変更に合わせ
ピザにも新メニューが登場予定とのこと。

「匹(ひき)ワサカッソー」
わさびとチーズ、生わさび葉をコラボレート
「赤天グラッツェ」
赤天とチーズのコラボ
「竹Q和ガラッシー」
和がらしをベースにちくわときゅうり、チーズのハーモニー

4月1日より
新たに夜営業も開始。
ざっくり言うと
・居酒屋メニュー+ピザ+お寿司+ステーキ
・宴会対応あり
ちょっと繁華街から遠い場所なので車の代行サービスも整えられています。

変転変化する「持石海陽王国」。気になった皆様、お出かけしてみてくださいませ!


■レストラン情報
【3月31日まで】
11時〜17時(ピザ14〜18時:ラストオーダー17時30分)

【4月1日以降】
11時〜14時30分(ラストオーダー14時)、17〜21時(ラストオーダー20時)

★定休
月曜(月曜が祝日の場合は火曜)

★住所
益田市高津町ロ563番地2

0856−22−0059
IMG_20230316_093843




hikimityou at 09:59│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> | お土産

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔