2016年06月17日

匹見・うずめ飯 VS 出雲・うず煮

匹見の郷土料理といえば
特産わさびを使った「うずめ飯」。

文献によれば
匹見町では江戸時代から、わさびが栽培されていたそうで
食文化の中にも
わさびが息づいているわけです。


町内の飲食店で
うずめ飯を提供しているのは3店。

うずめ飯 レストパーク匹見峡レストパーク。









s-DSCF6265ねむの木










山法師 うずめ飯定食匹見峡温泉内の山法師(やまぼうし)








お店によってすこしずつ違いがありますね。


また予約制で
うずめ飯を提供してくださる
蠻襪硫颪気鵑里修譴
↓こんな感じ

うずめ飯(萩の会)











わさびの産地、三葛にお住まいの
生産者 斉藤佐登志さん宅で
以前いただいたそれは
↓こんな感じ

04ごはんを入れる具がまったくございません。

わさびの味をダイレクトに堪能できる
絶品でした。





□■□■□■□■□□■□■□■□■□


先日所用で出雲に帰省した際
母親と食べたのが

DSC_1590←こちら





出雲大社のお膝元で
明治15年に創業し、4代続く割烹・和食堂「看雲楼」(かんうんろう)が
提供されている

「うず煮膳」。


平成28年5月22日発行の「りびえーる」によると


出雲大社に古くから伝わる料理で

だしはフグでとられ
ほぐしたフグの身などが入ったご飯が
とろみあんで包まれていて

その上に
三つ葉や海苔がちりばめられた逸品。

上には
わさびがのっていました。



出雲に生まれ、出雲に育ったワタクシでしたが
出雲にも匹見のうずめ飯に負けず劣らずの
歴史を有する料理があったとは
知りませんでした。



共通するのは
上にわさびがのっていること

そして、食材が「うずめて」あるところから
由来するであろう名前。


食いしん坊のワタクシ。
また一つ、新たな学びの機会をいただいた
今日この頃です。

匹見のうずめ飯
出雲のうず煮

さあ、どちらが旨いのか。


それは皆さんの舌でジャッジしてください。

これぞ
「島根の東西対決」。





hikimityou at 07:00│Comments(0)TrackBack (0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> | わさび

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔