2010年01月20日

大阪のご報告

今日は
道川小学校に
NHKBSでおなじみの
どーもくんがやってきたので
その撮影やら取材で
でかけていました。

詳しい情報については
許可が得られれば
こちらのブログで紹介させていただきたいと
思います。

□■□■□■□■□

さてさて
大阪のご報告。

尻に火がつかないと
物事がすすまないタチなので
よしくんさんに渇をいただきまして

早速ご報告でございます。


石見地方が誇る石見神楽の上演に先立ち

民俗文化の背景を探る、ということで
益田市は匹見町の事例発表がありました。

まず最初に登壇したのは

巴さん近景村上巴(ともえ)さん。

匹見町は石谷地区で
4組の夫婦で「内谷とちの実会」を立ち上げ

とちもちを加工・販売されています。











会場の様子会場は500人の定員に対して
立ち見がでるほど盛況でした。









巴さん遠景さてさて
巴さんの発表ですが〜〜〜




戦後の減反政策により
農業の行く末に危機感をもった
地域の皆さんは

「米に付加価値をつけ
トチ餅を作り販売しよう」

ということで

昭和61年に会を結成。

懐かしい山里の味は
口コミで広がり

今では全国にファンがおられます。

各地でトチ餅が作られていますが
同会のトチ餅が他地区のそれと違うのは

清流を生かした昔ながらの
製法にその秘密が隠されています。

収穫したトチの実は1ヶ月間、天日干ししたのち
鬼皮をむいて木灰(もくはい)をいれ

その上から熱湯をかけて一週間ほど
漬けます。

その後、清流に一週間さらし
再び木灰に一週間漬け

もう一度清流で洗います。

水道水ではアクは抜けません。

この手間ひまが
餅の味を決めるというわけです。


「内谷とちの実会」では
加工のほか
毎年12月に「とちの実交流会」を開いたり

昨年6月にはワサビをテーマにした交流事業を
実施されました。


また昨年
村上巴さんは
匹見町で2軒目となる田舎ツーリズムの宿を開業。

すでに30人近くが民泊されていて

田舎のよさを体感されています。


□■□■□■□■□

次に登壇されたのは

ソノさん近景われらが
齋藤ソノさん。
御齢86の「萩の会」の代表取締役社長です。










ソノさん遠景「萩の会」の取り組みについては
ご存知の方も多いと思いますが



「集落から灯りの家を出すまい」と
平成10年3月に任意組織「萩の会」を
設立。

活動の皮切りとして
同年4月に
集落の女性6人が
「民宿部会」を立ち上げ民宿「雪舟山荘」をオープン。

身近に採れる新鮮で安全な
山菜や川魚など
匹見の食材を手料理し
もてなしてきました。

また町内で縄文遺跡が数多く発掘されたことから
山菜料理をメーンに
古代米やイノシシ肉のブルーベリー煮、
熊笹茶などを
提供したところ話題になりました。

平成11年には男性を中心に「水稲部会」
また「ブルーベリー部会」が発足。

旧町管理のブルー園を譲り受けて
栽培したブルーベリーでジャムを作り
なめこの佃煮とともに
匹見の特産品に成長しました。


民宿は家主の帰郷で平成18年に閉鎖されましたが
平成17年6月に
それまでの任意組織から法人化し

集落民全員がメンバーとなり
新たなスタートを切られました。

現在は、
平成19年5月に集落民で手作りした
「萩の舎(はぎのや)」を核に
食事や各種体験の提供、特産品の販売を
行っておられます。

こうした集落ぐるみの取り組みは
「男女共同参画型社会づくり」や
「地域コミュニティビジネスの形成」の
先進的なモデル事例として

その実績が高く評価され

平成21年11月に
「平成21年度農山村漁村いきいき活動表彰」で

農林水産大臣賞を受賞されました。


萩の会の皆さん齋藤ソノさんは
「今後、田舎体験を核に
都市住民との交流やI・Uターン受け入れを
促進していきたい」と
話されました。



Nちゃんこの日
大活躍したのが

S藤N子ちゃん。

この日のナレーションを務めてくれました。






何を隠そう
Nちゃんは

ソノさんの愛孫さんなのだ。


Nちゃん
素朴なナレーションありがとう!!!

これからもヨロシクっ!!


石見神楽遠景会場ではこのあと

益田市石見神楽神和会さんによる

石見神楽の上演がありまして





石見神楽近景演目「恵比寿」「道返し」「大蛇」の
3演目が上演されました。









お見送り体制閉会されたのち

「萩の会」「内谷とちの実会」の皆さんで
お客様を
お見送りしました。

お客様の中には
「ぜったい匹見に行きます!」っていう方も
少なからずおられて

今回のご縁が
次につながる、そう確信いたしました。

大阪のご報告は
まだまだ続きます〜〜〜〜〜。

hikimityou at 17:19│Comments(2)TrackBack (0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> | ひきみ田舎体験推進協議会

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by よしくん   2010年01月22日 10:27
うんうん、面白かった。
続き、早よして(笑)
2. Posted by 匹見町大好き!   2010年01月22日 11:09
よしくん さん

どーもどーも
(「どーも」の口癖がこびりついて離れんのです)

ふふふ〜
できれば今日ね。
やりますね。

続編。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔