2007年12月18日

匹見と尾道のコラボ

尾道ラーメン先日、広島の親戚からお歳暮が贈られてきまして
開けてみたら尾道ラーメンが入っておりました。







このラーメンを作っている会社が面白い。
資料によると酒の肴を作っている阿藻珍味(あもちんみ)という会社で

「呑兵衛社員が集まって酒を呑むと、きまって最後は
 “うまいラーメンを食べに行こう…”との話になる。
 それでもって、誰かが自分たちでラーメンを作ろうと言い出した」

というのがラーメン作りのきっかけらしいです。

ここでも酒つながり。やっぱり私とお酒は赤い糸で結ばれているらしい。


それでもって
今日のお昼は
ラーメンを作ることになりました。

ラーメン麺は私好みの細麺。一つの鍋で麺を茹でるかたわら、もう一方のコンロでスープを作るという、ここが料理人の腕のみせどころ。

合理的とか効率という言葉が好きな私。
→要は面倒くさがりやなので
何事もチャチャチャと終わらせたいだけなんですけどね。


スープの中に、刻んだ生しいたけと人参を入れて
一緒に煮込んで、はい完成。


にんにくそして、そしてこのスープの中に、匹見町で青森産のにんにくを栽培していらっしゃるWさんからいただいた生にんにくのすりおろしを入れましたよ。

実はWさんが作られるにんにくは、あの!!しおからとんぼさんで使っておられるにんにくなのであります。


今、思い出しましたが
しおからとんぼさんでは
今月から、匹見町の山をかけずりまわった美味しいイノシシのお肉
ラーメンのスープをとっておられます。

残念なことに私はそのスープをいただいていないので
どなたか既に召し上がった方、近くお店に行かれる方がいらっしゃれば
ご報告をおまちしております。

今度匹見へお邪魔したときにも
イノシシが獲れているといいんですけれどね。


にんにく入り話を元へ戻します。このにんにくをスープの中へ、更に具の上にたっぷり載せたら美味しいラーメンの出来上がりです。






瀬戸内の小魚を使ったスープはさっぱりしているのにコクもある味わい。
細麺との相性もばっちりです。

そして、青森生まれ匹見育ち!!のにんにく
味を更に更に引き立てていました。

にんにく大好きな私は
匹見育ちのにんにくを
肉じゃがに入れてみたりカレーに入れてみたりと
いろいろな料理に入れて楽しんでおります。

にんにくの収穫は来年5、6月ごろとのこと。
美味しいにんにくとの出会いを心待ちにしている
今日この頃です。

ごちそうさまそして10分も経たないうちに
スープも具も残さず完食いたしました。

この尾道ラーメン。あと6食分残っています。
あと数回、味わえるってことですね。

素直に嬉しいです!

hikimityou at 00:26│Comments(2)TrackBack (0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元町民   2007年12月18日 03:22
5 ああいいですな尾道ラーメン。
魚のダシにトロッとした背脂
食べた背脂が全て身についたとしても、どうせ数グラム。体重計は気づきません


イノシシというと、独特のクセがありますね。そこがとてもいいんです。あの臭い、たまりません。(ラーメンのスープにしても臭いが残るものか分かりませんが)
2. Posted by 匹見町大好き!   2007年12月18日 09:27
元町民さん
おはようございます。

画面上で味と香りをお伝えできない
のが残念でありますが
めっちゃ美味しいですよ〜

本場に出かけて食べたことはないですが
これは病み付きですね。

時間とお金があれば
全国ラーメン味めぐりをしてみたいものです。

最近、島根県内では
イノシシ肉を使ったカレーやコロッケなどが
商品化され人気のようですね。

匹見のイノシシ肉も負けず劣らず
美味しいと思います。

ちなみに
しおからとんぼさんで使われている
お肉は、血抜きもしっかり行われている
臭みのないお肉らしいですよ!


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔