2007年12月12日

柚子の気持ち

一昨日の夜は
今年初の忘年会で
ついつい調子に乗ってしまいました。

あまり大きな声では言えないのですが
「にごり酒」(1本300ml)がメニュー表にあったものですから
ついつい飲んでしまい
トータル3本分注文してしまいました…。

あ゛〜〜〜。なんてことでしょう。

でもでも
一人で丸々900mlというわけではありませんよ。

ご一緒させていただいた皆様も飲まれたので
正味750〜800mlぐらいでしょうかね。私の飲み分は。

皆様の呆れ顔が目に浮かびます…。

お酒だけで800mlというのは
私にしては飲んだほうになると思うのですが
翌日(つまり昨日)の体調は
思うほど悪くなかったです。

もしかしたら
にごり酒、私の体に合うのかもしれませぬ。

とはいえ、昨日は一日中頭が痛かったので
早めに風呂に入ろうと思ったら

親戚から柚子をたくさんいただいたとのことで
我が家でも初の柚子風呂にトライすることに
なりました。

柚子のほとんどが
料理に消えてしまったので
風呂用の柚子は6〜7個。

たったわずかでしたが
風呂中が柚子の香りで充満しました。

柚子湯
それでもって、何気に手にした柚子を使って肩やら背中やらを叩いたら、これが気持ちよくって。
またまた調子にのって叩き続けていたら、柚子の皮がやぶれて中から果汁がでてきたわけです。



どうせなら、「全部割ってしまえっ」と思い立ち
すべての柚子をぐしゃぐしゃと握りつぶし、再び湯船の中へ。

より濃厚な香りに包まれましたよ。

手の傷口が少しヒリヒリしたのは気のせいでしょうか。

でも柚子に包まれて風呂に入るって
ちょっと変な感じでした。

なんだか私自身が、鍋物の具材の一部になった気分で
いつもおいしくいただいている食材たちの
せつない気持ちが少し分かったような気が
いたしました。
これからは
より一層、感謝して食したいと思います。


そして今朝。
風呂をのぞいたら
たらいの中に昨晩の柚子が入っていました。

「これどうするの?」って母親に聞いたら
「今晩も風呂に入れるつもり」って言葉が返ってきました。

今日は生ごみ行きかと思っておりましたので
再利用するという発想には至りませんでした。

母、なかなかやりますね。

皆様のご家庭では
〕子は幾晩、使われるのでしょうか。
そして
⇒子湯に使った柚子を、違う方法で再利用されている方など
いらっしゃるのでしょうか。

素朴な疑問です。

hikimityou at 13:01│Comments(0)TrackBack (0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔