美濃地屋敷

2016年05月10日

【メディア情報】二川〜道川往還道、美濃地屋敷春祭り

5月8日は
今年で10回目を数える
益田市美都町と道川をつなぐ
かつての主要道
「二川〜道川往還道」ウオークでした。


久しぶりの
登山は心身共にリフレッシュできて

新緑を満喫できました。



過去最高の27名のご参加。
当日は
地元のケーブルテレビ「ひとまろビジョン」さんが
同行取材されました。

この模様は
本日、5月10日19時、21時、23時の
ひとまろビジョンで

同日に行われた
「美濃地屋敷 春祭り」とともに
紹介されます。

是非ご覧ください。







hikimityou at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年04月26日

【イベント情報】美濃地屋敷 春のイベント

2016年04月26日11時35分08秒0001国道191号沿い、道の駅匹見峡のはす向かいにある美濃地屋敷で
恒例の春のイベントが5月8日(日)に
開催されます。

チラシの通り
山菜てんぷらやシシ汁、古代米おはぎなどの販売や





また
先着20名で
わらび採り体験もできますよ
参加料1000円(昼食込)

お問い合わせ・お申し込みは
美濃地屋敷
電話0856−58−0250
9時〜16時
定休:月曜




hikimityou at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年11月19日

【行事案内】匹見の民話を聞く会

2015年11月19日14時18分13秒0001「匹見の民話を聞く会」のご案内です。


今から40年前の昭和50年夏
田中瑩一さん(現・島根大学名誉教授)が中心となって
匹見町道川を中心に古老の方々への昔話録音調査が行われました。


来たる11月27日(金)
その聞取り調査時の貴重な音声録音を聞いた後

実際に聞取りに携わった方を講師に迎え
民話を聞き、民話にまつわる話をお伺いする
「匹見の民話を聞く会」が行われます。


対象は道川小と匹見中の子どもたちが中心ですが
ご興味のある社会人の方のご参加も可能です。


■開催日
平成27年11月27日(金)14時20分〜15時50分

■会 場 
美濃地屋敷(匹見町道川)

■講 師
島根大学名誉教授    田中瑩一氏
島根県立大学短期大学部教授  岩田英作氏
島根県立大学短期大学部教授  山下由紀恵(代表)氏 

■日 程 
13時50分 美濃地屋敷見学
14時20分 開会行事
       ・音声録音を聴く
       ・3名による匹見の民話の紹介
15時40分 閉会行事・解散


■お問い合わせ先
匹見中学校 遠藤教頭先生
電話0856-56-0034


hikimityou at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年11月09日

白い一重のサザンカ!とても貴重です

s-「美濃地屋敷」国道191号沿い、道の駅匹見峡のはすむかいにある
旧割元庄屋「美濃地屋敷」(みのぢやしき)。





屋外より_R今日はこちらの敷地内にある
白い一重のサザンカについてお伝えしたいと思います。











以下、
これまでの専門家、樹医さんなどの話をまとめます。

”畸覆錣燭靴燭舛見るサザンカは大半が品種改良種で
花も八重だったりするが、白い花の一重は大変珍しい

サザンカの自然分布は、中国地方では山口県・萩が北限で
島根県に野生種はない。(原種は一重)

よって
美濃地屋敷の白い一重のサザンカは
中国地方でも珍しいサザンカの原種の可能性がある


▲汽競鵐は、成長の遅い、堅樹・材質のつんだ木であるため
寒い降雪をみる土地柄にあって、
これだけ大きくなるには庭園樹として大切に残されてきたことは間違いない

この樹だけをみても、相当な家歴を物語っている


拡大_R現在、敷地内のサザンカは白い花をつけ見頃を迎えています。
管理人さんの話によると例年、2月頃までその姿を見ることができるようですが
12月28日(月)から来年2月28日まで閉館しますので
ここ1〜2か月のうちでないと観ることができません。


またサザンカの鑑賞に合わせ
美濃地屋敷の歴史の奥深さについても感じることができると思います。


是非この機会にお立ち寄りください。

美濃地屋敷
定休:月曜
電話0856-58-0250



hikimityou at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月27日

【講演会情報】渡邉友千代さん、島津邦弘さんが匹見トーク!!

「過疎」と向き合ってきた歴史を持ち
中山間地域での営みを今に伝える益田市匹見町。


その匹見の「特色」や「民俗の魅力」を知ってもらうとともに
「匹見らしさを後世に守り伝えよう」と

道の駅匹見峡近くの旧割元庄屋「美濃地屋敷」を会場に
11月28日(土)10時から12時30分まで

ポスター・チラシ(歴まち講演会 匹見)0001_R歴史を活かしたまちづくり講演会「匹見らしさを求めて」が
開催されます。

入場無料。








当日は
3a3bf3cc-sユニークで分かりやすいトークが有名な!!!
匹見町在住の渡邉友千代さんが

美濃地屋敷の施設案内と講話を


そして元中国新聞編集局次長を務めた
島津邦弘さんが
「中国山地の中の匹見」「人々の暮らしの変遷」をテーマに
講演されます。


島津さんは1984年から1年半
3名で取材班を編成し、『新中国山地』と題したルポを書かれています。


退職後、30年の足取りをたどるべく中国山地をくまなく歩かれ
山里からの伝言_R「山里からの伝言」を出版されました。













もくじ_R『山里からの伝言』は
匹見からスタートします。


過疎町長の異名を持つ、今は亡き大谷武嘉さんのインタビュー記事に始まり

集落移転を行った「広見」、「みどりの工場」、「木工」「ワサビ再興」へと
続きます。

講演会では
島津さんが足で稼がれた情報や肌感触など、
取材当時のエッセンスを紹介されることになると思います。


中國新聞さんによる中国山地のルポは

1960年代後半の『中国山地』に始まり
1984年〜『新中国山地』
2002年〜『中国山地 明日へのシナリオ』
と続く。



そして現在
第4段目の中国山地のルポが動き出しています。


中国山地とともにある中國新聞といっても過言ではないかもしれないですね。



ということで
いろんな意味で今回の講演会は必見です。



そしてそして
講演会終了後には
先着60名の方に猴料瓩

匹見名物「うずめ飯」がお楽しみいただけます。


【タイムスケジュール】
9時30分 開場
10時00分 開会
10時10分 美濃地屋敷見学会・講話(60分)
11時10分 講演(60分)
12時10分 質疑応答
12時20分 まとめ・閉会




■お問い合わせは
益田市教育委員会文化財課
電話0856-31-0623

※事前の申し込みは不要です。





hikimityou at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月23日

【イベント情報】美濃地屋敷秋祭り+石見神楽

美濃地屋敷秋まつり0001国道191号沿い、道の駅匹見峡はす向かいの旧割元庄屋「美濃地屋敷」で11月3日

秋祭りが開催されます。

当日は猪汁をはじめおはぎやぜんざい、炊き込みご飯など
道川の美味しい物販売や

菊花展示があります。

時間は10時から15時まで



また美濃地屋敷から車で2分、徒歩なら10分のところにある
道川八幡宮では同日13時30分ごろから
秋の例大祭があり
道川神楽社中による石見神楽上演があります。

また敷地内で
食べ物の販売も予定されているようです。


是非お立ち寄りください。

お問い合わせは
美濃地屋敷 電話0856-58-0250
道川公民館 電話0856-58-0001



hikimityou at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年06月09日

平成27年度 美濃地邸食のご案内

★★【外面】精進料理旧割元庄屋「美濃地屋敷」で定期的に開催されている「美濃地邸食」。
地元食材をふんだんに使った精進料理を是非お召し上がりください。
おひとり様3500円(琴生演奏、抹茶、お土産付)




精進料理0001平成27年度は
6月16日、28日
7月10日、25日
9月26日
10月4日、17日
11月12日
12月10日

いずれも正午会食となります。

※13〜18名の団体様に限り、別途相談可能です。


問い合わせ
電話0856・58・0250


hikimityou at 16:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年05月01日

【イベント情報】美濃地屋敷春イベント

国道191号沿いに建つ
美濃地屋敷で恒例の春祭りイベント開催されます

新商品の「古代米おはぎ」をはじめ、シシ鍋や
山菜の天ぷらなど、たくさん地元商品が並びます。

このほか
先着20名で
わらび採り体験もありますよ。

ふるってご応募下さい。



50001


hikimityou at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年11月05日

美濃地屋敷情報

11月3日は
国道191号沿い、道の駅匹見峡はすむかいの
美濃地屋敷でイベントがありました。





DSC_0508遅い朝食兼昼食を兼ねて
おでんと豚汁をいただきました。







DSC_0514
11月中旬まで
菊花展が行われています。







DSC_0515










DSC_0510屋敷右奥には
サザンカの原種とされる一重の白のサザンカが咲いています。
これは貴重です!!!!!!!






11月末まで無休で開館してしますので
是非ご来場ください。
開館時間は9時から16時までです。


hikimityou at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年05月20日

匹見巡り 名所と食

若葉の季節となり
絶好の行楽シーズンになりました。

5月19日は会合準備や打合せのため
各所を回っていました。

01もみじ_R清々しい紅葉。

こちらは旧割元庄屋「美濃地(みのじ)屋敷」。











02もみじ_R樹形が
素晴らしいですね。

幹周辺には
新芽をだしたギボウシがぎっしり。

管理人の清寺(せいじ)さんによると
野生種のものより大きいとのこと。

まだまだこれから成長するらしいです。



Tさん県道307号(=県道波佐匹見線)沿いを
道川から町中心部へ移動する途中

下道川上のTさんが育てておられる
カキツバタ。

これからの季節
カメラマンが増えるのでは。







パズル体験巨大迷路として知られる
メイズ。

事務所の中に

パズル体験コーナーがあるって知っていました?






e8eb5dd7-sこんな面白い
パズルもありますよ。








パズルコーナーこちらの
メイズのほか
温泉やレストパークで購入することができます。







森の器森の器も販売中。


さすが
面積の97%が森林という
匹見町のお土産です。



【メイズ】
住所:匹見町匹見イ915
料金:メイズ500円、ミステリーハウス250円
時間:9時〜17時
電話:0856−56−0550
※12〜3月は天候により休業


かつ丼この日の昼ごはんは
レストパークで
かつ丼(800円)を注文。

わらびの味噌煮や
こごみの佃煮がついてきました。

匹見ならではの食材を
使われているあたり
さすがМ料理長!!




当然のことながら
山菜の小皿は
なくなり次第終了です。

【匹見峡レストパーク クックハウス】
住所:匹見町匹見イ853−3
営業:10時30分〜17時(ラストオーダー16時30分)
電話:0856−56−0341
定休:水曜
※冬季休業




20140520123759今日は
匹見支所となりの食堂「大将」で昼食。

携帯で撮影したため画質が悪く
すみません。




20140520121020海鮮丼をメーンにしたメニューの数々。

野菜たっぷりの創作料理は美味でした。




【食堂「大将」】
住所:匹見町匹見イ1260
営業:11時〜13時
電話:0856−56−0507
定休:土日祝




hikimityou at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック