山旅クラブ

2011年11月12日

ガイド案内 春日山登山

今週は
体を使う日が多かったなーーー

9日
北九州より
「山旅クラブ」さん19名が
いらっしゃしました。

「山旅クラブ」さんの
ご来町は
今回が4回目。

匹見の山と食に大変感動され
リピーターとして毎年来てくださっています。

今年は春日山登山を計画。
この日は珍しく
曇り⇔晴れ。

雨女の名前を返上できそうです。

日本海側匹見山の会の
ネズさん、三村さんに
ガイドをお願いいたしました。

山歩きを日頃からされているとあって
山頂まで1時間10分ほどで到着。

今年7月に北側の木々を伐採された関係で
遠く日本海やイズミがみえました。
(近眼の私にはボーーーっとしかみえませんでしたが)








記念写真40分ほど
お昼休憩をとった後
皆さんで記念撮影。

それから下山いたしました。










柿話変わりますが
昨日ネズさん宅に所用で伺ったさい

家のすぐ後ろに熊が出没
柿の木を折って
実を食べたそうです。

こちらの写真がその証拠。

拡大してみていただくと
向かって右側の柿は食いちぎられています。

今年はあまり
熊出没の話を聞かなかったのですが

匹見の皆さん
ご注意くださいね。

hikimityou at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月26日

山旅クラブ 

表匹見峡散策本日は

福岡県は宗像市から
登山グループ「山旅クラブ」さんが

匹見町へ来られました。

前身となるグループの設立から数えると
10年の歴史をもつ
「山旅クラブ」さん。


今回はもともと
恐羅漢山の登山をご希望されていたのですが

あいにくの雨ということで
予定を変更。

まずは表匹見峡散策へ。


シライトソウ登山をご希望だったので
皆さんの反応が大変気がかりでしたが

旧道を歩くと

シライトソウや













ツルアジサイツルアジサイ


そのほか
たくさんの植物が
出迎えてくれ


みなさん
大変感動してくださいました。











お楽の滝また雨の日に現れるという
「お楽の滝」も
しっかり拝むことができました
























十畳岩川の中に
でーーーんと
鎮座いたしましたる岩は

その名も
「十畳岩」














美濃地屋敷その後
美濃地屋敷へ立ち寄り















おかず道川公民館へ移動し

弁当タイム。

この日は
「大将」さんに山菜弁当を注文。










わさび飯なかでも
わさびの葉をまぜた
わさび飯は

皆さんから大好評で

急きょ
匹見産の玄米がほしい!という要望が
でました。

さっそく
道川公民館のM先生が
地元の皆さんに声をかけてくださり

ご対応いただきました。









Mさん宅昼食後は
匹見峡温泉やすらぎの湯に
入りたい!とのことで
ご案内。

その前に
今回、ガイドをしてくださった
M村さんのお宅で
山野草を栽培されているという話題になり

たまたま県道波佐匹見線沿いに
M村さんのお宅があったため

急きょ
バスはM村さん宅横に停車。

しばらく
ビニールハウス内の山野草を楽しまれました。



雨天での匹見町ツアーとなりましたが

6月には再訪くださり
大神ヶ岳の登山

そして11月には
美濃地屋敷を会場に行われている
精進料理の食事もご予約いただきました。

今回のご縁をきっかけに
匹見を身近に感じていただければと
思っています。

hikimityou at 18:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック