匹見上公民館

2020年10月16日

匹見上公民館と吉田公民館もつながった♡

やった!やりました!!
オンライン会議ツールのZoomを介し、匹見上公民館と吉田公民館が
結ばれました!!


少し前に
匹見町内の3つの公民館がZoomでつながったのですが
更に一歩前へ、ということで
(匹見を中心に考えると)遠隔地にある吉田公民館さんへご相談。

吉田公民館さんでは
主事の八坂美恵子さんを中心に
Zoomを活用した様々な公民館事業を実践されていて
これはもう、「表彰もん」なんですよーー。
私が知る限り、益田市内の公民館で
ここまでZoomを駆使して
活動されているところはないんじゃないかと思います。

Zoomを活用した吉田公民館さんの取組にご興味のある方(団体)は、
講演会の話者に八坂さんを呼んでいただきたいです。ほんとうに。

八坂さんは知人を介してZoomの存在を知り
「コロナ」という言葉がなかった?数年前から
Zoomに親しんでこられたそうです。

匹見上公民館と吉田公民館がZoomでつながった今日
何をしたかと言うと
軽く自己紹介した後に
オンライン上で吉田公民館さんのZoomを活用した取り組みについて
画像を活用して情報共有いただくとともに
0b7a8f14ebccd240d906879946be98bc




匹見上公民館さん側でも
画像を使って公民館事業について説明されました。
しかし、Mちゃんの資料のデザインセンスはぴかいちだったなー。
99c5c92f548d6fc595ce274d22439cb9



Zoomでのやりとりは短時間で終わってしまうかも、って思っていたのですが
なにがなにが
あっという間に1時間が経過。
ノンストップで様々な情報共有をすることができました。


対面の良さはもちろんあるけれど
さまざまな地点から遠隔地にある匹見においては
Zoomの使い方を知っていることは
特に仕事上においてとても大切であると石橋は思うわけです。

対面とオンラインの合わせ技。
臨機応変に使い分けていくっていうのがいいのではと思う今日この頃。

コロナ禍で大変な時代であるかもしれないけれど
「大」きく「変」わる変革のチャンスかと。

誰が言っていたかいなーー。
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である』って名言があったよなーー。


#Zoom#匹見上公民館#吉田公民館#公民館事業#ヒキミト





hikimityou at 19:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月01日

【イベント情報】きのこ狩り

久しぶりのイベント情報です。
匹見上公民館と地域自治組織「匹見上清流の郷」の共催で
きのこ狩り体験が10月4日に開催されます。

きのこ狩りチラシ-1









きのこ狩り申込書-1




このころになると
涼しくなって過ごしやすくなっているかも。
せっかく匹見に来たのなら
匹見峡温泉やすらぎの湯に入ってから
お帰りになるプランはいかがでしょう。


尚、コロナ対応については
きのこ狩りの講師を務める
しまね森林活動サポートセンターさんが対応されます。

健康管理にはご注意を!


★お問い合わせ・お申込み
匹見上公民館
0856-56-1144
fax0856-56-0932
E-mail:csc-hikimikami@city.masuda.lg.jp


#きのこ狩り#匹見町#匹見上公民館#匹見上清流の郷



hikimityou at 16:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月03日

【メディア情報】匹見上公民館でミニマーケット

7月3日17時から
ひとまろビジョンさんで匹見上公民館の取組が紹介されます。

JR石見津田駅を拠点に、地元住民らが運営するパンカフェ「はぁと」は
店頭販売に加え、益田市内で移動販売もされています。

匹見町には毎月1回お越しになりますが、
このうち匹見上公民館では、
この移動販売日に地元の商店も出店する「ミニマーケット」を今年2月から始めました。

その取組の様子が紹介されます。
ぜひご覧ください。


#ヒキミトコーディネーター#まちづくり#益田市匹見町



hikimityou at 15:46|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年12月16日

【メディア情報】なつかしのテラダスタジオ写真展

2015年12月16日08時48分27秒000112月15日付の山陰中央新報さんに
匹見上公民館で開催されている
「なつかしのテラダスタジオ写真展」のことが
紹介されました。









今回の写真展を受けて地元の方から
小原・七村七村・小原の写真5点が寄せられ
追加で展示されています。

5点の写真からは
過疎町長の異名を持つ大谷武嘉さんが写っていたり
当時の七村分校の学校の様子などを
うかがい知ることができます。


当初展示期間は12月18日まででしたが
期間延長し28日までとなりました。

期間中は土日も開館しています。

お問い合わせは
匹見上公民館
電話0856-56-1144




hikimityou at 08:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年12月02日

【メディア情報】なつかしのテラダスタジオフォトギャラリー

匹見上公民館で12月18日まで開催されている
「なつかしのテラダスタジオフォトギャラリー」について

中国中国新聞さんと











朝日0001朝日新聞さんに
紹介いただきました。


関連情報は
こちらをご覧ください。


hikimityou at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

なつかしのテラダスタジオフォトギャラリーat匹見上公民館

概観_Rかつて匹見にあった
テラダスタジオの店主、寺田二郎さんが撮影されたり、関係する写真展が

匹見上公民館(匹見ウッドパークフロア)で開催されています。
12月18日まで。





03_R匹見の学校写真などが
多く展示されていますよ。











02_R














01_R












また絵手紙_R同じフロアでは
絵手紙の展示も行われています。









メンバー_Rメンバーは
「澄川わかさの会」の皆さんです。








02絵手紙_Rそれぞれに個性あふれる作品が並んでいます。







01絵手紙_R是非お立ち寄りくださいね。





会場:匹見上公民館(益田市匹見町匹見イ690
開館:8時30分〜17時15分
電話:0856-56-1144


hikimityou at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年11月24日

【ご報告】なつかしのテラダスタジオフォトギャラリー

今日は昨日とは打って変わり
朝からしとしと雨が降っています。


昨日は天気予報を覆す、陽気なお天気でした。
匹見支所裏の駐車場では
恒例の「匹見町産業文化祭」が行われ
たくさんの方が足を運んでいらっしゃいました。


私は午前中は匹見小体育館に張り付いていて
人だかり_R「テラダスタジオ写真展」の
対応を。

写真展タイトルは
匹見上公民館で
「なつかしのテラダスタジオフォトギャラリー」にされたようですね。


故・寺田二郎さんが撮影された写真を一目見ようと
沢山の町民の方が来て下さいました。




この日を迎えるに当たり
匹見上公民館の皆さんと一緒に写真整理などさせていただきましたたが


その後も、公民館職員さんたちが
写真説明00_R寄贈いただいた写真を後世に残すべく








写真説明01_R









写真説明02_R写真に写っている人や景色などの情報収集をするために
書類作成などをされており

頭が下がる思いでした。





今回ご都合で写真を見ることのできなかった方は
匹見上公民館では
11月24日から12月18日の
8時30分から17時15分まで期間展示
されるので
是非ご来場ください。

その際、写真に写っている人や場所、時期などについて
情報をご存知でしたら
写真説明02_R←こちらの書類にご記入をお願いします。






寺田さんご夫婦_R当日は
寺田二郎さんの長女である美千代さんご夫妻(写真)が
広島県海田町から来て下さり写真展をご覧くださいました。

きっと喜んでくださったのではないかと思っています。




この模様は
ひとまろビジョンさん(益田市のケーブルテレビ)で
11月27日17時から放映
されます。

益田市内在住の方は是非ご覧ください。



【メモ】
今回の展示写真数:234点
11月30日以降は、現時点で掲示していない約50点を加え、計284点を匹見上公民館で展示します。






hikimityou at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年11月11日

【イベント情報】懐かしのテラダスタジオ写真展

戦後、匹見町で開業した
テラダスタジオの店主、寺田二郎さんの写真展が

11月23日(祝)、益田市立匹見小学校体育館で行われます。


DSC_0990 - コピー_R



寺田二郎さんに関する
より詳しい情報はこちらをクリックしてください⇒ここ








これまで
匹見上公民館職員の皆さんとともに展示用の写真を整理し

02全景_Rご覧の通り、展示を待つばかりとなりました。








01全景_R








02_R小学校の様子や










01_R寺田ご一家、テラダスタジオの様子が
分かる写真が並びました。




■お問い合わせ
匹見上公民館0856-56-1144




ポスター産業祭(最終完成版2-2)配布用0001当日は恒例の匹見産業祭も開催されます。
石見神楽や特産品の販売など
いろいろありますよ。

是非是非おでかけください。


■お問い合わせ
匹見総合支所地域づくり推進課
電話0856-56-0305



hikimityou at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月07日

匹見の写真店「テラダスタジオ」

テラダスタジオ_R匹見町民の方で
「テラダスタジオ」をご存知の方はどれだけいらっしゃるだろうか。





大正9年、蔚山(ウルサン、韓国)に生まれた寺田二郎さんは、
第二次世界大戦のときジャカルタで航空偵察要員として
戦地の様子をカメラに収める任務に当たった。

23歳で終戦を迎え、親戚の松下さんを頼って匹見へ。

しばらくは土木工事や索道のアルバイトで食いつないでいたが、
信子さんと結婚し長女の美千代さんが生まれると、

これまでの経験を活かして
見合い写真や結婚式、運動会など記念写真の撮影・販売や
工事現場の証拠写真などの撮影を始めた。



ご親族の話によると
「工事現場の証拠写真は一番儲かったという。
当時はカメラを持っている家庭が極めて少なかったため
飛ぶように写真が売れたようで
隣町の六日市へ自転車で峠越えをし
帰りは現金でいっぱいになった袋を両手に抱えて帰ることもあった」とか。

「冬には峠が越えられず死にかけたこともあった」。



寺田家_R商機と捉えたのだろうか。
昭和33、34年ごろ、現在の匹見郵便局の西隣(匹見川沿い)に自宅に併設する形で「テラダスタジオ」を開店する。
写真撮影や現像、カメラの販売・修理取次が主な仕事だった。



二郎さんは、スポーツマンで新しい物好き。
ダンスパーティーを企画したり、ボーイスカウトを匹見につくろうと尽力した。
モノクロテレビも我先に購入し、近所の人たちがテレビを観るため寺田家に訪れていたという。


春日山登山_Rアルバムには、登山や旅行、飲み会、有名女優とのツーショット写真を見つけることができた。交友関係が広かったことが伺える。


驚きだったのは、「テラダスタジオ」の受付に飾られていた、一糸まとわぬ女性のヌード写真。
撮影場所は表匹見峡だ。




匹見峡といえば、今でこそ「表」をはじめ「裏」「奥」「前」の総称だが、戦後まもない頃、匹見峡といえば表匹見峡を指していたようだ。

匹見峡_R表匹見峡へドライブに出かけたり弁当持参でピクニックに出かけたり。そんな時代だったことを当時の写真が物語る。







02ヌード写真_R話を戻そう。
受付のヌード写真だが、まだヘアヌードが解禁していなかった時代、二郎さんは仲間を集め、表匹見峡でヌード撮影会を開いている。
その時の一枚が、それだ。画期的な試みであったことが伺える。







ヌード写真_R表匹見峡以外にも海岸(おそらく日本海)やスタジオ内でヌード撮影を行い
さまざまなショットがアルバムの中に収められている。

もしかしたら、匹見町民の方の中にも記憶に残っている人がいるかもしれない。


時代は流れる。
写真は、スタジオで撮影してもらう物から、カメラの普及により、各家庭で撮影していく物へと変わっていく。


カメラ店業界にもカラー現像機が出回っていくが
「とても高く、テラダスタジオで購入できるものではなかった」という。

栄枯盛衰。

匹見町内に、カラー写真の現像を取り扱う山本写真館が開業したことにより
「テラダスタジオ」の全盛期は峠を過ぎることになる。

平成2年に二郎さんが病に倒れられたのを機に、「テラダスタジオ」は32年の歴史に幕を閉じた。


――――――――――――――――――――――――――――



このたび、二郎さんの妻・寺田信子さんが平成26年2月にご逝去されたのを機に
ご親族のご厚意で、二郎さんが撮影・所有されていた写真を匹見上公民館に寄贈していただいた。




棺_R匹見の歴史や暮らし、人々のいきいきとした姿が収められている写真の数々が
平成27年11月23日(月)の「匹見町産業文化祭」(匹見小体育館)で一部展示、翌11月24日から12月18日まで、匹見上公民館で展示される予定となっている。
たくさんの方に足を運んでもらいたい。






整理_R展示に向けて現在
匹見上公民館の職員の方と写真の整理を行っている。



hikimityou at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年10月22日

匹見ボランティアガイド養成講座スタート

匹見ボランティアガイド養成講座 第2回目が
匹見上公民館で22日19時から
行われています。


DSC_0342匹見の宝を見て、知って、生かそうとの狙いで始まった
この講座。


講師は渡辺友千代さん。
今晩は、町内から20名近くの参加あり。

匹見には
23000年前の旧石器時代の新槙原遺跡があり
島根県指定にされているとのこと。

著名な先生いわく
島根の歴史は匹見から始まるのだと。

かつて匹見は縄文銀座とよばれ
益田の海岸部は過疎だったと友千代さん。

そんな感じで講座がスタートしています。DSC_0340


hikimityou at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック