匹見タウンホール

2021年01月27日

緑の工場1500ha記念塔


匹見タウンホールや食堂「大将」さんを訪ねたことのある人なら、その存在にうすうす気づいておられたはず。


空に屹立する杉の木に隠れるようにして建つ、こちらの建造物。
IMG20210126153829


前から気にはなっていたんですけどね。
日常の風景に溶け込んでしまうと、そこに疑問や関心が向かわない。


今回、匹見町文化財マップのお仕事をさせていただく中で、改めてその存在にフォーカスすることに。


建造物の名は
「緑の工場1500ha記念塔」。


すでに「緑の工場」自体が何なのかピンとこない人がほとんどだと思う。


当時の匹見町長、大谷武嘉氏の碑文には昭和46年10月と記載されていた。
IMG20210126153933



ずいぶん昔のことだし、私も当時はまだ生まれてもいないので、手元にある書類を通してしか知る由もない。なので、「匹見町誌」を参考にさせてもらいます。


「緑の工場」構想は、県や町村が「一町村一工場」を目指して工場誘致を促進する中、立地条件などが悪い匹見には工場が来るわけがないと、町有林などの山林を工場に見立てて造林し、財産をつくるとともに、住民に雇用の機会を与える一大プロジェクト。


記念塔にある大谷元町長の碑文を借りれば
「昭和31年に町有林造林整備事業が開始し、延べ17万人の労働力を投じて昭和46年、町行造林が1500haの偉業を達成したのを記念し、この塔が建立された」そうです。


記念塔の頭上には、町民の福祉増進を約束する「幸せの鐘」も掲げられていました。
IMG20210126154002


ご興味のある方は、是非お立ち寄りくだささいね。

hikimityou at 09:38|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年01月30日

【イベント情報】匹見町石見神楽共演大会

1月 行く
2月 逃げる
3月 去る

1月30日。今月もあと1日ばかり。

こうしてまた
1年が繰り広げられるのですね。

3月1日(日)
匹見総合支所に隣接する
匹見タウンホール(匹見町匹見イ1260)で

20.01.28修正ol今年で20回を数える
匹見町石見神楽共演大会が
開催されます。


町内の3つの神楽団体(匹見、道川、三葛)に
石見神楽保存会久城社中さんをお迎えしての
神楽三昧。

今回のチラシを制作してくれたのは
匹見が生んだクリエーター、A君です。

きらびやかなチラシに仕上がっていますね!


共演大会まで
あと1か月ばかりですが
お早目のチケット購入を
おすすめします。



★お問い合わせ先
匹見町神楽振興会事務局
(匹見総合支所内)
電話0856−56−0305



hikimityou at 14:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年01月15日

【匹見今昔】匹見タウンホールと弘法院

匹見総合支所の耐震化工事に伴い
昨年末から支所内の整理作業が行われているのですが
偶然にも「お宝」が「発見」され
Kさんが私にシェアしてくださいました。

これは是非
匹見にご縁のある皆様方に情報共有させていただきたいと思い
許可を得て、掲載させていただきます。


じゃじゃーーん。

こちら
恐らく昭和40年代中ごろから昭和50年代前半までに撮影された
匹見タウンホール周辺の写真です。
↓ ↓ ↓
★タウンホール




現物の写真を私が接写したので
画質は少し悪くなっているのですが
許してくださいね。


当時と今の違いが分かるよう
40数年前の写真と同じ場所(★詳細は後述)から撮影を試みたのですが
ご覧の通り↓↓
★タウンホール
目の前は木々に覆われていて分かりにくい。

そのため1月15日
できるだけ撮影ポイントに近い場所からシャッターを切りました。
こんな感じです。
 ↓ ↓ ↓

01現在のタウンホール
02現在のタウンホール

分かりますか〜
間違い探しゲームみたいな感覚で写真を見比べてくださいね。


数人の匹見の方への聞き取りを含め
下記のことが分かりました。

・撮影時期は晩秋

・川向こうには何段ものハデバ(出雲の我が家では、こう呼んでいた)が!
 出雲では割と最近まで10段近く、木を組んだ稲架が、出雲平野の風物詩でした

・ちょうど河川工事が行われている最中。

・匹見タウンホールの建物の周りに水路が張り廻られている。
うわさで聞き知っていましたが
写真でみるのはほとんどなかったかなー
 
水路の中には鯉が泳いでいたり(優雅)
正面玄関近くには池があり
亀やオオサンショウウオも棲んでいたとのこと。

・一番の大きな違いは
県道42号線(匹見で唯一の信号つき)の有無でしょう!

・駐車場の車をみると、フェンダーミラーの車が沢山
 
車のことに詳しいSさんによると
当時はいわゆる軽自動車って普及していなかったみたいですね。

1000〜1500佞両型乗用車が多く、
中でもコロナ(トヨタ)とカローラ(トヨタ)が大衆車だったとのこと。

ちなみに2000侫ラスの車を普通車(マーク供▲ラウン等)って言ってたんですね。

改めて写真を見てみると、
立派な小型乗用車ばかり並んでいます。

いまだったら軽自動車の売り出しフェア―みたいに、
軽トラばっかり並んでいるんですけど
当時はあまり軽トラってなかったんでしょうかねー

自分では気づかなかったけど
匹見タウンホールの、今と大きく違う点を教えていただきました。
 
屋上にご注目下さい!
昔はウサギの耳みたいなものが空に向かってそびえたっていますが、今はない。

当時を知る方によると
小さい頃は屋上にあがって遊んでいたそう。
自由にあがってよかったみたいです。

おそらく、屋根裏的なものがつくられたんでしょうね。
増築の理由と活用方法は分からないので
また分かる方教えてください!

あと
何といっても思い出深いのが
写真手間のトタン屋根の職員組合の建物です。

今は壊されて更地になっていますが
ココは何を隠そう、
私が匹見町誌編纂のときに
1年間のうちの半分を寝泊まりさせてもらったところです。
大変お世話になったわ〜

職員の方からは「出るよ!」って
冗談半分に言われ脅かされていましたが、
私には「見えません」でした。
ホント、お世話になった建物です。

当時を知る詳しい人なら
まだまだいろんな情報があると思いますが
ひとまず今日はこのへんで〜〜

あっ言い忘れそうになっていました。
当初、撮影ポイントにしようと思っていた場所、
通称・弘法院(こうぼういん)。

今から15年ぐらい前から気になっていた場所なんですが
行く機会がありませんでした。

昔の写真と同じ場所から、今の様子を撮影すべく
必要に迫られて
先週、天気の良い日に
小高い山の上に建つ弘法院へ
一段一段階段を昇りつめて向かったのです。


普段運動をしていない私にとってはきつい時間でしたが
歩くこと数分あまりで到着。

噂に聞く「弘法院」。
こんな感じ。↓↓↓
弘法院敷地
★弘法院正面
弘法院中

「導かれた!」と思いましたね。
必要な時に必要なことが巡ってくる。

弘法院といえば、真言宗の仏教寺院。
本尊は弘法大師(空海)


匹見町誌編纂の頃から
行こうと思えばいつでも行けたのに、
なぜか行動に結びつかず、でしたが。

そうですか、今ですか…(と独り言)

日々起こるすべてのことに意味がある、と
このとき痛感いたしました。


と話が長くなってきましたので
今日はこのあたりで。

匹見の今昔。続編がございます。
またご覧くださいね。

ではではでは〜





hikimityou at 17:45|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年03月06日

【報告】匹見町石見神楽共演大会

毎年恒例の匹見町石見神楽共演大会。

匹見峡温泉やすらぎの湯休業により、匹見タウンホールに会場を移動しての開催になりました。
柴さん

主催の匹見町神楽振興会会長の柴幹士さんによる開会の挨拶後、神楽公演がスタート。


匹見神楽社中による「八幡」を皮切りに
八幡

「天神」(道川神楽社中)
「山葵天狗」(三葛神楽保持者会)
山葵天狗

「頼政」(匹見神楽社中)
頼政

「しょうき」(丸茂神楽社中)
「大蛇」(道川神楽社中)と
大蛇

計6演目が公演されました。
カメラ
前列にはカメラマンが、ズラリ。


同じ会場で匹見町内3社中・保持者会の神楽を観ることは滅多にないので、個人的に大満足。
3社中・保持者会3様の、個性と魅力を堪能する事ができました。

もう少し会場が大きいともっとたくさんの方にお楽しみいただけるのに、と思いつつ。

何はともあれ、今年も神楽共演大会が無事に終わりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。関係者のみなさま、お疲れさまでした。



hikimityou at 17:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年02月06日

【イベント情報】第19回「匹見町石見神楽共演大会」

明るい話題です!

毎年匹見峡温泉やすらぎの湯で開催されていた
恒例の「匹見町石見神楽共演大会」が
3月3日(日)10時30分から15時まで
匹見タウンホールで開催されます!

神楽チラシ

当日は地元3社中・保持者会(匹見、道川、三葛)に加え
友情出演として丸茂神楽社中が神楽を披露します。

一人でも多くの方にご来場いただき
匹見地域を皆さんで盛り上げられたら!と思っています。

★チケットは
匹見総合支所を中心に商工会匹見支所などで販売されています。
※石橋も持っております。

★弁当券(700円)もございます。
一日中、ずっと神楽を観ていたい!という方、お買い求めくださいませ。



【日時】 平成31年3月3日(日)  
開場 10時/開演10時30分

【場所】 
匹見タウンホール 益田市匹見町匹見イ1260

【料金】 
●前売券 一般1,000円 小中学生300円 
未就学児無料 
●当日券 一般1,200円 小中学生400円 
未就学児無料

【演    目】
八   幡 匹見神楽社中
天   神 道川神楽社中
山葵天狗  三葛神楽保持者会
頼   政 匹見神楽社中
鍾   馗 丸茂神楽社中
八岐大蛇  道川神楽社中

◆お問い合わせ先◆
匹見町神楽振興会事務局 田中
(益田市匹見総合支所地域振興課内)
電話0856-56-0305(平日8:30-17:15)








hikimityou at 12:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月13日

山内道雄・海士町長の講演会終わる

DSC_1591実直で情熱的な人、という印象だった。


「ないものはない!!」と
離島の海士から挑戦し続けている
山内道雄・海士町長。


定員100名を想定した
地域づくり講演会は
目算で130名を超えるか、という来場者。

会場の匹見タウンホールは
満席となった。

山内町長の講演を是非聞いてみよう、と
来場された人の姿が目立ったように思われた。

およそ80分の講演は
聴く者を飽きさせるどころか
ぐいぐい引き込んだ。





講演会の様子は
ひとまろビジョン(益田市のCATV)で
6月13日(月)「ひとまろ情報局」(17時から)のニュース報道と

後日、講演会の全体が放送される予定なので
詳しくはそちらをご覧になっていただきたい。


このブログでは
気になってメモをした言葉をいくつか紹介


◎海士町の取り組みは成功事例ではなく、「チャレンジ事例」
◎評論家はいらない
◎民の仕事を官がやる
◎住民と、危機意識の共有
◎悲壮感ではなく、危機感
◎住民があって役場がある
◎地域づくりは企業経営と同じ
◎異質(Iターン者)なものを取り入れる=変化
◎現場に答えあり
◎やらないよりやったほうが良い。やるなら本気で
 →「元気」(健康) 「やる気」(志) 「本気(度)」
◎逃げるのではなく、攻める
◎グローカル(グローバル+ローカル)人材が大切


これまでの海士町の取り組みは
研修や関係者の報告で
聞き知ってはいたが

山内町長から直にお話を聞くことのできる
貴重な講演会であり

いろいろと考えさせらえる
内容だった。


このたびの講演会を主催された
関係者の皆さん
お疲れさまでした。




hikimityou at 16:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月08日

【講演情報】海士町長をお迎えしての地域づくり講演会

2016年05月19日19時00分41秒0001いよいよ明後日に迫ってきました。

6月10日(金)18時から
隠岐郡海士町長の山内道雄氏をお招きしての
地域づくり講演会が
匹見タウンホールで行われます。



かつては高齢化や財政悪化など
過疎化に悩んでいた離島が

どのようにして島の活性化への
道を開いたのか。



山内町長から
お話をしていただきます。




ご都合のつく方は
是非ご来場ください。

【お問合せ】
匹見上地区振興センター 0856-56-1144
匹見下地区振興センター 0856-56-0910
道川地区振興センター  0856-58-0001





hikimityou at 13:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年05月19日

【講演会】あの!海士町長が匹見で講演

島根の離島、海士町で
幾多の改革や地域振興策を手がけられ
島の活性化にご尽力されている『全国区の町長さん』

2016年05月19日19時00分41秒0001そう!!あの超有名人の
山内道雄町長さんが
はるばる海を越えて匹見入り!

6月10日18時から
匹見タウンホールで
講演されることになりました。






今回の講演会実現の立役者は

「ますこう」こと益田高校で
山内町長と同級生だった
元匹見町長の齋藤惟人さんです。

さすが惟人さん!


入場無料で定員は100名。

山内町長さんと匹見でお会いできるなんて!
皆さん滅多にないことですよ〜

匹見の方も、そうでない方も
ご興味のある方ならどなたでも
ご参加可能です。

申込ご不要です。

【会場】
匹見タウンホール
益田市匹見町匹見イ1260


【お問い合わせ】
匹見上地区振興センター 電話0856−56−1144
匹見下地区振興センター 電話0856−56−0910
道川地区振興センター  電話0856−58−0001











hikimityou at 19:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年05月11日

【公演情報】匹見太鼓「喜楽組」20周年記念公演

2016年05月06日15時50分40秒0001今年で設立20周年を迎える
匹見太鼓「喜楽組(きらくぐみ)」の記念公演が
6月25日(土)13時30分から
匹見タウンホールで開催されます。


匹見に縁がある
女性のIターン者を中心に
構成されている「喜楽組」は

今から20年前、代表を務める吉田眞由美さんが
匹見町出身の和太鼓奏者、今福優さんの演奏に
魅せられたのがきっかけです。

吉田さんは
今福さんに太鼓を習いたい思いに賛同した仲間たちで
「喜楽組」を結成。

太鼓も地域から中古を借りて
毎週一回の稽古がスタートしました。

20周年という節目となる今年
お世話になった匹見の皆さんへの感謝の気持ちを込め
記念公演を開催されることになりました。

当日は、
今福座の今福優さんをはじめ
末長愛さん、堂本英里さんが特別出演されます。


チケットは
全席自由で高校生以上500円、中学生以下無料。

匹見総合支所地域づくり推進課と
匹見上・匹見下・道川公民館と
お買い求めいただけます。

■お問い合わせは
吉田さん(携帯090−9507−7428)






hikimityou at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年04月27日

4つどころじゃない、4つ葉のクローバー

01_Rタウンホールの自動販売機近くに
4つ葉のクローバー2種を
置かせていただいています。


先般、三葛で実施したわさび体験に
参加された吉和のYさんから
4月26日に
寄贈いただきました。






03_R4つ葉どころか5つも6つも葉をつけている
ものもあります。







02_R

欲しい方は
根から掘り出してお持ち帰りください。







hikimityou at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック