匹見わさび

2018年07月12日

匹見へ短期留学生の皆さんがお越しになりました

7月2日から20日にかけて
短期留学し
島根県立大学を拠点に日本語および日本文化を
学んでいる外国人学生16名の成果発表と異文化交流を図り
一行が12日、匹見町を訪問。

益田市立匹見小学校の児童を前に成果発表や異文化交流をしたり
わさび田の見学や温泉入浴、美濃地屋敷見学をしました。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

今回匹見を訪れたのは
中国(3名)、韓国(4名)、台湾(5名)、アメリカ(4名)の6大学から計16名。


木村校長レクチャー匹見小学校に到着すると
木村校長先生から
匹見小の特色ある取り組みなどについて
説明を受けた後

3グループに分かれて
各学年の授業を参観。

国紹介その後
自己紹介を兼ねて
出身国の魅力などについて
匹見小児童たちに
「日本語で!」説明されました。




給食この日の給食は
私の大好物、冷やし中華。

細麺でしっかりタレがしみ込んでいて
見るからに美味しそうでした。

留学生と児童は
給食を一緒に味わいました。



きらきら★午後は体育館へ移動し
「きらきら星」を
英語、中国語、韓国語で学び、合唱を。

最後はみんなで日本語で
「きらきら星」を歌いました。



わさび田けんがく匹見小を後にした一行は
小原集落のわさび田へ。
生産者のダブルМさんから
匹見わさびの説明をしていただきました。

現地では
掘りたてのわさびをすって
留学生さん持参のかまぼこに
つけて、本物のわさびを味わっておられました。
さて、お味はいかがだったでしょうか。




美濃地屋敷見学その後
旧割元庄屋の美濃地屋敷へ。


匹見の歴史や文化材のことなら
なんでもこい!の
渡邉友千代さんから
美濃地屋敷の説明を受けました。




集合写真最後に記念写真を。

母国に帰られたら
それぞれに匹見をPRしてくれることを願っています。

このブログを見てくださり
日本語でコメントもらえたりすると嬉しいな〜と
思っています。


この日の様子は
山陰中央新報さんと、ひとまろビジョンさんで紹介される予定です。
また掲載日、放映日など分かれば
ご紹介させていただきます。

ちなみにちなみに
こちらのブログより早く
匹見小学校のブログで昨日の様子が紹介されていました!
こちら→をご覧ください。



hikimityou at 18:08|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年12月12日

【メディア情報】朝日新聞に取り上げていただきました その

朝日新聞紙上で
「こちら臨時支局」と銘打って
11月20日からスタートした匹見町特集は
12月11日付の記事で最終回を迎えました。

朝日わさび0001☚こちらは
匹見わさびの復活に取り組む
葵屋さんの取組紹介










2016年12月12日09時30分04秒0001☚こちらでは
巨大メイズと、運営者の出雲知子さんを
ご紹介いただきました。




匹見町にスポットライトをあててくださった
内田記者さん
ありがとうございました。


またのご来町
お待ちしています。





hikimityou at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年10月25日

【匹見わさび情報】匹見峡温泉に、生わさび丼!

匹見峡温泉やすらぎの湯内の
食堂「山法師(やまぼうし)」では

ワンコイン(500円)の
日替わり定食を提供中。

本日、温泉での会議に出席したところ
本日の日替わり_R「生わさび丼」の日でした。







全体_Rいつか食してみたいと思っていた
「生わさび丼」。





わさびをする_R生わさびを自分で
すったら








中央にのせる_Rご飯中央に穴をあけて、その中へイン。

ご飯にはあらかじめ
おかかとわさび漬けがのっていました。








醤油をかける_R最後に
醤油をかけたらできあがり。

箸で混ぜて口の中へ。
生わさびは辛くておいしかったです。







生わさびとろろ丼_Rこのほか新メニューとして登場したのが
生わさびとろろ丼。

こちらは
毎日提供されているメニューです。
こちらも是非お召し上がりくださいね。

★お問い合わせは
匹見峡温泉やすらぎの湯
電話0856-56-1126



hikimityou at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年10月06日

青空レストランで絶賛!された「わさび味噌」

10月1日(土)18時30分放映の
「満天☆青空レストラン」(日テレ)で

匹見わさびが全国放送されたのは
皆さんご存知のことと思います。

ご覧になっていないかたは☛こちらをチェック。

そばサラダのわさび味噌かけ_Rそのときに
「そばサラダのわさび味噌かけ」という逸品が
紹介され






わさび味噌_R







甘辛_Rオードリー春日さんは「甘辛!」
小川菜摘さんからは「クセになる味!」

と絶賛いただきました。







わさび味噌50g入り_R実は
☚こんな感じで商品化されており


匹見町内では
”じ峡温泉やすらぎの湯

益田市では美都町内の
道の駅サンエイト美都
あったか市(美都温泉敷地内)

でお買い求めいただけます。

ご興味のある方は是非
お買い求めくださいね。





hikimityou at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年09月26日

【メディア情報】10月1日18時30分〜「満天☆青空レストラン」

10月1日(土)18時30分放送
「満天☆青空レストラン」(日テレ)で

02根茎わさび匹見町三笹地区と
特産の匹見わさびが紹介されます♡






山本さん夫婦と土屋さん夫妻わさび農家の山本さん、土屋さんご夫婦








みのり会さん加工グループ「みのり会」さんが登場されます。








夢ファクトリーみささ(外観)撮影場所にもなっている
夢ファクトリーみささは
旧・三葛(みかずら)小学校です。









夢ファクトリーみささ内観昔の校舎の風情を残しつつ
現在は簡易宿泊所として活用され
登山や釣り人、研修施設などとして利用されています。







鐘廊下にぶら下がっているのは
授業を知らせる鐘。

昭和の香り、漂うな〜








どんな番組構成になっているのか
楽しみです。



hikimityou at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年08月13日

匹見のお土産はココで!

DSC_08438月13日の
「匹見峡温泉やすらぎの湯」冷蔵コーナー。

根茎わさびや、わさび加工品が沢山並んでいました!!

左クリック、拡大してご覧ください。

匹見のお土産は
■「匹見峡温泉やすらぎの湯」
 益田市匹見町匹見イ713
 0856-56-1126

■「道の駅匹見峡(出合の里みちかわ)」で!
 益田市匹見町道川イ65-1
 0856-58--0477


hikimityou at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年10月20日

これぞ!匹見わさび

わさびこれぞ匹見わさび。

25センチ強の
立派な匹見わさびと対面しましたので
記念写真を。

生産者の宮川君が手がけられた
谷わさびです。

大きさも色合いもとてもきれいです。

10月23日は
第29回全国わさび品評会が行われ
10時から14時まで一般の方も展示即売会に
参加することができます。

即売会は13時から14時です。

会場はグラントワのスタジオ1です。

是非お越しください。


hikimityou at 15:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年09月03日

【お知らせ】第29回全国わさび品評会

チラシ_R来たる10月23日10時から14時まで
島根県芸術文化センター「グラントワ」で
第29回全国わさび品評会が行われます。
入場無料!!


全国の生産者が手塩にかけた
わさびが集結。

各地のさまざまなわさびがご覧いただけるほか
13時から14時にかけて
即売会もあるようですよ!!

ご興味のある方は是非お出かけください!







hikimityou at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年05月16日

これぞ究極のうずめ飯

匹見といえば、わさび
わさびといえば、うずめ飯。


匹見の郷土料理「うずめ飯」。

文字通り「うずめる」というところからきていますが

その由来は諸説あり

高価なわさびをご飯の上にのせて出すと
客人が遠慮してしまうために、ご飯の下に隠したという説や

粗末な野菜ばかりで恥ずかしいから
ご飯で隠して伏し目がちに差し出したという説

更には
昔は山鳥の肉などをタンパク源にしていたようですが
生類憐みの令が出された元禄の時代に
おとがめを受けるといけないので隠すようになったという説

などがあるようです。
          「季刊「うかたま」(2006年VOL1参考)」



それでもって
現在、匹見町内の飲食店や自宅で作られている
うずめ飯といえば

さまざまな野菜の具材とご飯、それに主役のわさびの
コンビネーションなのです。

ちょっと
ここで確認してみましょう。

うずめ飯 レストパークこちらは
匹見峡レストパーク内の
レストラン「クックハウス」のうずめ飯










ねむの木こちらは
森の洋食屋さん「ねむの木」の
うずめ飯。












山法師 うずめ飯定食こちらは
匹見峡温泉やすらぎの湯内の
食堂「山法師」(やまぼうし)。











うずめ飯(萩の会)こちらは
萩の会さんのうずめ飯。









ご覧いただいたように
すべて野菜が入っています。



これが一般的なうずめ飯。


なのですが
究極のうずめ飯。

匹見にあります。


わさびで有名な三葛地区に
お住まいの
生産者、齋藤佐登志さんのお宅では

なんとなんと
わさびとご飯、薬味のみのシンプルかつ究極の
うずめ飯を食しておられるのです。

ご家族の許可を得て
ご紹介します。


01わさびを入れるその1
たっぷりのわさびを
すりおろす








02ねぎを入れるその2
薬味(ネギなど)を
のせる









03つゆを入れるその3
つゆを加える。

つゆはお好みで。

佐登志さん宅では
干しシイタケ、干し鮎、切り干し大根などを
使うそうです。



04ごはんを入れるその4
炊きたての熱々ご飯をのせる。

以上。








お茶漬けでも汁かけご飯でもない
うずめ飯。

これぞまさしく
わさびが主役の
うずめ飯。

寒い日などには
ちょくちょく食べるそうで

身体の中から温まるそうです。

私も
熱々を頂きましたが

漬物と一緒に沢庵を
添えて
2杯ご馳走になりました。

これだけあれば
大満足のご馳走です。



ちなみに
こちらの
うずめ飯。

これまでにテレビで全国放送されたりしている
有名な
うずめ飯です。


生産者宅ならではの
うずめ飯といえるでしょう。

佐登志さん曰く
戦争時代には
満足な具材も調達できなかったでしょうから

こうした
わさびと薬味、ご飯といった組み合わせが
昔は
一般的だったのではとのことです。


こんな食べ方なら
わさびを買っても

刺身用以外で無駄なく使えますよね。

こうした
わさびの食べ方を
広めたいなぁと思っています。

ワンポイントアドバイス
その1 わさびは匹見わさびを使うべし(谷わさびを、です)
その2 つゆづくりに自信なければだしの素でもよし(個人的意見)
その3 炊きたてアツアツご飯を使うべし(必須)

以上。



余談ですが
先日、野入集落のあるご家庭で
うずめ飯の話題になり

石谷地区では
葬式の際に地域の人がお手伝いをしてくださった際

お斎(とき)に出る野菜などを活用して
うずめ飯を作り、出していたそうです。

更に更に
現在カレーライスは
親戚や友達など大人数が集結した際の
定番メニューですが

一昔前(いつ?)には
うずめ飯が
現在のカレーライスのような役目を担っていたようです。


匹見町内でも
時代や地域によって
「諸説」がたくさん存在します。

「いったい何が真実なんやーーーーーーーーーーーーーー」と
叫びたくなりました。




hikimityou at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年04月30日

【メディア情報】わさまる記事について

260426朝日【わさまる】00014月26日付で朝日新聞に掲載された
わさまるの紹介記事(全文)を
改めて
ご紹介します。


コミカルでわかりやすく面白く
まとめていただいています。

記事データを左クリック(2回押すとさらに拡大)し
拡大してご覧ください


hikimityou at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック