京都府立清明高等学校

2017年06月23日

京都府立清明高校 研修旅行終わる

京都府立清明高校の生徒さんら17名が6月22、23の両日
匹見町を訪れ
研修旅行(修学旅行)を満喫されました。

同校は2015年4月に開校したばかりの
新しい高校ということで
今回の修学旅行は「同校初」の記念すべき
旅行になったのです。

ちなみに、ですが
今回の旅行に参加した生徒さんは総勢60名
6月21日から23日の2泊3日の行程のうち
22日から23日は3班に分かれ
27名は旧益田市内、21名は津和野で
それぞれ体験をされました。


で、びっくりしたのが
2日間を振り返るブログを執筆しようと
同校の歴史を確認するためHPを確認したら
既に今回の旅行のことが情報発信されていて→こちら

びっくりぽんです。(ちょっと古い!?)

さすが、ICT教育に力を入れていらっしゃるだけあって
すごいな〜と感心しました。


これまで
さまざまなツアー受け入れを行っている匹見ですが
初回の受入というのは
お互いを知らないがゆえに
緊張するものです。

旅行当日を迎えるまで
学校の先生や旅行会社の担当者の方と
やりとりを続けてきたのですが

匹見地域の皆さんの
普段通りの温かなおもてなしのおかげで
生徒さんも先生も大喜び(のように見えましたが、いかに)でした。


ということで
写真で2日間を振り返ってまいりましょう。

P6220002_R匹見といえば
わさびということで、わさび田見学のため
小原集落へ。

生産者の
М・Hさん、М・Tさん、О・Aさんにご対応いただきました。
(匹見の人はわかってしまいますね)




P6220006_Rわさび圃場にて
М・Tさんがわさびについて解説してくださいました。










DSC_0029_R続いては
М・Eさんに

わさびの粕漬け作りをご指導いただきました。
作った粕漬けはお土産に。
2日後には食べ頃ということで
お酒好きのご家族にはうってつけの一品になりました。










P6220009_R温泉に入ったあとはバーベキューをご堪能。
掘りたてわさびを摺って
お肉と一緒にお口の中へ。




練りわさびとは違う
本物のおいしさを知ってもらえたと思います。





そのあとは
匹見神楽社中の皆さんによる
「匹見神楽学校」の幕開け。


H・Tさんは
この日のために
石見神楽の動画を制作。
プロジェクターを使って
石見神楽の歴史や特長を説明。

その後3班に分かれて
大蛇体験_R蛇胴体験












衣装体験_R衣装体験











笛体験_R笛体験







五感で神楽を体感していただいたら
「あきお先生」による演目「大江山」の前解説。









そして
鬼_Rお待ちかねの
「大江山」上演となりました。









集合写真_R生徒さんも
匹見神楽社中の皆さんも
とても楽しい時間を過ごされた様子が
こちらの記念写真で分かると思います。









この交流は
キャンプファイヤー_Rキャンプファイヤーへと引き継がれ

星空の下
夜遅くまで交流が続いたのでした。











美濃地屋敷_R翌23日は
美濃地屋敷へ。

益田市文化財審議員も務める
匹見在住の渡辺友千代さんに
ユニークかつ分かりやすい解説をしていただきました。

今回は時間が限られていたため
友千代(さん)節も慌ただしくなってしまいました。

見えないプレッシャー(時間との闘い)を与えてしまいましたね。
友千代さん、ごめんなさい。



そば記念写真_Rその後
会場を道川地区振興センターへ移して
そば打ち体験を。

こちらの写真をみても
とっても楽しい時間が過ぎたのが
よーーーくわかると思います。





そば昼食_Rお昼は
生徒さんが手打ちされた
お蕎麦と
道川のお母さんたちが手作りしてくださった
美味しいおかずをいただきましたよ。









おわかれのとき_Rあっという間の2日間でした。

最後に
道川そば打ち同好会の皆さんに
お別れの挨拶を。


清明高校の皆さん
匹見を満喫していただけたでしょうか〜





hikimityou at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック