ボランティア制度

2019年08月14日

【メディア情報】奈良大学と小原集落の交流ボランティア

今日の今日、で恐縮ですが
本日14日P_20190810_192307

17時からの ひとまろ情報局で
 匹見町小原集落と 奈良大学との
交流ボランティアの様子が紹介されます。
益田市内の方は是非ご覧ください!


hikimityou at 16:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月21日

【ボランティア募集】匹見峡春祭りのお手伝い

5月3日に開催される「匹見峡春祭り」の出店・販売のお手伝いを通して
祭りを盛り立ててくださる方を募集しています。


今年で37回を数える恒例の「匹見峡春祭り」。
町内2会場で繰り広げられる匹見のメーンイベントです。
当日は町内の各種団体の皆さんが、出店・販売されるのですが
人手不足により、お手伝いしてくださる方を2〜3名程度、募集しています。

作業に取り組んでくださった方には
”じ峡温泉無料入浴券
希望される方には、町内で使用できる商品券(※)
※:作業時間と宿泊の有無によって金額が代わります
をお渡しします。


カレンダーをみると、5月3日は連休の初日ですね。
人によっては5連休の方もいらっしゃるかもしれません。
それぞれにご予定を入れていらっしゃる方も多いと思いますが
もし、その貴重な連休の1日を
「匹見のメーンイベントのお手伝いに使ってもいいよ!」
という方がいらっしゃいましたら、是非「エントリー」をお待ちしています。

匹見の人口は
昭和29年3月現在で1163名。
そのうち、65歳以上の占める割合は58.64%。

と、

数字的には少子高齢化が進んでいる匹見ですが
地域の皆さんの行動力、元気力は、若者でも太刀打ちできません。

匹見の皆さんと時間を共有することで
その元気の秘訣を知って、そのパワーをもらっていただけたらと思います。

昨今、人生100年時代と言われますが
健康で人生を謳歌できたらこの上ないと思います。
日の出とともに、田畑作業に汗を流し、自給自足の生活を送っていらっしゃる方が多い匹見の皆さんの生き方、暮らし方は、超高齢化社会が待ち受ける日本のモデルケースになると確信しています。

…ボランティア募集から日本の将来へと話が大きく飛躍していました。
とにもかくにも、何か心に「ピン!」と来られた方、ご連絡をお待ちしています。


ご興味のある方は、「まず」ご連絡下さい!
フェイスブックをされている方は
メッセージから

それ以外の方は
メールhikimitown@maro-v.jp
匹見総合支所地域づくり推進課内(☎0856-56-0305)
へお願いします。

お読みいただき、ありがとうございました。

石橋留美子

2017年04月21日09時52分27秒0001











2017年04月21日09時52分52秒0001





hikimityou at 10:04|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月31日

【ボランティア募集】ベリー摘み取り

毎日暑い日が続いていますが
いかがお過ごしでしょうか!

萩原自治会でのブルーベリーの摘み取り。
今年も最盛期を迎えました。

ご都合のつく方は是非!ご参加いただけると嬉しいです。

泊りがけでのご参加もオッケー。空いた時間には清流で遊んだり、匹見町内を散策す
るのも良いですよ。

【募集時期】
8月25日ぐらいまで(盆13−17日をのぞく)

【時間】午前8時から正午
※休憩時間には、地元の方とアイスクリームを頬張りながらの交流時間があります。

【募集人員】
1人からの参加可能。期間中、延べ20人を募集します。

【中止】雨天の場合は、中止となります。その場合は、ご連絡します。

【持ち物】
タオル、着替え、飲み物、帽子、虫よけスプレーなど

【お問い合わせ・お申込み】
ひきみ田舎体験推進協議会(益田市匹見総合支所地域振興課内)
電話090・7130・2425
メール townhm01@iwami.or.jp
担当:石橋

までご連絡ください。
どうぞ宜しくお願いいたします。


hikimityou at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年04月23日

【ボランティア募集】匹見峡春祭りのお手伝い!

匹見町も日に日に新緑の季節に入ってきました。
5月の連休は各地でイベントが開催されると思いますが
匹見町でも恒例の「匹見峡春祭り」が開催されます。

参加者としてご来町いただくのも嬉しいのですが
ボランティアとしてイベントにご参加いただき
地域の皆さんと交流してみませんか!?

現在、下記のように2団体からボランティアの要請が来ています。

● 匹見峡春祭り 出店手伝い 【JA西いわみ農青連匹見支部】
日  時:5月3日(木) 9時〜15時
希望人員:5名

※ 「JA西いわみ農青連(のうせいれん)匹見支部」は
匹見町内で農業に取り組む方々で組織される団体です。

※当日は、匹見牛の丸焼きのお手伝いや販売のお手伝いをしていただきます
匹見町で農業に携わられる方々の熱い思いを聞きたい方!是非お申込み下さい。


● 匹見峡春祭り 出店手伝い 【蠻襪硫顱

日  時:5月3日(木)〜4日(金) 8時〜16時
希望人員:2名(3日のみ)
   ※4日は既に、2名のお申込をいただきました。


※集落ぐるみでコミュニティビジネスを展開している蠻襪硫顱

「集落民全員が主役」を合言葉に、山菜料理の提供やブルーベリージャム・なめこの
佃煮の販売、縄文体験をはじめとする体験を実施されています。

コミュニティビジネスに興味がある人、87歳の代表取締役、斉藤ソノさんに会いた
い人、おばあちゃんたちに元気がもらいたい人は、是非、お申込み下さい。


【ひきみボランティア制度とは】
少子高齢化が進む匹見町では
集落内の草刈や清掃など、共同作業が年々困難になってきています。
そこで、町外の方々の力をお借りし、集落機能の維持を図るため
作業ボランティアとして「ひきみボランティア会員」を募集しています。

ボランティア作業に参加頂いたボランティア会員さんのうち希望者には
滞在費の一部助成として匹見町内で使用できる
「美都匹見共通お買物券」(美濃商工会発行)をお渡ししています。




【お問い合わせ・お申込み】
ひきみ田舎体験推進協議会事務局
(益田市匹見総合支所地域振興課内)
 TEL 0856-56-0301
 携帯電話 090−7130−2425
 E-mail  townhm01@iwami.or.jp

担当 石橋



hikimityou at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年12月19日

匹見着→島根県立大学→飲み会

カードこれが噂のSuicaとICOCA(イコカ)。

東京でSuicaの便利さを痛感したワタクシは
大阪でICOCAを即買い。

大阪よ!東京よ!次回訪れるその日まで
待っててねーーーー。


16日早朝
JR益田駅に帰還したワタクシは
匹見に帰り2時間ほど自宅で休息。

その後、匹見総合支所に出てお仕事。

そして13時に支所を出発し
一路、浜田へ。

向かった先は
県立大学島根県立大学。

平成23年度秋学期「現代しまね学・入門」に呼んでいただき
「ツーリズム(田舎体験)とボランティアによる地域づくり」と
題しまして
1時間ほどお話をさせていただきました。

この取り組みも今年度で4年目。

ボランティア制度が始まったばかりの会員さんは
この県立大学の学生さんでした。

その学生さんたちは既に卒業され…。

時が経つのが早いなーーと感じました。

新たに3名の学生さんに
ボランティア会員さんになっていただきました。

こうした場を作ってくださった
関係者の皆様方

この場をお借りしてお礼申し上げます。


これでこの日は終わりか…と思いきや

夜6時から半田自治会で
JA西いわみ匹見支所創業祭にでた
打ち上げがあり
9時ごろまで地域の皆さんと談笑いたしました。

その後、風呂に入り
爆睡いたしたのです。

hikimityou at 19:03|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年12月06日

「とちの実交流会」終わりました

皮むき12月5日は恒例の
とちの実交流会。

今年は匹見小5・6年生15人を招き
とちの実の皮むきをはじめ
餅つき体験などを行いました。







もちつき











ボランティアさん今年は
大阪からアラフィフの3名が
ボランティアに参加してくださいました。










交流ボランティアの方の人徳なのか
キャラなのか
子どもたちに気さくに接していかれ


子どもたちもすぐに3人に親しみを覚えて
和やかな交流が行われていました。

このあたり、私が学ぶべきところです。








昼食昼ごはんは
私の大好物の豚汁と炊き込みご飯が登場。

なんとなんと
豚汁は3杯おかわりしましたよ。
だって美味しかったんですもん。

豚汁は
私の血となり肉となっていくのですねーーーーー


そうそう
この日の模様は
12月8日午後5時から
ひとまろビジョンで放映されます。

お楽しみにーーーー

hikimityou at 18:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月06日

【募集】草刈りボランティア

草刈りボランティアの募集です。

匹見町を拠点に、古布リメイクや加工品製造・販売を
てがけておられる「萬葉の郷」(まんようのさと)。

その敷地の草刈りをしてくださる方を募集します。

草刈り機(通称、ビーバー)を持参の方、大歓迎!!

カマを使ってでもオッケーです。

●時期
24、31を除く7月中で、随時受け付けます。
時間はボランティア会員さんの都合で2時間から4時間程度


●ご希望の方、ご質問のある方は下記へお願いします。



ひきみ田舎体験推進協議会事務局
担当:石橋
電話0856・56・0301
メールtownhm01@iwami.or.jp

hikimityou at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年06月22日

【ボランティア募集】矢尾自治会の草刈り

今日はえらく蒸し暑いですねーーー。

こんな日はビールがうまい。

こんな日はムカデが出没する、に違いない。

こんな日は寝苦しい。


□■□■□■□■□


さてさて
本題に入ります。

草刈りの様子以前ご案内しておりました
矢尾自治会での草刈りボランティアですが

実施日が3日から10日に変更いたしました。

10日にご参加いただける方を3名募集いたします。

時間は8時ごろから12時ごろまでです。

地域の皆さんとの交流も予定されています。
ご都合のつく方は
是非お申込下さい。

どうぞ宜しくお願いします。

申込先
ひきみ田舎体験推進協議会
(益田市匹見総合支所地域振興課内)
担当 石橋
電話0856・56・0301
メール townhm01@iwami.or.jp






hikimityou at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年04月19日

【募集】5月連休以降のボランティアについて

今年もやってきました!
ボランティアの季節。

5月の連休に
恒例の牛の丸焼きをはじめとする
各種ボランティア要請がきております。

ご都合のつく方は是非、お申込下さい。
ご連絡をお待ちしております。


● 匹見峡春祭り 出店手伝い 【JA西いわみ農青連匹見支部】
日  時:5月3日(火) 9時〜15時

希望人員:5名

※ 「JA西いわみ農青連(のうせいれん)匹見支部」は、匹見町内で農業に取り組む方々で組織される団体です。

※当日は、匹見牛の丸焼きのお手伝いや販売のお手伝いをしていただきます。夜には農青連匹見支部の皆さんとの交流会が予定されていますので、匹見町で農業に携わられる方々の熱い思いを聞きたい方は、是非お申込み下さい。


● 匹見峡春祭り 出店手伝い 【蠻襪硫顱

日  時:5月3日(火)〜4日(水) 8時〜16時

希望人員:3日…2名
     4日…2名

  ※1日だけの参加も可能です。

  ※集落ぐるみでコミュニティビジネスを展開している蠻襪硫顱

「集落民全員が主役」を合言葉に、山菜料理の提供やブルーベリージャム・なめこの佃煮の販売、縄文体験をはじめとする体験を実施されています。

コミュニティビジネスに興味がある人、86歳の代表取締役、斉藤ソノさんに会いたい人、おばあちゃんたちに元気がもらいたい人は、是非、お申込み下さい。


【7月以降のボランティア】

こちらもお申込み下さい。詳細は追ってお知らせいたします。



● 草刈り作業 萩原自治会

日  時:7月3日(日) 8時〜13時
希望人員:5名

● 草刈り作業 矢尾自治会

日  時:7月3日(日)8時〜12時
希望人員:3名


● ブルーベリーの摘み取り作業 萩の会

日  時:7月15日(金)〜8月31日(水)
希望人員:延べ20名

いずれも先着順となります。
ボランティアご希望の方・お問い合わせなどは



◎問い合わせ・申し込み

ひきみ田舎体験推進協議会事務局(益田市匹見総合支所地域振興課内)
電話0856・56・0301(担当:石橋)
メールtownhm01@iwami.or.jp


hikimityou at 17:04|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年11月08日

【ボランティア募集】ニンニクの皮むき作業

お久しぶりでございます。

真夏から一気に晩秋へ突入したような今日この頃
ではございませんか!?

今日はタイトルの通り
ボランティアを募集いたします。

作業内容は
ニンニクの皮むき作業!!!

臭い仲になるやもしれませんが
ソノ独特な匂いに包まれてみませんか。

ボランティアを募集されているのは
有機野菜を使ってオリジナルのドレッシングを
作っておられる「萬葉の郷(まんようのさと)」さん。


ドレッシングの販売量が右肩あがりになってきており
人手が足りないそうです。

つきましては
11月22日ぐらいまでのところで
随時、ニンニクの皮むきをしてくださる方を
大募集しています。

皮むきが必要なニンニクは
トータル40キロ程度。

時間はボランティアさんのご都合に合わせます。
最短2時間から最長8時間まで。
都合のよい日に匹見に来ていただければ
大変助かります。


問い合わせは
ひきみ田舎体験推進協議会 事務局:石橋
電話(0856)56−0301
メール townhm01@iwami.or.jp


hikimityou at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック