ひきみボランティア制度

2016年05月21日

匹見中野球部と島根県立大学ソフトボール部の交流終わる

平成26年度から始まった
島根県立大学と匹見中学校との交流事業。

年齢の近い大学生と交流をすることで
将来の進路や自身の生き方を見据える機会を
中学生に提供し
学習の習慣や学力向上につなげる目的で
行われています。

交流事業3回目となる
5月21日は

DSC_0114_R島根県立大学の
ソフトボール部員4名を招き

午前中に
野球部との部活動交流を終えたところです。





DSC_0079_R









DSC_0090_R









DSC_0104_R





午後からは
野球部をのぞく生徒を対象に
学習交流を行います。




野球部との交流についは
益田市をエリアとする
ひとまろビジョンさんで
5月24日(火)17時から

放映されます。

また山陰中央新報さん、中國新聞さんで
紹介されます。


大学生の皆さん
お疲れさまでした。

引き続き
午後からの学習支援も
宜しくお願いいたします。




hikimityou at 11:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年05月05日

匹見峡春祭り 無事終わりました

悪天候につき
5月4日のみの開催となった匹見峡春祭り。

前日の天気が嘘のような好天に恵まれ
沢山のお客様に足を運んでいただきました。

地元から出店される団体の方から
毎年ボランティア支援要請をいただくのですが

今年は
JAしまね農青連匹見支部さん
蠻襪硫颪気
山根上青年有志会さんの

3団体から要請をいただきました。



長岡さん_Rこのうち

JAしまね農青連匹見支部さんの支援には

益田市内から長岡さん








S君_R島根県立大学から
1年のS君がご参加いただき


牛の丸焼きのお手伝いや
受付対応をしていただきました。


ありがとうございました。



DSC_1433_Rまた
蠻襪硫颪気鵑僚佚垢砲

島根県立大学3年の廣井君
そして2年の松永君に
お手伝いいただきました。


廣井君は
今年で3年目のご参加で
地元の方にしっかり覚えられており
春祭りにはなくてはならない存在になっています。


また松永君は
さまざまなご縁がつながって
今回ご参加いただいたのですが

大学内のボランティアサークルの代表を務めておられ
今回S君とともに匹見入りしてくれました。


今後匹見町へ積極的に
大学生を連れてきたい!という熱い想いを
お持ちで

匹見と島根県立大学との交流が
ますます活発になっていく期待感を持っています。


このほか
ボランティアというかたちではなかったのですが
一昨年より匹見中との交流事業を通じて
匹見に来てくれている
島根県立大学の
森君、川本君、伊藤君が駆けつけてくれ
レストパークのお手伝いをしてくれました。

また近く
匹見中との交流事業のため
匹見に来てくれる予定です。



今回の匹見峡春祭りに際するボランティア事業では
悪天候に伴う予定変更など
臨機応変な対応が求められたのですが


島根県立大学の学生さんを中心とする
ボランティア会員さんに
大きく支えられた春祭りになりました。

ボランティアを通じて
会員さんと地域住民の方との心の交流が
深まっていく様子を
傍らで体感できることに
大きな喜びと充実感を覚えています。


いずれにしましても
お世話になった皆さん大変有難うございました。

ゴールデンウイークは
後半戦に突入していますが
充実した時間をお過ごしください。

有難うございました。




hikimityou at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月09日

【メディア情報】匹見中2年 島根県立大訪問

匹見中2年10名が7月8日に
島根県立大学を訪問したことが
7月9日の朝刊各紙で紹介されました。

データを左クリック、拡大してご覧ください。

ひとまろビジョンでは
7月10日(金)17時から放映されます。


2015年07月09日09時23分43秒0002












2015年07月09日09時23分43秒0001


hikimityou at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年06月07日

石組の電気牧柵下の除草作業終わりました

6月7日石組自治会さんで
電気牧柵下の除草作業がありました。

今回
石組自治会さんからボランティア要請を受けて
益田市から2名の「ひきみボランティア会員」さんが
地域住民の皆さんとともに
作業に汗を流されました。


00_R電気牧柵は
熊をはじめサル、イノシシなどの鳥獣被害から
人々の暮らしを守るために家の裏に延々と張り巡らされているものです。

日当たりの良い場所はすぐに草がのび
また落ち葉や雪害や落石により
網が傷んで通電できなくなるため

定期的な点検管理が必要なのだそうです。

01_R今回、私も作業のお手伝いをさせていただいたのですが

険しい山肌に設置された電気牧柵の下の
落ち葉や草をのぞくのは
体力のいる作業だと改めて感じました。

戦力にはならなかったですが
その大変さを実感する貴重な経験をいただきました。


hikimityou at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年05月31日

【メディア情報】匹見中と島根県立大学との交流

★★記念撮影_R明日6月1日(月)17時から
ひとまろビジョンで、匹見中と島根県立大学との
交流の様子が紹介されます。お見逃しなく!

写真をクリック、拡大してご覧ください。みんなの笑顔が素敵すぎます

今日は
匹見中野球部と島根県立大学ソフトボール部との
部活動交流を行いました。

03ウオーミングアップ_R










03内野守備練習_R


hikimityou at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年05月25日

【ボランティア募集】熊電気牧柵下の草と枯葉の除去

ボランティアの募集です。

6月7日(日)に
熊の被害から集落を守るために設置されている
電気牧柵下の草と枯葉の除去などを行ってくださる
ボランティアさんを募集します。

刈払機(通称:ビーバー)は使わないため
女性の方も大歓迎です。

長靴や軍手、カマもこちらでご用意します。
匹見地域のためにご協力くださる方をお待ちしています。


■作業内容:熊電気牧柵下の草と枯葉の除去、通電検査と手入れ
■日   時:6月7日(日)8時〜15時
■場   所:石組集落
■募集人員:残り2名(募集人員3名のうち1名の申込あり)
■服   装:作業着、長靴、軍手、帽子、タオル、着替え
       ※長靴と軍手、カマはお持ち出なければ
        こちらで用意します(お申し込み時にお知らせください)。
       ※昼食は地元が用意してくださいます。

ご連絡をお待ちしております。

■お問い合わせ・お申し込み
ひきみ田舎体験推進協議会(匹見総合支所地域づくり推進課内)
担当:石橋
電話:0856−56−0305(平日8時30分〜17時15分)
携帯:090−7130−2425
メール:hikimitown@maro-v.jp


hikimityou at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年11月25日

【ボランティア募集】とちの実交流会のお手伝い

餅つきに挑戦_R早いもので
師走が近づいてまいりました。

今年最後のボランティア要請が
地元からきております。

ご都合つけば、是非ご来町いただければと思います。
(※ 宿泊については下記までご相談ください)




【内谷地区 とちの実交流会の餅つき、交流会準備スタッフ】

《日時》
12月3日(水)9時30分から15時30分

《ボランティア募集人員》
3〜5人程度

《作業内容》
餅つきや交流会準備・対応のお手伝い

≪特典≫
・地域住民や子どもたちと交流ができること
・つきたての美味しい餅や地元料理が食べられること


★とちの実交流会とは★
地元の加工グループ「内谷とちの実会」のメンバーを講師に
匹見下公民館が2000年から実施している交流会。

地元・匹見小学校の児童を招いて
とちの実の加工や餅つきを体験したあと
地元の人と昼食を囲んで、世代間交流を行っています。



≪お問い合わせ・お申込み先≫
ひきみ田舎体験推進協議会
事務局 石橋
連絡先 0856-56-0305(平日8時15分〜17時15分)
メール hikimitown@maro-v.jp




昔ながらの道具を使って鬼皮をむく児童たち_R←とちの実の皮むき作業









PC060035_R餅つきの様子










「内谷とちの実会」会員の指導で餅をこねる児童たち_R餅をこねる作業











地域住民手作りの料理で世代間交流_R小学生や子どもたちと
一緒に美味しい昼食を楽しみます











今福優さん(右)から太鼓指導をうける匹見小児童_R午後は
匹見町出身の和太鼓奏者、今福優さんから
太鼓指導を受けます。


hikimityou at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年11月05日

【メディア情報】匹見中・県立大との交流事業

_R10月25、26の両日
匹見中野球部と島根県立大学ソフトボール部との
交流事業が行われましたが






_Rそのときの模様を
ひとまろビジョンさんで11月7日(金)
17時からの通常放送枠内の投稿コーナーで
紹介していただくことになりました。






_R








_R








_R
益田市内在住の方は
是非ご覧ください。


hikimityou at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年10月26日

匹見中野球部と島根県立大学ソフトボール部との交流事業

10月25、26の両日
匹見中学校野球部10名と島根県立大学ソフトボール部4名との交流事業が行われています。

昨今、県内外で学習支援の動きが広がっており
益田市でも平成26年度から
土曜を利用した「まなび舎ますだ」の取り組みがスタートしました。

匹見中学校ではこのたび
島根県立大学ソフトボール部を招き
25日は中間テストをふりかえる学習支援を
26日は部活動を通じた交流を行っています。

中学生のみんなは
年齢の近いお兄さんとの交流を楽しんでいる様子です。

子どもたちが真剣に学習している様子が印象的でした。

今回の取り組みがきっかけとなって
さまざまな化学反応が起こることを期待しています。DSC_0361










DSC_0366



















DSC_0362










DSC_0363












DSC_0373















DSC_0375


hikimityou at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年07月06日

草刈ボランティア終わりました

7月に入り
匹見町内の各集落では
草刈作業が行われています。

私が暮らす半田集落は
本日7月6日(日)7時30分に集合し

女性は公会堂や神社周辺の草引き
男性は電気牧柵周辺の草刈に追われました。

ちょうど今日は
萩原集落でも草刈があり
地元からの要請を受けて
6名のボランティアさんが作業支援をしてくださいました。

熟練した技をお持ちの、常連Wさん
現場を大切にされ、こまめに匹見へ足を運んでくださるAさん

そして数か月前まで高校生だった
島根県立大1年の男子学生4名の皆さん。

大学生の皆さんは
4月に日の里で行われた稲の種もみ作業の
ボランティアにも参加してくださり

一生懸命作業していただく姿に
地域の方がとても喜んでくださいました。


各集落では
作業後に慰労会が催されますが
P7060002萩原集落でも

おむすびや
そうめん
なます
キュウリの煮物などが並び

ボランティア会員さんも
地域の方と一緒に食事を共にされました。

萩原集落では
7月下旬から8月にかけて
ブルーベリーの摘み取りボランティア要請が出ています。

地域外の方のお力を借りて
集落機能の維持を図っておられます。

そしてまた
作業を通じて交流を深めていただきました。

関係者の皆様
お疲れ様でした。

ボランティアの皆さん
ありがとうございました。

来週13日は
矢尾集落でも草刈ボランティアの要請があり
私もビーバー(刈払機)持参で
参上する予定です。


hikimityou at 15:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック