ひきみボランティア制度

2020年07月20日

7月 恒例の草刈りボランティア作業

7月の第1および第2日曜は
匹見町内恒例の草刈り作業。

新型コロナウイルスの影響で、イベントはことごとく中止になっていますが
屋外作業は3密回避その他注意喚起をしながら実施しています。


110590801_3315950975123598_978649934447623367_n109135390_3315951088456920_6723724171013967899_o7月5日は萩原自治会、12日は矢尾自治会からの要請で
町外在住ボランティアの方が支援に来てくださいました。

ビーバー(草刈り払い機)が使える「スーパーエキスパート」集団です。
嬉しいことに今年は、
島根県立大学浜田キャンパスから学生のI君が2週連続で来てくれました。

ワタクシのビーバーデビューとなった矢尾自治会の皆さんは、
ワタクシの成長ぶりを見守ってきてくださいました。

「年々、ビーバーの使い方が上手になってるねー」
とОさん。
「ども、有難うございます」。

ご病気や引っ越しなどで、
毎年1回、この日にお会いする方の人数が減ってきています。
とても寂しいことではあるのですが、
目に映る風景をしっかりと受け止めたいといつも思っています。

何一つ、変化しないものはない。

110235599_3315951171790245_6441265485135657295_o

110336522_3315951268456902_6415673922424202575_n






hikimityou at 14:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年06月06日

熊電気牧柵と山葵天狗社祭り

6月2日。
毎年6月第一日曜に行われている
山葵天狗社祭りへ
三葛神楽保持者会さんの取材と写真撮影を兼ねて
久方ぶりに足を運びました。



毎年同じ日に
石組自治会では
熊電気牧柵下の除草作業が行われており
町外のボランティア会員さんの要請を
毎年いただいています。


そのため8時前に石組集会所へ出かけ
ボランティア会員さんと地元住民の方との
顔合わせを済ませたのち

まずは大神ヶ岳の登山口へ
車を走らせました。


県道42号(県道吉賀匹見線)から
紫色の幟のたつ林道三坂八郎線へ折れ、走ること20分。


DSC_0007すでに地元の皆さんが待機されており
宮司さんの到着とともに例祭が始まり
わさびの豊作
登山客の安全などが祈願されました。






神事が終わると
今度は夢ファクトリーみささへ。

美味しい御馳走たちが
数量限定で販売されているため
早めに行かないと売り切れてしまう、という情報を覚えていて。

そばまずは
手打ちそば。








おでんと押し寿司間髪入れず
次は押し寿司とおでん。

こちらの押し寿司の中には
黒豆が入っていて、煮汁とともに
自然な甘さが口に広がるんですよね〜
それと押し寿司の上に描かれている「絵」も
とっても可愛い!

家に帰って体重計に乗ったところ
少なくとも1,5キロは増量しておりました。
年齢を考えずに食べすぎると
こんなことになるんですよね…。とほほ。


最大のお目当ては
三葛神楽保持者会さん。

山葵天狗こちらの写真は
オリジナル演目として知られる
「山葵天狗(やまあおいてんぐ)」。
久々に鑑賞させていただきました。


近年、団員の減少が危ぶまれていましたが
町内外から新しく団員さんたちが加入され
活動が続いています。

この日は
「東夷(とうい)」「山葵天狗」「恵比須大黒」の3演目を
公演され

合間には
匹見小の子どもたちでつくる
太鼓グループ「匹見Jr」が
「たぬきのポン踊り」と「生命(いのち)の詩(うた)」の
披露もありました。





そのころ石組では…。

写真023班に分かれ
山肌を歩きつつ、熊電気牧柵下の除草作業に
汗を流される皆さん。




写真01途中こんな状況の
ところもあったりで
大変しんどい作業ですが
熊の被害から日々の暮らしを守ろうと
年1回の作業を続けておられます。


こうして
恒例の行事が
2つ無事に終わりました。

関係者の皆様、お疲れ様でした。





hikimityou at 12:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月09日

草刈り作業を終えて(感想)

このたびの
大雨によって被害に遭われた方に対し
心からお見舞い申し上げます。

NHKのニュースでは
「命に危険が及ぶような土砂災害が
発生していてもおかしくない状況」と連呼していましたが
想像を絶する光景がテレビに映し出され
被害が広範囲に広がっていく状況に
目が離せませんでした。


今日は
うって変わっての晴天。
自然は刻々とその表情を変え
穏やかなときもあれば
牙をむきだして人間に襲い掛かるときもある。

改めて何事もない一日に
感謝しなければと思いました。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

P7080001厚い雲の間から晴れ間もみえた7月8日
匹見町萩原集落では
恒例の草刈り作業が行われ

ひきみボランティア制度に登録してくださっている
ボランティア会員さん4名が終結。

朝8時から萩原集落の人たちと一緒に
草刈りや熊電気牧柵下や公会堂回りの除草作業に
汗を流されました。

例年は
私が暮らす集落の草刈り作業日と日にちが重なっていたのですが
今年は日がずれたので
「お手伝いできることがあれば」と申し出たところ
「草刈りしてもらえると助かる」とのことでしたので

自宅に帰って
「マイ・ビーバー」(専用の刈り払い機)を持ち込んで
私も数時間、皆さんと一緒に
草刈り作業に従事しました。

ビーバーを使っての
草刈り作業は
危険を伴うため
どなたでもお願いします、と言えないため

7月の草刈りシーズンには
日頃からビーバーを使いこなされている方を
中心に、ボランティア作業をお願いしています。

萩原集落では毎年
草刈り作業にボランティア制度を活用してくださっているので
ボランティア会員さんも住民の方も
すっかり顔なじみに。


萩原集落に限ったことではありませんが
年々住民が高齢化されていく中で
地元だけでは作業が困難になっています。

そうした中で
町外からのこうした支援は
住民の方はもとより
事務局を務める私自身もとても心強い存在なのです。

年に数回
ボランティア会員さんと出会うと
とても勇気をいただけます。

平日は夜遅くまでお仕事をされている方が多いのですが
貴重な休日を返上し、自宅から車で片道1時間近くかかる
匹見へ足を運び、身体に堪えるビーバーを使って
辛そうな顔もみせずに
炎天下で作業をしてくださるので
申し訳ないやら有難いやら
複雑な思いの中で、でもやっぱり感謝の思いが
あふれてくるのです。

帰りがけには
「草刈り作業は好きなのでまた声をかけてください」と
おっしゃっていただく、そのお人柄にも
心が温かくなります。


1週間後の15日には
町内の矢尾集落でも草刈り作業があり
こちらでも、ボランティア制度を活用していただくのですが
昨日、萩原集落にお越し下さった方々が
また足を運んでくださいます。

本当にありがたいことです。

少子高齢化が進み地域の方々がお困りの草刈り作業に
足を運んでくださるボランティア会員の皆さんは
私にとって「戦友」のような存在です。
(私が一人で勝手に思っているだけなのですが)


そんなこんなで
今日は暑さも手伝って
身体は少し重くエンジンがかかりきらない状況にはあるのですが
昨日の草刈り作業を思うと
この上ない充実感を覚えます。

さまざまな皆様方に支えられて
今日ある自分を幸せだと思います。

15日はまた皆さんと再会できる楽しみが
控えています。
それまでに
すっかりボロボロになったビーバーの刃を買い替える予定です。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

普段の内容とは
大きく違うタッチになりました。




hikimityou at 16:54|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年03月21日

【メディア情報】奈良大学地理学科の皆さん来匹

年度末となり
様々な事業が目白押しでございます。
月末にかけて今後3つのツアー(視察受入含む)を予定しておりまして
さすがのワタクシも体力・気力が追いついていかない、そんな状況でございます。

そんな中
藤本先生率いる
奈良大学地理学科の学生さん4名が
20日から匹見入り。


藤本先生や大学生さんたちとの
半年ぶりの再会に
元気をいただきました。

地域の皆さんがおっしゃるように
たとえわずかな時間であっても
若い人や地域外の方と交流ができると
「せぇがええ」(元気がでる、弾みがつく。そんな意味でしょうか)と
言われるのもうなづきます。

私も奈良大学の皆さんとお会いし
お話ができて
「せぇがええ」です。

さて
一行は
今回も小原集落を軸に26日まで滞在され
集落から要請を受けて
ボランティア作業をしてくださいます。

取材を受けています今日21日には
益田市のケーブルテレビ「ひとまろビジョン」のМさんが
お越しになり
作業の様子や大学生、地域住民の方の
思いを聞き取ってくださいました。














撮影中早速ですが
この模様が
明日22日17時からの
「ひとまろ情報局」で放映されますので
是非益田市内の方はご覧くださいね。


それでは!
仕事に戻ります。





hikimityou at 12:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年06月04日

熊電気牧柵の下刈作業終わる

作業風景_R匹見町の石組自治会から
要請を受け6月4日
熊電気牧柵の下刈作業ボランティアが行われました。




早朝より
町外のボランティア会員さん4名の方に
足を運んでいただき

民家裏の山肌に設置された
熊電気牧柵に沿って歩きながら
牧柵下にたまった枯れ葉や枝を除去したり
倒木を撤去するなどする
作業に従事していただきました。



匹見の皆さんの暮らしは日々
熊だけでなく、猿やイノシシといった鳥獣被害に
さらされています。

匹見の美しい景観や
丁寧な暮らしを守るためには
鳥獣対策は欠かせないと改めて感じました。

とはいえ
言うは易し行うは難し。

実際に今回のような作業を行うことで
その大変さを肌身で感じ

地域の実情や住民の方の思いに触れる機会を
いただきました。

関係者の皆様
お疲れ様でした。





hikimityou at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年07月24日

【ボランティア募集】ベリー摘み取り作業

DSC_1795ブルーベリー最盛期です。







DSC_1799蠻襪硫颪気鵑任
ブルベリー摘み取りをしてくださる方を
募集中です。

ご応募お待ちしています!


■募集期間

平成28年7月16日から8月20日

※作業は毎日ではありません。その都度ご連絡いたします。
 雨天の場合は中止になります。

■作業時間
各日7時00分から11時00分まで
※お時間はご相談ください。

■募集人数
各日2〜3人

■服装・持ってくるもの・注意事項
作業できる服装
帽子・飲み物など熱中症の対策となるもの
虫よけスプレーなど(ハチがいる可能性があります)

※熱中症・虫対策のため、長そで・長ズボンをおすすめします。

※作業は午前中で終了します。昼食が必要な方は各自ご準備ください。


■ボランティアに関するお問い合せ・お申し込み

ひきみ田舎体験推進協議会(匹見総合支所地域づくり推進課内)

担当:石橋

698‐1211 益田市匹見町匹見イ1260

電話:0856‐56‐0305(ファックス:0362)





hikimityou at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年07月17日

匹見中央公園⇒矢尾自治会

公園_R7月16,17の両日は
ひきみボランティア制度を活用した
事業が2つございました。

まず、
全日本少年軟式野球大会中国地区予選会が
7月16、17の両日、匹見中央公園で行われ

16の初日に
蠻襪硫颪気鵑来場者向けに出店。

おにぎりやうどん、焼き鳥、ブルーベリードリンク販売のため
ボランティア要請があり
益田市にお住まいのIさんに
ボランティア参加していただきました。

途中、にわか雨に見舞われましたが
16日に予定されていた3試合は無事終了。

17日の決勝戦では
岡山・倉敷のチームが優勝し、全国大会への切符を手にされたようです。
おめでとうございます!


□■□■□■□■□


はじめのあいさつ_Rそして本日17日は
矢尾自治会からの要請をうけ草刈り支援のため
5名のボランティア会員さんが集結してくださいました。


例年、矢尾での草刈りは
大雨と重なるのですが
今年は天気にも恵まれました。


作業の様子_R常連のYさん、Sさんに加え
昨年に続き2度目のSさん
そして今年初参加のNさん、Yさんが

道路沿いおよび集会所回りの草刈りに汗を流して下しました。



矢尾は現在3世帯。
懇親会では集落の将来を案じる声も聞かれ
これからどうしていったらいいのか情報交換が行われました。

神楽_R途中から
集会所奥にしまってあった
太鼓や舞のご披露!もあり

地域の方も
ボランティア会員の方も
楽しい時間を過ごされました。






二人_Rいい雰囲気のお二人。
えびすさんとだいこくさんみたいです。



懇親会終了時
自治会長を務める長野さんから
「来年も来てくださいね!」とメッセージ。



また皆さんの素敵な笑顔を見るために
お邪魔させていただきたいと思います。








hikimityou at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年07月05日

【ボランティア事業】萩原草刈り

夏に向かうにつれ
草がぼうぼうと伸びてまいりました。

7月の週末、匹見町内では
集落ごとに道路周辺の草刈り作業に
従事されます。


7月3日(日)はワタクシが暮らす集落で
草刈り作業があり

開始の7時30分より前に
住民の皆さんが集まられ

女性の皆さんは
公会堂裏の草引き(出雲では草ぬきと言っていましたが…)に
勤しみ

その後、集落内の神社周辺の草を
刈り払い機(匹見ではビーバーという)で刈り

次には
熊電気牧柵の下草を抜いてまいりました。

蒸し暑い中の作業は骨が折れますが
集落の皆さんと一緒に汗を流せて
良かったです。


□■□■□■□■□

20160703075525同じ日、萩原集落でも草刈り作業があり
ひきみボランティア制度を活用し
ボランティアの力を借りて
作業されました。

この日、ボランティアの方5名が参集され
地域の皆さんとともに
刈り払い機で草を刈っていかれました。

3時間を超える作業で
大変お疲れになったと思います。


作業後の懇親会では
地域のみなさんと
おむすびや酢の物を食べながら
交流を深めていただきました。

昨晩は久しぶりに9時間睡眠。
良く眠りました。

皆さん、お疲れさまでした!




hikimityou at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月05日

わさび掘り取り体験➡石組での熊電気牧柵の下刈作業へ

今年で7回目を数える
わさび掘り取り体験終わりました。

参加者の皆さんに楽しい時間を過ごしていただきました。





2016年06月05日17時00分49秒0001









その模様が
中国新聞さんで
紹介されているのを見つけましたので
ご紹介します。


当日は
朝日新聞さん、読売新聞さん、毎日新聞さんにも
お越しいただきました。


また
ひとまろケーブルビジョンさんで
6月7日(火)17時からの
ひとまろ情報局で放映予定です。


ぜひご覧ください。


翌6月5日は
石組集落で
熊電気牧柵の下刈り作業ボランティアがあり

地域の皆さん、ボランティア2名の方と
8時から16時まで
汗を流しました。

急斜面に設置された
熊電気牧柵下の草や枯草を除去する
大変な作業なのですが

熊をはじめサル、イノシシから
人間の生活を守るためには
必要不可欠な作業です。


体力的に心配していたのですが
バランスをとりながら山の斜面を歩きつつの
作業は

日ごろ動かしていない筋肉を使ったことで

気分的に
肩や背中のコリがほぐれて
気分も爽快でした。


作業の合間には
匹見のかつての暮らしや産業について
お話を聞かせていただくこともでき
充実した一日になりました。


今晩はぐっすり眠れそうです。






hikimityou at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年05月21日

島根県立大学生、匹見中生徒に学習支援

【写真】学習支援_R島根県立大学ソフトボール部員4名による匹見中学生との部活動・学習交流。



5月21日午後1時からは
匹見中の野球部員をのぞく17名を対象に
学習交流を行いました。


最初は『距離感』がありましたが
そこはさすがの大学生さん。

積極的に中学生に話しかけて
ぐんぐん距離を縮め
すぐに打ち解けられました。



01_R









02_R








03_R










【写真】学習支援_R最後はみんなで記念撮影。
←左クリック、拡大してご覧ください。

仲良しになった雰囲気が
伝わってきませんか。







お名前_R今回、この交流事業のため
県立大学から来てくれたのは
←こちらの4名です。


楽しい時間を共有させてくださって
ありがとうございました。

6月23日の
島根県立大学への匹見中2年生の訪問時も
宜しくお願いします!




hikimityou at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック