メディア情報

2021年01月07日

【メディア情報】匹見の女版・竈門炭次郎

136457434_3838236696228354_1351324240929396924_o匹見の女版・竈門炭治郎こと大谷未奈さん。
素朴で本当にいい娘さんです。

その大谷さんを指導するのは
森のクマさんこと、籾山一男さん。
炭焼きをし、猪猟師であり鮎漁師。
かごあみをし、山野草、原木椎茸を育てる山の仙人。
素敵なショットです。


#masudashi  #益田市匹見町 #炭焼き #鬼滅の刃 #竈門炭治郎




hikimityou at 08:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年01月05日

2021年新春ミニ花火大会@匹見小学校

コロナ禍で匹見地域の夏祭りが中止になる中、匹見に元気を呼び戻そうと
匹見出身の若者たちがミニ花火大会を企画。
1月2日夜
匹見小学校校庭で小型花火140発が打ち上げられました!

準備や当日の様子を山陰中央新報さんに紹介していただきました。
ありがとうございました!

ちなみに当日の模様は、こちら↓でご覧いただけます。



花火大会準備




IMG20210105140634















hikimityou at 14:31|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年12月15日

グリーンファクトリー匹見さんが紹介されました

匹見の山を守り育てる集団「グリーンファクトリー匹見」さんが
山陰中央新報社さんで紹介されました。
131816550_3783384528380238_302996431410749600_o


折しも、定住情報誌「おかえり」取材のため
グリーンファクトリー匹見さんが仕事をされている
匹見町内石と道川の山へ同行させていただいたところです。

リュック持参で
DSC_0007
山を登り

DSC_0011
川沿いを進み。

30分程度歩くと現地へ到着。

DSC_0018
グリーンファクトリー匹見さんオリジナルの
手ぬぐい!


安全管理を第一に
チーム力で木を間伐されていくご様子は圧巻でした。
かなり傾斜のある山肌での作業。さすがプロ!

DSC_0026

へっぴり腰の石橋のことを案じて
Mさんには
いろいろと目配りをしていただきました。
感謝です。

山をくだるのは
急斜面すぎて怖かった。
ぼえーー
DSC_0041


#益田市匹見町 #グリーンファクトリー匹見 #masudashi  #ヒキミト #山陰中央新報 #過疎






hikimityou at 14:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年12月10日

過疎発祥の地 匹見特集始まる

山陰中央新報社さんで
12月9日から10回シリーズで
過疎発祥の地匹見の特集が始まりました。

匹見の今を取り上げていただいております。

P_20201210_084736


P_20201210_084751_1


P_20201210_085003_1



#益田市匹見町 #山陰中央新報社 #過疎 


hikimityou at 13:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年11月04日

【メディア情報】マコモダケ栽培について

皆さんは
マコモダケをご存じでしょうか。
121543343_3597525773632782_4897496291383450825_o



近年、国内各地で栽培が始まっており、
益田市内の大型スーパーでも販売されていますが、
まだまだ馴染みが薄い食材のようです。


そんな中、益田市匹見町長尾原集落にお住まいの
寺戸倉雄さん・秀美さん夫妻が
マコモダケを栽培されているという情報を得たため
お邪魔しました。


マコモと呼ばれるイネ科の多年草は、
東南アジアや東アジアに分布し、
日本でも川や沼の水辺に群生しているそうです。

マコモに黒穂(くろぼ)菌(きん)が寄生することで、
肥大化した根元の茎の部分をマコモダケと言います。


益田市内大谷町でマコモダケの栽培を行っている
秀美さんの弟さんから一昨年前に分けてもらったところ、
食べたら美味しくて、
水田の水質浄化や食物繊維が豊富で身体にも良いという話を聞いたため、
苗を分けてもらい、昨年5月の田植えに合わせ、
水稲の9aの圃場の一角に2m間隔で20株を植えました。

必要なのは水だけで、無農薬栽培。
今年はさらに10株を追加し、試行錯誤しながら、
併せて30株を、楽しみながら栽培されています。

長い葉を落としマコモダケのみを残すと、収穫の完了です。
切り落とした葉の活用についても考えていらっしゃいます。

この日の昼食は、
マコモダケ入りのサラダ、味噌汁、きんぴら、かき揚げと、まさにフルコース。
P_20201019_120710
マコモダケは、たけのこに似た柔らかな歯ざわりと、
ほのかな甘みのある癖のない味わいで、どんな料理にも合うようです。

この時期、寺戸家の朝食はマコモダケ入りの味噌汁が定番です。
茎や長い葉は飼育している和牛が喜んで食べるそうです。

寺戸家では、食べたいときに収穫し、
食べきれないマコモダケは近所や友達におすそ分けしており、大変喜ばれているそうです。

収穫は11月上旬まで続くとのこと。倉雄さん、秀美さん、頑張ってください!









hikimityou at 16:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月24日

【メディア情報】サトイモに黄色の花咲く

益田市匹見町石谷の
村上峰雄さん、巴さんご夫妻が栽培されているサトイモから
黄色い花が咲いたとうい情報がありまして
久しぶりにスマホで動画を撮影し、
ひとまろビジョンさんへ動画投稿をさせていただきました。
Screenshot_20200921-184844874



明日9月25日、17時から放送される「ひとまろ情報局」の中で
紹介されます。

益田市内の方は是非ご覧ください!


#益田市匹見町#サトイモの花#masudashi#ヒキミト#メディア



hikimityou at 14:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月07日

感謝。読売新聞さんで紹介していただきました

新聞記事中2の頃だったと思う。
記事冒頭は、イトッチこと伊藤君のカッコいいエピソード。

これまで私の過去について触れられた記事はなかったと記憶する。
浜畑記者さん、よくぞ深堀りしてくださいました。有難うございます。

すべての経験や出会いが今の私をつくっている。
無駄なコトやモノは皆無だった。
ドミノ倒しのように、一つの体験が次へ次へと繋がって、今ここに立っている。

今日までご縁をいただいた人が一人でも欠けていれば、今の私はいません。
すべてのみなさまに感謝です。

2020年9月7日。
自身の人生の原点に立ち返る日となりました。

#益田市匹見町#益田市美都町#ヒキミトコーディネーター



hikimityou at 19:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月06日

石見人へ、愛を込めて

一般財団法人「島根県西部勤労者共済会」さんが発行されている
会報誌「ジョイメイトいわみ」245(2020年8・9月号)に
匹見とのご縁や仕事のこと。
そして石見人へのラブレター。書かせていただきました。
P_20200806_182125





P_20200806_182111
改めて、石橋は文章を書くのが好きなのだ、と感じました。

コラム執筆のご縁を下さったのは、鳥本則男さん。
長年、浜田市で田舎ツーリズムのお仕事をされてきて
幾度となく助けてくださった殿方です。
鳥本さんのお願いならお受けせねば!ということでの今回。

人と人ってつながっていますね。

淡々と頼まれごとをこなしていくと面白い人生に導かれる。

私の好きなフレーズの一つでして
力を抜いて気を抜いて、頼まれたことをこなすよう
心掛けてきました。
そうじゃないときもありますが。

ででで
今回のコラム執筆もその一つ。

なかなかいい感じでまとまったな、と自画自賛。

ところで
匹見に来て初めて聞いた言葉の一つに
「開けて通す」(たぶんこれらの字を当てるのだと思う)というのがあります。
分かる人は分かる。分からない人は想像してみてください。

これって、石見地方特有の言葉なんでしょうかね。
出雲では聞いたことありませんでした。

「開けて通す」という言葉があるということ
イコール
本心はいろいろ思うところがあっても(たぶん)
大きな心で相手を受け入れて、物事を進めていく、
みたいな感じですかね。

ふむふむ
こういう方に対しての周囲の対応が
「開けて通す」ということなのね、という場面が幾度かありました。

私は「開けて通して」あげている側だと思っていたら
割と最近
私も「開けて通してもらっている」部分もあるのでは
というご指摘をくださった方がいて。

「えっ、そうなの!」と思っている今日このごろ。
どうなんでしょう汗

「開けて通す」っていう言葉あるってことは
少なくとも匹見では
折り合いをつけて
暮らしてこられた歴史があるのかなー
なんてことを最近改めて思うんですね。

いかがでしょう。



hikimityou at 20:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月03日

【メディア情報】匹見上公民館でミニマーケット

7月3日17時から
ひとまろビジョンさんで匹見上公民館の取組が紹介されます。

JR石見津田駅を拠点に、地元住民らが運営するパンカフェ「はぁと」は
店頭販売に加え、益田市内で移動販売もされています。

匹見町には毎月1回お越しになりますが、
このうち匹見上公民館では、
この移動販売日に地元の商店も出店する「ミニマーケット」を今年2月から始めました。

その取組の様子が紹介されます。
ぜひご覧ください。


#ヒキミトコーディネーター#まちづくり#益田市匹見町



hikimityou at 15:46|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月23日

【メディア情報】毎日新聞さんで紹介していただきました。

ブログをご覧くださり
ありがとうございます。

いつもは地域の話題を紹介しておりますが
今回ほどは
私の紹介をさせてください。

皆さんのパソコンやスマホに不具合がでないか心配です。
写真は見なくていいです。
記事をお読みください。記事だけをお読みください。

99000491_1859454780862926_3374294206599135232_o毎日新聞さんで
12年間の「匹見町まちづくりコーディネーター」の取り組みを
ご紹介していただきました。

取材してくださいました竹内記者
ありがとうございました。

令和2年度、2020年度
再始動しております。

匹見地域の皆様
引き続き宜しくお願いいたします。



★匹見町へ行こう!
http://hikimityou.livedoor.blog/

★美都町へ行こう!
http://mitotyou.blog.jp/

★Facebook
「石橋留美子」

★Instagram
rumiko_ishibashi

★You Tube
匹見と美都のヒキミトチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCIcqkjoQtrRekIe4LoS6Cfg/featured





hikimityou at 14:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック