まちづくり

2023年09月20日

始動! 「匹見産広葉樹活用モデル事業」

山が、森が、匹見がアツイ!! 
匹見の広葉樹(主に、作業道開設時に出る支障木等)を活用した木工品の製作が始まっています。

令和5年10月中をめどに、テーブル5台とカップホルダー30個が製作・納品され
11月以降、令和6年3月にかけ、益田市役所内での使用や、市内施設での巡回展示などを通じて、「匹見産広葉樹活用モデル事業」のPR活動が行われることになっています。

これは、事業主体の益田市が株式会社トビムシに業務委託を行い、地域内外の事業者・関係者をも広く巻き込んで進められている事業です。

通常、支障木は利用されないことが多いのですが、
洗練されたアイデアとデザインにより、魅力的に生まれ変わった姿で利活用していこうという狙いがあります。



9月12日には、テーブルとカップホルダーの製作を任された沖原昌樹さんの工房「hirven woodworks」 (ハーベンウッドワークス)を、関係者の皆さんと訪ねました。
379335062_1745999789248038_2434199291735094477_n

沖原さんは山口県出身の38歳。
山口大学在学中、家具に興味を持ち始め、岐阜県高山市の木工学校を経て、
以前から興味のあった青年海外協力隊に参加。マラウイ共和国に派遣され、数学教員として2年間を過ごし、帰国後は、吉原木工所(浜田市)に入社。10年間の修行後、令和4年に浜田市弥栄町で独立されました。


工房「hirven woodworks」は、
浜田市弥栄支所の目と鼻の先、(公財)島根県西部山村振興財団の敷地内にあります。


沖原さんは、「ものが溢れている今、長く愛してもらいたい」との思いで
木の温かみや生命力、個性はそのままに
「シンプルかつコンパクト、機能的で、狭小住宅でも使いやすいアイデア満載の、思わず楽しくなってしまう作品」の数々を生み出していらっしゃいます。


沖原さんと大江さん沖原さん(右)と、プランナーを務める高津川デザイン工房の大江さん



沖原さんのアトリエで
1カ月後に納品を控えているテーブルとカップホルダーの試作品(モックアップ)を拝見させていただきました。テーブルを前に記念撮影。細部には、沖原さんのこだわりが凝縮されています。
巡回展示の際には是非、広葉樹の魅力と沖原さんの感性を五感で味わってくださいね!
379365021_327890573083550_308704572997020567_n

379360378_6784741024898606_4636857296810606305_n

379391900_1816780535447049_7925898382444305662_n





★今後の動きになりますが、
益田市立匹見小・中学校施設内にある「地域まるごと図書館」に、
匹見の広葉樹を活用した本棚の制作・納品の計画があります。



hikimityou at 08:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年02月28日

「思い」 匹見本 HIKIMI BOOK

IMG_20230228_100106「思い」。
素敵な表紙とともに、さまざまな思いが、この一冊に。

明誠高校3年生が、令和元年から3年まで、匹見上公民館とともに、
キャリアサポート事業として、地域交流・保小中生交流・公民館イベント等に取り組んだ活動

匹見小学校3〜4年生の「匹見小の生物観察体験」

翔陽高校3年生が「匹見が大好きでもっと地域を知りたい」との思い
が、まとまっています。
IMG20230228092109
IMG20230228092247
IMG_20230228_100122

発行元となる匹見上公民館が
500冊を印刷。

2月27日から、匹見上公民館の渡邊幸雄館長さんが、
匹見上地区全世帯を1軒1軒回って手配りされています。

さすが!渡邊館長さん!
脂肪率もさがって、ますます男前になりますねーーーーーーー!!


●閲覧ができる主な場所
・益田市内20地区公民館
・匹見タウンホール
・匹見郵便局
・レストパーク
・中村医院
・JA
・匹見分庁舎

お問い合わせ
匹見上公民館
0856−56−1144




hikimityou at 10:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年12月22日

Мランド益田校さんと連携し、匹見・美都で支援の仕組みづくりを試行

DSC03790


DSC03796


DSC03761


DSC03780


中山間地域の課題解決に向け
Мランド益田校さんと連携し、匹見・美都で支援の仕組みづくりを試行します


自動車免許取得のため、全国から多くの若者が訪れるМランド益田校さん。
年明け以降、同校と連携し、
益田市の中山間地域である匹見および美都をフィールドに、
地域支援の仕組みづくりの試行を行ってまいります。


長年、お仕事をさせていただいている匹見では、
「ひきみボランティア制度」を活用し、
個人ボランティアさんによる作業支援を行っていただいておりますが、
今後ますます人手不足が深刻化することが予想されるなかで、
個人ボランティアさんによる支援と同時に、組織での支援体制も必要ではないかと、
長年考えておりました。


こうした中、今秋、Мランド益田校さんとご縁をいただき、
事業のご相談をしたところ、
同校においても、教習生さんに益田の魅力を体感してもらう取組を行われており、
益田市への移住・定住につなげたいという熱い思いをお持ちでした。

「中山間地域をどうしていくのか」ということが、
昨今あちこちで話題になっておりますが、
益田市に拠点を置く一企業が、
持てる強味(Мランド益田校さんの場合は、県内外の若い人材、同社の理念や実行力など)と
地域が連携し、課題解決に向けて取り組む事例の一つになるだろうと考えています。


というわけで意気投合。
「まずは試行的にやってみよう」ということになりました。
地域へのご説明・ご相談はこれからになります。


この先行事例として
11月24日、中国地方屈指の柚子の産地、美都町で、
地域の耕作地を借り受け、柚子の栽培・収穫・販売を手掛ける
美都森林さんの圃場に出向き、柚子の収穫作業を教習生さんに行っていただきました。


初の試みでしたが、
Мランド益田校さん、美都森林さんのご理解・ご協力により、
実現することができました。
早速来年度も柚子収穫作業を実施する方向になっています。

当日の様子は、
12月23日のひとまろ情報局(益田市のケーブルテレビ)で
ご紹介いただきます。

トライ&エラー。
どうなることか未知の世界ではありますが、まずはやってみる。
そんな気持ちでおります。

地域やお仕事とのご縁で、
さまざまな経験や挑戦をさせていただいております。
ありがたいことです。

これからご縁をいただくであろう皆様にも感謝申し上げます。






hikimityou at 10:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年11月05日

小豆の原種「ヤブツルアズキ」を収穫・食べるの巻


なんてこった。
まだまだ知らないことばかり。


今日は、お声がけいただき
道川公民館へ。

IMG20221105103235


匹見といえば、
言わずとしれた縄文文化に彩られた場所。


道川地区には長年、島根県最古の遺跡といわれた「新槙原遺跡」があり、ずっとずーーと昔から人間が暮らしていたという証。




縄文遺跡が多く見つかっている道川で、小豆の原種といわれるヤブツルアズキを生かした地域づくりが始まっています。
IMG20221105103502
IMG20221105102819
IMG20221105101629




地域では長年、「食べることはできない」と言われてきたヤブツルアズキですが、公民館に勤務されている 高田純子 さん。「食べられるのだろうか?」という着眼から調査が始まり、ネット情報で食べられることがわかり、地域に生息しているヤブツルアズキを使って、地元の健康づくりの会の皆さんで試食したのが2年前。




令和3年度は、地域自治組織「道川地域づくりの会」の企画委員会でも試食。

いよいよ今年度、地域をあげた栽培に取り組み、10キロのヤブツルアズキを収穫。今秋から、ヤブツルアズキの販売を開始されました。


今日は、そのヤブツルアズキを使ったおこわやぜんざいも販売され、通常の小豆と比べると、小粒ではあるものの美味しさや栄養価は折り紙付き。
IMG20221105103708
IMG20221105103641


ヤブツルアズキのお茶は、とろみがあって香ばしくて、これはこれは身体によさそう!
IMG20221105105307

IMG20221105105146


ヤブツルアズキは数量に限りがありイベントのみで販売。100グラム300円、200グラム600円
IMG20221105103708


ご興味ある方は道川公民館(電話0856ー58ー0001)へお問い合わせください。


善は急げじゃーーーー。


詳しく知りたい方はチラシデータをチェックしてくださいねーー
IMG20221105103734
IMG20221105103729


#益田市匹見町道川
#地域自治組織道川地域づくりの会
#道川公民館
#ヤブツルアズキ
#古代小豆

hikimityou at 17:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年09月22日

民泊「TERA-HOUSE」


山陰のモンサンミッシェルこと衣毘須神社を臨む民泊「TERA-HOUSE」を会場に、しまね田舎ツーリズム県内研修会。題して「楽しくはじめるツーリズムの宿」。
IMG20220922155752


トップバッターは、寺西泰一さん。TERA-HOUSEの宿主です。TV番組「人生の楽園」を見て、小浜の海に魅了され、益田市へ移住。購入した空き家をこつこつとDIY。漁り火の見えるバーベキュースペースを作ったり、住まいが衣毘須神社と駐車場との中間点に位置することもあり、海や夕日をゆっくり楽しんでもらうため、休憩スペースとトイレを無料開放されています。
IMG20220922152046


寺西さんからは、新居を民泊として開業させるまでのお取り組みなどを説明。


寺西さんは宿泊によって一人でも多くの方に、島根県や益田市を好きになってもらいたいと話されていました。


余談:9月から匹見下公民館にもご勤務されています。
IMG20220922150738


#TERAHOUSE
#寺西泰一さん
#しまね田舎ツーリズム
#民泊
#山陰のモンサンミッシェル

hikimityou at 16:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年06月01日

匹見町の老人クラブの活動を取材させていただきました

合併前から、博愛の精神で各種事業を行ってきた「益田市老人クラブ連合会匹見支部」。 昨年9月から、複数の機関と連携した介護予防教室「元気アップの集い」が始まりました。 ご縁をいただき、この取組について取材・撮影・執筆させていただきました。 IMG20220531143729IMG20220531143739 地域の方がいつまでも自分らしく生活できるよう、 各種団体による支え合いで、活動が運営されています。 取材を通じ、地域での取組に触れることができ、感謝しています。 #益田市匹見町 #益田市老人クラブ連合会匹見支部 #元気アップの集い #山陰中央新報 #ヒキミト

hikimityou at 11:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年12月26日

○○カレーと竹燈籠


天気予報は嘘をつきません。
朝起きたら、真っ白に。
でもでも、匹見の冬としては、まだまだ序の口。
水道も凍結せず。
有り難いことです。


さて今日は念願の○○カレーがお昼にいただける
竹灯籠づくりのご案内をいただき
匹見下公民館へ。
IMG20211226093058
IMG20211226102521
IMG20211226110334
IMG20211226113237
IMG20211226113736
IMG20211226120737
IMG20211226131020


到着すると
たくさんの車。館内には小さな子どもたちの姿がたくさん。


「いいの里っ子塾」と冠し
中学生以下のお子さんがいる家庭を対象に
地元に伝わる遊びや文化を通して交流をしようと
令和元年度から毎年年末に開催されている催し。


地域自治組織「匹見下いいの里づくり協議会」地域活性化委員会の主催。


自治組織の皆さんや公民館職員さんの手ほどきで
ドライバーを使い、竹に様々な大きさの穴をあけていきます。
子どもたちより保護者の皆さんの方が熱中のご様子。作業の間は全集中し、童心にかえることができるのかも。


数時間後、無機質だった竹の表面に見事な模様が浮かび上がりました。夜間、竹の筒の中にライトを入れると、より幻想的な空間が広がります。
年末年始にかけ、家の中が華やぐこと間違いなし、ですね。


さてさて
待ちわびた○○カレーのお目見えです。
匹見下公民館で何か事業があった際
ときどき「出没」するこちらのカレー。
なんとしたことか
私はまだ一度も口にしたことがありませんでした。


増見博司公民館長レシピによる
「ましみカレー」(石橋が勝手に命名)。


リンゴのすり下ろし、コーヒー(バリスタのエスプレッソ)、コーン(缶の中身全部)、牛乳、ごぼう、しめじ、人参、じゃがいも、タマネギ、お肉、コンソメが入っているとのこと。


ゴールデンカレー4箱×バーモントカレー1箱の合わせ技。ゴールデンのスパイスが効いて、いろんな食材のエキスが凝縮した愛情カレー。カレー皿なみなみ2杯いただきました。お腹は飽和状態。


食後は、昔懐かしいポン菓子づくり。
玄米を使ったポン菓子。旨し。


なにかと食べ過ぎな昼下がり。
そろそろおいとまを。


匹見下地区のみなさま
ご一緒させていただき、有り難うございました!


#匹見下公民館
#匹見下いいの里づくり協議会
#いいの里っ子塾
#ましみカレー
#ポン菓子
#竹灯籠

hikimityou at 13:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年12月19日

3たてのそばをいただく


IMG20211219122351
IMG20211219142308
IMG20211219085747


そば栽培から収穫まで行われている山根上集落。

聞けば、30年前から集落ぐるみでイベントに出店したり、そばづくりを行っていらっしゃいました。


今日は、秋に収穫した新そばの製粉作業と実食。
有り難いことにお招きくださり


挽きたて、打ちたて、茹でたての
それはそれは美味しいそばをいただきました。


来春のイベントにも出店を予定されています。


語り尽くせぬ
そばへの想いとこだわり。
別の機会でご紹介させていただく予定です。


山根上集落の皆さん
有り難うございました!


#山根上集落
#新そば
#益田市匹見町
#匹見峡春祭り

hikimityou at 22:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月09日

「匹見上 清流の郷」オリジナルポロシャツ完成


遂に匹見でも!オリジナルポロシャツ完成!!!


地域自治組織「匹見上 清流の郷」さんでは匹見上地区の魅力発信や、匹見上地区に興味を持っていただくきっかけづくりになればと
オリジナルポロシャツを制作されました。255151868_589620262363569_3130129966762246535_n (1)253575661_267823811816322_3632354906642863694_n


右胸、左袖、背中のロゴは
匹見上公民館に勤務されているОさんのデザインなのだそうです。


匹見上(かみ)と匹見亀(カメ=COME(英語でカム)=匹見へ来てください!の意味でしょうか!?)
さすが、考え抜かれたデザインですね!!


サイズ:SS〜5L
金 額:1500円


こちらのポロシャツが欲しいという方は
明日11月10日中に
匹見上公民館へお電話
(0856−56−1144、8時30分〜17時15分)
をお願いします。





hikimityou at 11:31|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年10月27日

山根上集落 そばづくり


DSC_0027DSC_0031DSC_0033収穫の秋。味覚の秋。
益田市匹見町の山根上集落では、そば作りに取り組まれています。
コロナ禍より以前は、匹見峡春祭りで手打ちそばの販売もされ
それはそれは美味しいそばを提供されていました。


今年収穫したそばは、ビニールハウス内で干され
10月24日、3時間30分ほどかけて脱穀作業が行われました。DSC_0035DSC_0039


詳しい様子は
後日追加取材して、こちらや〇〇〇〇ビ〇〇〇でもご紹介させていただけたらと思っています。


お楽しみに!DSC_0041DSC_0050


#masudashi
#hikimityou
#益田市
#益田市匹見町
#山根上集落
#そばづくり

hikimityou at 11:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック