定住

2019年12月27日

年末のご挨拶

2019年が終わろうとしています。

12月27日。
仕事納めの今日は、萩・石見空港にて。
帰省客の方をお迎えしています。

匹見出発時、空からみぞれ混じりの雨が。
新聞1面下の天気予報では
新年にかけて曇りマークが続いていました。
が、雪になるかも。

今年もいろんな方とお会いし
いろんな経験をさせていただきました。

お世話になった皆様方
ありがとうございました。

年末年始
1年を振り返り
新しい1年を清々しい気持ちで迎えたいと思います。
皆様、良い年をお迎えください。
P_20191227_123203



hikimityou at 16:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年10月04日

定住情報誌「おかえり」2018年9月号完成

2008年度から
年2回のペースで発行している
定住情報誌「おかえり」。

匹見町へUIターンされた方や
町の取組について紹介するなど
匹見の「今」をお伝えしています。


おかえり表紙今回の表紙が
こちら。

撮影した日は
空に雲一つない晴天。
太陽の光を受けて
皆さん眩しい中、笑顔で対応してくださいました。

それにしても。

なかなか良い感じで撮影できたなと
自画自賛。

音楽グループの
CDジャケットのような素敵な仕上がり。

集合写真と違って

視線もそれぞれバラバラで
自然な表情が撮れたのかなと。


一見したところ
皆さんがどんなお仲間なのか
分からない方が多いかも、しれませんね。


ヒントは匹見の地域資源。


そう
面積の実に97%が森林で占められ
日本有数の広葉樹林が広がる
匹見では

この豊かな森林を活かした産業が
栄えていました。


古くは縄文人の暮らしを支え

近世には山々を移動しながら
生計を立てていた木地師(きじし)の
漂泊地域となり

明治以降は
木炭に加工されて出荷されます。

戦後のエネルギー革命で
炭の需要が減ると
広葉樹の大半は
チップ材として安値で取り引きされるように。


その後
自然の森や
植林した杉・ヒノキを育てて伐採して売る
“第一林業”“第二林業”から脱却し

チップ材としての用途しかない雑木を
木工ろくろ機を使って
椀や皿を中心に加工し
付加価値の高い製品を作る
「第三林業」の取組が
始まります。


この取り組みを今に引き継ぐ
「ひきみ森の器工芸組合」のみなさん。

その皆さんこそ
表紙に写っている4名の方々なのです。

あーーー
長い説明になりました。


で、特集では
匹見の木工の歴史について
軽く触れさせていただいたのちに

「ひきみ森の器工芸組合」の
女性木工職人として

料理べら料理ベラ制作を
担っていらっしゃる
湟川(ほりかわ)千恵さんに
スポットを当てて
特集を組ませていただきました。


これ以上は
お伝えできません。



匹見の全世帯には
10月下旬に全戸配布させていただきます。

その他
町内の主要施設や
島根県および益田市の関係機関に
置かせていただきます。

また
益田市のHPでも
紹介させていただく予定ですので
益田市外にお住まいの方で
ご興味のあるかは
しばらくお時間をくださいね。



hikimityou at 16:31|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月10日

定住情報誌おかえり 最新号

毎年、年2回のペースで
発行している定住情報誌「おかえり」。

大変お待たせしましたが
平成30年3月号が完成しました。

表紙表紙は
国道191号沿いに建つ
美濃地屋敷で働いていらっしゃる皆さんの
集合写真です。






中面今回の
「主人公」は
道川地区にお住まいの入澤敦美(いりざわあつみ)さん。

匹見にUターンされ
美濃地屋敷のお世話をはじめ
地元のそば打ち同好会に加入し
地域を盛り上げたりされるなど
精力的に活動されているご様子を

写真と記事でご紹介させていただきました。


最新号は
匹見町内の主要施設に
置かせていただいているほか

4月下旬に匹見地域全世帯へ配布されます。

また近く
益田市HP上でアップする予定です。









hikimityou at 17:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月29日

定住情報誌「おかえり」完成!

年2回発行している
定住情報誌「おかえり」。

おかえり表紙_R英訳の匹見地図と同様
こちらもなんとか3月中に
完成の運びとなりました。


今回は
匹見町道川の旧赤谷集落ご出身の
牛尾義彰さんご一家を
ご紹介させていただきました。

旧・赤谷集落は
38豪雪や過疎化による集落移転で
昭和40年代に集落の灯りが消えました。


おかえり中面_R故郷を離れた牛尾さんは
定年前に思い立ち、現在お住いの広島から通いつつ
実家のあった場所へ「別荘」を建築。

年に数回、親族とともに
この地へ足を運んでいらっしゃいます。


そんな牛尾さんとそのご親族の思いや
「別荘」建築への道のりなどをまとめた
今回の最新号。


近く、益田市HPなどへアップさせていただきたいと思いますので
ご興味のある方はこちらでご確認ください。

匹見町民の方は
4月の広報配布時に各ご家庭へお配りします。
お楽しみに!





hikimityou at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年11月26日

定住情報誌「おかえり」完成しました

PB250001_R年2回発行している
定住情報誌「おかえり」10月号が完成し

匹見町内全世帯や関係機関などへ
発送いたしました。


町民の皆さまのお宅には
近日中に届くと思いますので
是非ご覧ください。

今回ご紹介しているのは
矢尾集落出身で
現在は広島にお住いの齋藤仁さん・小夜子さんご夫婦です。


定期的に
ふるさとの矢尾集落へ帰られ
地域の行事へ参加されているご様子や
ふるさとへの思いを
ご紹介しています。





hikimityou at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年01月15日

【お知らせ】最新 定住情報誌「おかえり」完成

ここ1週間ほど、ブログ更新せず
申し訳ありません。

今週は県内の某・道の駅への特産品営業や
立て続けの協議などに忙殺され

職場にほとんどいない日がつづきました。


毎日ご訪問下さった皆様
本当にごめんなさい。


さてさて
お待たせしましたが
12定住1p0001最新の定住情報誌「おかえり」が完成しました。

表紙はYさんによる水彩画です。
裏匹見峡が描かれています。素敵な色彩ですよね。








18日の週以降に
匹見町内全戸配布予定です。

お楽しみに!








12定住2p0001今回は
能登集落にお住いの
吉岡健次郎さんをとりまく活動をご紹介。

これまでの略歴に加えて







12定住3p0001有志4名で立ち上げられたFONY(フォニー)の取組や


そば栽培などについてご紹介しています。









今年3月末までにもう1回、発行しますが
次号は
現在匹見町で進められている林業事業について
ご紹介する予定です。

お楽しみに!




12定住4p0001←こちらは
最終面です













hikimityou at 18:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年01月07日

第4回日本「住みたい田舎」ベストランキングに益田市が!

宝島社が出版する「田舎暮らしの本」最新号で特集された
第4回日本「住みたい田舎」ベストランキングで
益田市が上位に名前を連ねました。

それぞれ、画像データを左クリック、拡大してご確認ください。


住みたい田舎ベストランキング(カラーコピー)0001総合ランキング 42位











住みたい田舎ベストランキング(カラーコピー)0002「チャレンジしたい若者におすすめの田舎」部門 1位













住みたい田舎ベストランキング(カラーコピー)00032015年速報版 
移住者の受け入れ人数  15位












住みたい田舎ベストランキング(カラーコピー)0004空き家バンクの成約実績  34位



とのことです。








□■□■□■□■□□■□■□■□■□



「チャレンジしたい若者におすすめの田舎」部門に関しては

自伐林家の育成を目指して
地域おこし協力隊制度を活用し外部人材を広く登用していることや

手厚い就農支援制度

新年度から
各公民館単位に相談窓口「ますだ暮らしサポーター」を
配備予定している

ことなどが評価されたようです。







hikimityou at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年12月25日

定住情報誌「おかえり」2014年11月号発行

※写真はクリック、拡大してご覧くださいませ〜〜

平成20年度から年2回発行している
定住情報誌「おかえり」。

01表紙は
三出原集落を流れる匹見川を中心に
撮影させていただきました。









今回の特集は
匹見町澄川土井ノ原集落に移住された
湟川(ほりかわ)さんご一家を
紹介させていただいています。

併せて定住関連情報も
掲載させていただきました。

02











03



匹見町内の方には
平成27年1月の広報発送時に
各家庭へお届けしますので
いましばらくお待ちください。




04


hikimityou at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年01月08日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末年始は
実家に帰り
かつてのお仕事仲間や親戚、友達と会い
父親にパソコン指導
私自身は生まれて初めて半断食を決行し

心身ともに清々しい日々を過ごすことができました。

決して
ダイエットが目的ではないけれど
数キロ減となりました。山頂まであともう少し。

今年は
決意新たに
1日1日を踏みしめるように送っていけたらと
考えているところです。

さて
ブログ上での新年初仕事は
定住ツアーのご案内です。

昨年に引き続き

真冬の匹見を体感しながら
田舎暮らしを検討してもらおうと企画しました。

ご興味のある方はお申し込みください。

【チラシ】定住ツアー0001










【チラシ】定住ツアー0002

hikimityou at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年11月29日

庄原市口和自治振興区の方がお見えになりました

しばらく、長い間
ブログを更新しないという
不届きを働きました。

匹見は昨日より
白銀世界。
本格的な冬を迎えています。

にもかかわらず
車はノーマルタイヤのまま。
明日にはスタッドレスタイヤに変更する予定です。

全体写真話変わって27日は
広島県は庄原市口和自治振興区産業振興部の皆さん
25名が匹見町へ視察にお見えになりました。


平成17年3月に
庄原市、口和町、西城町、東城町、比和町、高野町、総領町が合併し
新庄原市としてスタートを切られたとのこと。

口和町は
世帯数が830で人口2200人。
高齢化率は42.4%。

ちなみに
匹見町は
世帯数が724で人口1348人
高齢化率は53.9%。

比較すると
匹見のほうが一人暮らし世帯が
多いということが分かります。

当日は
ひきみ田舎体験推進協議会の取組をはじめ

チラシОさんに
道川地区の取組などについて
報告した後

交流事業を行う上での課題や
定住対策などを中心に意見交換を行いました。


その後
萩の会会場を
萩原公会堂へ移し










縄文料理地域資源を活かした
料理を召し上がっていただきながら

齋藤ソノさんより
蠻襪硫颪亮菫箸砲弔い
お話いただきました。








美濃地屋敷この後
道川にある美濃地屋敷へ移動し
渡辺友千代さんに

わかりやすく、おもしろく、楽しく
説明していただきました。




庄原市口和自治振興区のほうでも
多彩な取組をされており
学ぶことが多く
課題の共有や情報交換も行うことができました。



hikimityou at 11:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック