ボランティア制度

2022年04月06日

汗を流してくださる方、募集中!


4月11日(月)、匹見町にきてくださる方いらっしゃいませんかー!!



9時から16時くらいまで
種籾の育苗箱を運ぶ作業を行います。


「ひきみボランティア制度」を活用するため、匹見町以外にお住まいの方が対象です。


旧益田市・美都在住の方もOK!


お昼付き、美都温泉の割引券、希望者には滞在費の一部助成として商品券をお渡しします。


匹見の方と、自然と触れ合う絶好の機会!


ご興味ある方は
コメント欄か
hikimitown@maro-v.jpへ
直接ご連絡いただけるとありがたいです!


ヘルプ匹見!


★追記
たくさんお申し込みがあった場合はお断りさせていただく場合がございます。どうぞよろしくお願いします


#益田市匹見町
#ひきみボランティア制度
#ヒキミト

hikimityou at 11:29|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年04月03日

育苗箱運搬作業ボランティア


IMG20220403094622

IMG20220403110538

IMG20220403111843

IMG20220403111851

IMG20220403115425

イタタタタ。ヨウツウ。


種籾の入った育苗箱をひたすら運ぶ作業のお手伝い。

地域外から2名の「ひきみボランティア会員さん」も駆けつけてくださって、匹見町道川日の里地区の皆さんと、おおむね640箱を作り、ビニールハウスへ敷き詰めていきました。

水を含んだ土が入った育苗箱は、ずっしり腰にきます。


毎年恒例の作業であるため、コツは掴んでいるものの、さすがにさすがに。

日々、農業をされている生産者さんには、本当に頭が下がります。



#ひきみボランティア制度
#益田市匹見町
#日の里
#種籾
#育苗箱

hikimityou at 18:47|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年02月22日

奈良大学と匹見との交流

奈良大と匹見との交流について
受入先の小原集落在住、籾田知宏さんが
行政相談委員だより「明るい窓」に寄稿されました。

273927934_687314909376833_7059919450913678327_n



274092104_983813352236530_7873870916534004478_n


籾田さんは
益田市匹見地区の行政相談委員さんです。
コロナ禍で
すべての交流やツアーがストップしています。
オンラインも便利ではありますが
やはりリアルがいいですねー。
自粛、自粛も早2年。
今年は違う流れになるんじゃなればいいなーと
そんな期待をしています。





#益田市匹見町
#奈良大学
#行政相談員だより
#明るい窓






hikimityou at 17:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年04月11日

肌寒い風の中で太陽エネルギーは強く


今年もこの作業がやってきた。

稲の苗箱運搬作業。


匹見町道川地区日の里。
地元の農事組合法人さんからの要請で
町外ボランティア3名の方にお越しいただき
地域の皆さんとともに
苗箱を作りビニールハウス内に並べていく作業を
ひたすらに。
IMG_20210411_095335_220
IMG_20210411_095335_227


こちらでの作業依頼は10年ほど近く前から。


私も微力ながらともに作業させていただいている。
当初は水をたっぷり含んだ苗箱を持つことさえ苦痛でしばらく体中が痛かったのだが
最近はコツを覚えたのか
1年に1回の作業であっても、心身ともにストレスはなくなった。
むしろ日頃の運動不足が解消できる、という気持ちになった。


積み重ねの体験によって、いつしか経験値があがっていく。
この作業を通じて、つらい経験も味わい続けることで昇華するのだなと改めて思った。


地域の皆さん、ボランティアの皆さん
お疲れさまでした。


#ひきみボランティア作業
#益田市匹見町道川地区
#稲の苗箱運搬作業

hikimityou at 09:55|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月20日

7月 恒例の草刈りボランティア作業

7月の第1および第2日曜は
匹見町内恒例の草刈り作業。

新型コロナウイルスの影響で、イベントはことごとく中止になっていますが
屋外作業は3密回避その他注意喚起をしながら実施しています。


110590801_3315950975123598_978649934447623367_n109135390_3315951088456920_6723724171013967899_o7月5日は萩原自治会、12日は矢尾自治会からの要請で
町外在住ボランティアの方が支援に来てくださいました。

ビーバー(草刈り払い機)が使える「スーパーエキスパート」集団です。
嬉しいことに今年は、
島根県立大学浜田キャンパスから学生のI君が2週連続で来てくれました。

ワタクシのビーバーデビューとなった矢尾自治会の皆さんは、
ワタクシの成長ぶりを見守ってきてくださいました。

「年々、ビーバーの使い方が上手になってるねー」
とОさん。
「ども、有難うございます」。

ご病気や引っ越しなどで、
毎年1回、この日にお会いする方の人数が減ってきています。
とても寂しいことではあるのですが、
目に映る風景をしっかりと受け止めたいといつも思っています。

何一つ、変化しないものはない。

110235599_3315951171790245_6441265485135657295_o

110336522_3315951268456902_6415673922424202575_n






hikimityou at 14:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年09月06日

【メディア情報】今月のひとまろビジョンは熱い!

P_20190905_111635_1

あらっ、こんなところに
三好成子先生を発見♡
匹見町小原集落の名前も!

P_20190905_112314_1

9月、益田のケーブルテレビは
匹見の話題で満載!


hikimityou at 11:37|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年09月05日

【メディア情報】小原集落と奈良大学の交流

集合写真数年前から年2回のペースで
ボランティアを通じた交流を行っている
益田市匹見町小原集落と奈良大学の取組が
ケーブルテレビひとまろビジョンの中の番組「ホップステップスマイル」で
9月の間、特集
されます。


「合宿所」となる小原集会所に向け
バス停から1時間以上重い荷物を背負って歩く学生さんの姿に始まり

ボランティア作業の様子はもちろん
集会所での自炊や「川入浴」などの日常生活
小原住民との交流会の様子など

しっかり取材していただきました。

放映時間帯は
月曜 10時30分〜、18時15分〜、21時45分〜
水曜 10時00分〜、17時45分〜
金曜 10時45分〜、17時30分〜



です。

益田市内にお住いの皆様、是非ご覧ください。


米炊きかまどで米を炊く、の巻。右側には洗濯物が。





川風呂川で入浴。






食事食事はみんなで






わさび田わさび田での作業







交流会交流会の様子






hikimityou at 11:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年08月14日

【メディア情報】奈良大学と小原集落の交流ボランティア

今日の今日、で恐縮ですが
本日14日P_20190810_192307

17時からの ひとまろ情報局で
 匹見町小原集落と 奈良大学との
交流ボランティアの様子が紹介されます。
益田市内の方は是非ご覧ください!


hikimityou at 16:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年06月12日

【ボランティア募集】草刈り

草刈りの季節になりました。

萩原草刈り匹見町内では
7月に入ると各集落で草刈りの作業が行われます。


少子高齢化により
集落内だけでは作業を行うことが難しくなってきています。

そこで町外在住の方に
「ひきみボランティア制度」の会員になっていただき
地域からの要請を受けて
住民の方と共に作業をしていただくとともに
交流を図ってもらっています。


46ある集落の一つ
萩原集落では、7月7日(日)に
草刈り作業を予定されていますが
お手伝い下さる方を求めておられます。


★作業時間
 8時〜12時
 ※作業後に昼食提供、交流があります。
★服装
 動きやすい作業着、帽子、タオル、軍手、長靴など
★道具
 草を刈るための刈り払い機や鎌の貸し出し有


★お問い合わせ・お申込
 ひきみ田舎体験推進協議会
 事務局 石橋
 メール hikimitown@maro-v.jp
 電話 0856−56−0305
    (平日8時30分〜17時15分)










hikimityou at 09:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年08月09日

奈良大学生×小原の皆さん

奈良大学地理学科の皆さんの匹見入りから
2日目となる8日

小原住民の皆さんとの交流会が
行われ
私もその輪の中に呼んでいただきました。


P8080012学生さんたちは夕方から
交流会の仕込みを開始。



今回は匹見「再訪組」の5名(うち1名は藤本先生)に
「初上陸」の4名を加えた9名が
匹見にやってきてくれたのですが
日頃から自炊をしていることもあり
みんな手際よく食材を整えていきます。


藤本先生の下
離島や山間部でのサバイバル的な合宿を経験している
学生さんたちは
とても逞しく

「無いなら作る」をモットーに
(※海士町のキャッチコピーに似てるなー)
匹見に到着してから
「宿」の網戸やら物干しなどを自作。
川に「風呂」も作ってしまう達人たち。


大学在学中から
地域に出向き、リアルな地域の実情を肌で感じている
奈良大学地理学科の学生さんたちは

大学卒業後
社会で逞しく生きていかれるんじゃないかなと
思います。



藤本先生スタイルの「教育」は
ある種少数派かもしれないけれど
先行きが見えない今の日本に
必要な教育の形なのでは、個人的に思っています。

もし私が高校生にタイムスリップできるなら
藤本先生目指して奈良大学地理学科
受験してたかもーと思います。


奈良大学地理学科
学生さんを募集しているようですので
ご興味のある方は是非エントリーを!


ひょんなご縁で2年前から
ご一緒させていただいていますが
とても良い学びの時間をいただいています。

奈良大学地理学科の皆さんを
受け入れてくださっている
小原集落の皆さんには
感謝の言葉しかありません。


さて1週間のボランティア合宿も
中盤に入り、別れの時が近づいていると思うと
寂しい限りですが

当分の間
奈良大学の皆さんは
匹見へ定期的に足を運んでくださるそうなので
嬉しく思っています。






hikimityou at 09:46|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック