ひきみ田舎体験推進協議会

2020年09月17日

民泊三四四さんで動画撮影ありました

119703143_3495891397129554_6912870434089994766_n
久しぶりに、わさびを使った郷土料理「うずめ飯」をいただきました!

しまね田舎ツーリズムの動画撮影対応で、益田市匹見町道川の
民泊三四四さんを16日に訪問。
119254303_3495891143796246_3462119062434464453_o
コロナ禍により、交流事業が自粛されている中、動画で田舎ツーリズムの魅力を伝えていこう!という主旨の取組です。
以前、お仕事をご一緒させていただいたことのあるYさんとも久しぶりの再会を果たし、充実した時間になりました。
匹見の特産といえば、わさび。
この日に合わせて女将の三好成子さんが生産者さんから水わさびを調達。やっぱ、わさびは本物じゃないと!
かわいらしいモデルさんが「うずめ飯」づくりを体験。
119750410_3495891243796236_1978230394433820707_n
途中雨が降ったりと、撮影が心配されましたが、ドローン撮影も含めて無事終了。
公開の暁にはご紹介させていただきますねー
119452712_3495891493796211_6308361577304432102_n



#益田市匹見町#しまね田舎ツーリズム#民泊三四四#わさび#郷土料理「うずめ飯」






hikimityou at 15:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年10月01日

【お知らせ】ひきみ田舎体験ポロシャツ再販について

hit_tshirt_ima昨年制作した
「ひきみ田舎体験ポロシャツ」。

ひきみ田舎体験推進協議会会員の方を中心に行政関係者の方などを対象に
注文を取らせていただき、たくさんのご注文をいただきました。


大変好評で、先月地元住民の方から購入の要望がありました。
その声に応え、予約注文を取らせていただきます。

時季外れのご案内となりますので
10月10日を〆切とさせていただきましたので
広くご案内ができず申し訳ありません。

こちらをご覧になった方でご購入希望の方は
匹見支所(石橋、0856−56−0305)か

★匹見住民の方は
3つの公民館(匹見上、匹見下、道川)へお伝えいただいてもOKです。

※但し
…樟槁じ支所へ取りに来ていただける方か
∪亢兇反閥瓩鵬颪┐覺超にいらっしゃる方で
商品と交換で現金払いが可能な方に限ります。
ね港などの発送対応はご遠慮させていただきます。
ゥャンセル、返品、交換はできません。
こちらの都合で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。



★令和ポロシャツ申込チラシ









★ポロシャツ注文票











hikimityou at 10:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年07月29日

【ご案内】ブルーベリー摘み取り体験+α

毎日暑いですね〜

こういうときこそ
しっかり食べて
ぐっすり寝て
の規則正しい生活が必要です。

今の私に欠けていることだわ。

さてさて
この暑い季節だからこその
体験のご案内です。

★ベリーチラシ食べ放題、時間制限なしの
ブルーベリー摘み取り体験。

この季節
汗をいっぱいかいてしまうわけですが
摘み取ったあとは
匹見中央公園(月曜定休)でシャワー
または
裏匹見峡で川遊びまたは匹見峡レストパークでシャワー・休憩
でおくつろぎくださいませ。


夏の思い出に
ブルーベリー摘み取り体験は
いかがでしょう!

★お問い合わせ先
高木さん  携帯090−7549−8391
 森さん  携帯090−3639−3096





hikimityou at 13:36|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年06月12日

【ボランティア募集】草刈り

草刈りの季節になりました。

萩原草刈り匹見町内では
7月に入ると各集落で草刈りの作業が行われます。


少子高齢化により
集落内だけでは作業を行うことが難しくなってきています。

そこで町外在住の方に
「ひきみボランティア制度」の会員になっていただき
地域からの要請を受けて
住民の方と共に作業をしていただくとともに
交流を図ってもらっています。


46ある集落の一つ
萩原集落では、7月7日(日)に
草刈り作業を予定されていますが
お手伝い下さる方を求めておられます。


★作業時間
 8時〜12時
 ※作業後に昼食提供、交流があります。
★服装
 動きやすい作業着、帽子、タオル、軍手、長靴など
★道具
 草を刈るための刈り払い機や鎌の貸し出し有


★お問い合わせ・お申込
 ひきみ田舎体験推進協議会
 事務局 石橋
 メール hikimitown@maro-v.jp
 電話 0856−56−0305
    (平日8時30分〜17時15分)










hikimityou at 09:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年05月22日

匹見峡レストパーク情報

新緑が眩しいですね〜
清々しい季節になりました。

P_20190527_155046裏匹見峡でも
清流が涼やかな風を運び、輝きを増しています。

今年2月以降、匹見峡温泉は休業となっていますが
裏匹見峡エリア内にある
匹見峡レストパークは4月から再開しています。

但し
エリア内の食堂は営業中止になっていますので
自炊スタイルとなります。ご注意下さいませ。

自炊の際に出た
ゴミは分別(缶、瓶、燃えるもの:生ごみ含)して焼却炉へお持ちください。


日常生活から離れ、リフレッシュしたくなったら
是非匹見へお越しくださいね。


P_20190527_155148ケビンの周囲は緑と清流に囲まれていて
本当に癒されますよ!





テントサイトをお持ちの方は
↓こちらをご利用下さい。
P_20190527_155258



●ケビン
6人用 1泊20、520円
4人用 1泊14、040円
 ※キッチン、ガスコンロ、冷蔵庫、炊飯器、鍋、まな板、包丁、食器類あり

●キャンプ(テント持込)
大人1名1泊216円
小学生1名1泊108円
板張サイト1泊1080円


●匹見峡レストパーク
受付時間は午前8時30分〜17時
水曜定休
連絡先0856−56−0341



hikimityou at 14:38|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年12月20日

トワイライトエクスプレス瑞風HPに匹見の食材!

本当に申し訳ありません。

長らく更新途絶えておりました。
私、元気でやっております。

歳末になりましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。


さて今日は久々に
ブログを更新です。

今日、JR西日本さんからお電話をいただきまして
トワイライトエクスプレス瑞風の食事で使われている
食材の生産者を紹介するコーナーが
HP上で完成したのでとお知らせがありました。


匹見では
´蠻襪硫颪気鵝淵屮襦璽戰蝓次
02蠻襪硫










≪憩佐登志さん(匹見わさび)
01顔写真(齋藤佐登志さん)
が紹介されています。






写真撮影と取材および原稿の作成
ご協力させていただきました。

良かったらご覧くださいね!


紹介コーナーはこちら→です。






hikimityou at 16:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年10月02日

【研修会情報】美濃地屋敷で学ぶ漆器と配膳

s-「美濃地屋敷」















匹見町の観光名所の一つ
旧割元庄屋「美濃地(みのじ)屋敷」で10月30日
しまね田舎ツーリズムの県内研修会が予定され
現在、参加者を募集中です。


DSCF0011









美濃地屋敷に伝わる
250年前の漆器を活用し
毎月2回程度、匹見町道川産の食材をふんだんに使った
美濃地邸食をふるまわれている

のですが
この取り組みをされている
道川精進料理の会の皆さんから
手ほどきを受け
下記のような研修を行います。



DSCF0004・精進料理の調理体験
 白酢(しらす、酢と豆腐を使った調味料)
 落花生豆腐
・漆器の使い方や配膳法
・昼食
・漆器の仕舞い方
・意見交換


見るからに
豪華で楽しそうな研修会ですよね。
ふだんご縁の無い漆器の扱い方についても
学べるという貴重な研修会。

沢山の学びをお持ち帰りいただけると
思います。


●参加対象は
しまね田舎ツーリズム実践者の方や
行政・関係機関担当者のほか
関心のある方ならどなたでも
お申込できます。

●参加料金
2000円
●定員
18名
●服装・持ち物
エプロン、三角巾、筆記用具等
●お問い合わせ・お申込先
(公財)ふるさと島根定住財団石見事務所
担当:山崎さん
電話:0855・25・1600


●チラシを添付しておきますね
美濃地屋敷チラシ-001










美濃地屋敷チラシ-002






hikimityou at 10:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年09月21日

パルシステム企画 産地へ行こう!in匹見

皆さんは
パルシステム生活協同組合連合会(以下、パルシステムさん)を
ご存知でしょうか?

島根県内の方には
「生協」とお伝えしたほうが
なじみが深いと思います。


パルシステムさん
首都圏を中心とした1都9県130万世帯の組合員の暮らしを支える生協の宅配サービスを
手掛ける団体です。


実は先週の9月15、16の両日
パルシステムさんの
組合員さん19名と職員の方が
匹見へ一泊二日でお見えになりました。


題して
「島根県・清流日本一の高津川の恵みを満喫」ツアー
幻の匹見わさびの里を見に行こう!


パルシステムさんで
匹見の木工品や
幻のわさび「匹見わさび」を使用した
商品を販売されているご縁から

年間15回程度実施される「産地へ行こう。」と呼ばれる
組合員限定の産地交流ツアーの
訪問地に選んでいただいたのです。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□


わさび谷見学今回のツアーの肝は
何といっても匹見わさび。

ということで
まず一行が向かったのは
わさび田です。
小原集落の生産者の方からの
説明を受けながら
匹見わさびへの理解を深めていただきました。

また
パルシステムさんと取引のある
葵屋さんへも足を運び
生産者の方の思いを聞いたり
わさびや加工品の試食を
楽しんでいただきました。


P9150007宿泊先の匹見峡温泉やすらぎの湯では
石見地方の伝統芸能である
石見神楽を鑑賞していただきました。

地元、道川神楽社中さんに
演目「大蛇」を披露していただき
会場から大きな拍手が送られていました。

どちらかというと
蛇を怖がって逃げる子どもたちが
ほとんどなのですが
今回参加した小学生の女の子は
自分から蛇に近づいていって
「自ら襲われる」体験を楽しんでいました。

わさびとともに
石見神楽を目当てにツアー参加された方も
少なくなかったようです。


翌日は
匹見の歴史が凝縮した
施設「ウッドパーク」の見学からスタート。

ウッドパーク見学匹見の歴史や神楽のことなら
この方の右に出る人はいない、
と言っても過言ではない
渡邉友千代さんに案内をお願いしました。


匹見町は面積の実に97%が森林で
その多くを広葉樹が占めていますが
そうした豊かな環境があるからこそ
縄文時代からこの地に人が生活していたことなどを
分かりやすく説明してくださいました。



椎茸収穫体験その後は
貴重な原木椎茸収穫体験を
道川の大谷寿一さんに
お世話になりました。


大谷さんが作られる
原木椎茸はとても肉厚で
本当においしいです。

今回は採れたての椎茸を
炭火で焼いて試食もできたので
お客様には喜んでいただけたと思います。

ビニールいっぱいに
ぷりっぷりの椎茸を
詰め込んだお客様をみると
笑顔、笑顔、笑顔。
大満足のご様子でした。



s-「美濃地屋敷」















椎茸収穫体験を終えると
道の駅匹見峡でお買い物を済ませ

旧割元庄屋「美濃地(みのじ)屋敷」へ移動。


今回のお目当ては
精進料理こちらの
美濃地邸食です。




美濃地家に古くから伝わる漆器を
使った贅沢な邸食で

お品書き道川産の食材をふるに使い
ここに伝わる食文化を
惜しみなく提供する豪華な精進料理なのです。


久しぶりに
美濃地邸食をいただきましたが
あまりの美味しさに
ご飯をお替り。
新米ということもあって
ついつい食べすぎに。

もともとは月1回の頻度で
始まった美濃地邸食ですが
噂が噂を呼び
月1回が月2回となり
更にはさまざまな団体の受入も
されるほど大人気の
精進料理なのです。


美濃地邸食日程表一度食してみたくなった方へ情報提供です。

今年は残り6回ほど予約受付をされています。
お問い合わせ・ご予約は
電話0856−58−0250へ



裏匹見峡ツアーの閉めは
裏匹見峡散策。


いわみの森こだまの協議会さんが
ガイドを務めてくださいました。

何気に峡谷を歩くのではなく
植物の説明や
笹舟を作って遊んだりなど
さまざまな楽しみを盛り込んで
ご対応いただきました。


パルシステムさんのツアー受入は
初めてのことでしたが

匹見の皆さんのおもてなしの心
匹見にある伝統文化、自然環境のすばらしさに
感動していただいたご様子が伝わってきました。


またご縁があれば
是非お越しいただきたいです。




hikimityou at 15:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年05月17日

【ボランティア募集】熊電気牧柵下刈り作業

P6040061熊電気牧柵下刈り作業の
ご支援をいただける方を募集しています。


里へ下りてくるクマやサルの侵入を防ぐために
設置されている電気牧柵ですが
定期的に管理、点検しなければ通電しなかったり
切れていたりと効果がなくなってしまいます。


集落内の2km分を年に1度、住民総出で草刈り、点検、補修をしますが
集落から少し上がった山の斜面に設置され、そこでの作業はなかなかハードです。



当日は下草刈りに始まり、途中昼食を挟んで
午後からは柵の通電チェックや倒木などで切れた線の補修作業など
1日掛かりの作業となりす。

地元の方だけではできない作業です。
是非お力になってくださる方のご応募をお待ちしております。

●日時 平成30年6月3日(日)
    8時〜15時
●場所 石組集落内
●ボランティア希望人数 5名

●住民の方のメッセージ
「熊との共存共栄を考え、地域住民の安心安全を図るため
少ない人数の集落に少しでもお力添えをいただきたいです」


●お問い合わせ・お申込み
ひきみ田舎体験推進協議会
事務局 石橋
電話0856-56-0305
メール hikimitown@maro-v.jp






hikimityou at 18:07|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月23日

【ボランティア募集】匹見峡春祭り出店・販売のお手伝い

毎年恒例の匹見峡春祭りが
来週に迫ってきました。

お客様としてご来場いただくのも
嬉しいのですが

スタッフ側にまわって
祭りを盛り上げたい!という
方がいらっしゃったら
とっても嬉しいです。

下記のとおり
2団体よりボランティアの
支援要請が入っています。

ボランティア制度に関しては
こちら→でご確認くださいませ。


【その1】
(株)萩の会 出店・販売のお手伝い



P5030019毎年当イベントに出店している(株)萩の会では出店・販売のお手伝いをしていただける方を募集しています。



(株)萩の会とは「集落住民全員が主役」を合言葉に山菜など地元の食材を使った「縄文料理」提供、体験の受入れブルーベリーの生産・加工など身近な資源を活用したコミュニティビジネスを展開しています。



■日時
平成30年5月3日
午前8時から午後4時まで

■場所
匹見峡レストパーク(イベント会場)

■募集人員
1名



【その2】
JAしまね農青連匹見支部 出店・販売のお手伝い



P5030014JAしまね農青連匹見支部では
毎年匹見峡春祭りで牛の丸焼きの
出店・販売をしており、お手伝いただけるボランティアの方を募集しています。



農青連の皆さんはボランティア作業を通して

様々な方との交流ができることを楽しみにされています。
一緒に祭りを盛り上げましょう!



■日時
平成30年5月3日 
午前9時から午後3時まで

■場所
匹見峡レストパークまたはその周辺(イベント会場)

■募集人数
2名



<お申込み・お問合せ>
ひきみ田舎体験推進協議会事務局
(匹見総合支所地域振興課内)

担当:石橋
電話:0856‐56‐0305
(平日8時30分〜17時15分)
メールアドレス:hikimitown@maro-v.jp




hikimityou at 11:47|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック