わさび

2019年10月04日

【メディア情報】匹見のわさびについて

自宅を活用し
民泊三四四(みよし)を営んでいらっしゃる三好成子さんから
お話は伺っていたものの

うっかり忘れていて
確認するのが今日になってしまったわ〜。


読売新聞の立山記者さんから三好さんに
わさびの郷土料理「うずめ飯」を作ってほしいと依頼があって
その記事が9月29日(土)に掲載されるとのことだった。

1週間分の新聞をあさってあさって
職員さんのお力も借り
記事を見つけ出した。


読売記事三葛で生産者さんも取材されるということだったんだけど
記事をみて分かりました。
大谷貫さんだったのですねーーー
素敵な笑顔です。



記事を読み進めると
後半部分で三好さん登場!

ほかほかご飯の上から少し醤油を垂らして…
あーおいしそう。

これから秋、冬になって
わさびの美味しい季節になりますね。


民泊三四四さんでは
泊まりだけでなく
日帰りでの料理体験も受け付けていらっしゃいます。

前もって予約をされれば
対応をしてくださるので
ご興味ある方は一度ご連絡してみてくださいね。

民泊三四四
電話0856−58−0020(Fax兼用)




hikimityou at 20:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年07月02日

高津川フードツーリズムモニターツアー受入

おいしんぐ!」が企画(島根県観光連盟協力)する
鮎と匹見ワサビをメーンに高津川流域の食を巡る「フードツーリズム」が2泊3日の行程で行われ
ツアー最終日の6月30日、一行は益田市匹見町を訪れました。

関東圏を中心に
シェフや料理人、酒やワインのプロの方々、企画会社、島根県観光連盟の方など計10名が来匹。

一行は匹見町紙祖のわさび生産者、籾田久勝さん宅へ。

DSC_0459雨の中、レインコート姿で10分ほど山道を登り、わさび谷へ到着。
籾田さんから説明を受けた後
圃場へ入り、わさびを踏まないように注意しながら収穫。

DSC_0503その後、籾田さんのご自宅に帰り
収穫したてのわさびをおろして炊きたてのご飯に乗せたあと、鰹節をまぶし醤油を垂らして
試食しました。

IMG_7763皆さんの感想は上々で
匹見わさびを使った料理を試作したいとの声もあり
今後、取引が始まる可能性もありそうです。

その後立ち寄った道の駅匹見峡(日出来屋商店)では
籾田さんの奥様、悦子さんが手掛けられている
わさび醤油漬けをはじめ、うるかやゆべしなど、この地域の加工品を
お土産にご購入いただきました。

一つの出会い、ご縁をきっかけに
食を通して
匹見をはじめとする高津川流域と関東圏域、国内外へ
さまざまな化学反応がおきることを願っています。

※写真:美都地域づくりコーディネーター河野さん




hikimityou at 11:35|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年06月06日

熊電気牧柵と山葵天狗社祭り

6月2日。
毎年6月第一日曜に行われている
山葵天狗社祭りへ
三葛神楽保持者会さんの取材と写真撮影を兼ねて
久方ぶりに足を運びました。



毎年同じ日に
石組自治会では
熊電気牧柵下の除草作業が行われており
町外のボランティア会員さんの要請を
毎年いただいています。


そのため8時前に石組集会所へ出かけ
ボランティア会員さんと地元住民の方との
顔合わせを済ませたのち

まずは大神ヶ岳の登山口へ
車を走らせました。


県道42号(県道吉賀匹見線)から
紫色の幟のたつ林道三坂八郎線へ折れ、走ること20分。


DSC_0007すでに地元の皆さんが待機されており
宮司さんの到着とともに例祭が始まり
わさびの豊作
登山客の安全などが祈願されました。






神事が終わると
今度は夢ファクトリーみささへ。

美味しい御馳走たちが
数量限定で販売されているため
早めに行かないと売り切れてしまう、という情報を覚えていて。

そばまずは
手打ちそば。








おでんと押し寿司間髪入れず
次は押し寿司とおでん。

こちらの押し寿司の中には
黒豆が入っていて、煮汁とともに
自然な甘さが口に広がるんですよね〜
それと押し寿司の上に描かれている「絵」も
とっても可愛い!

家に帰って体重計に乗ったところ
少なくとも1,5キロは増量しておりました。
年齢を考えずに食べすぎると
こんなことになるんですよね…。とほほ。


最大のお目当ては
三葛神楽保持者会さん。

山葵天狗こちらの写真は
オリジナル演目として知られる
「山葵天狗(やまあおいてんぐ)」。
久々に鑑賞させていただきました。


近年、団員の減少が危ぶまれていましたが
町内外から新しく団員さんたちが加入され
活動が続いています。

この日は
「東夷(とうい)」「山葵天狗」「恵比須大黒」の3演目を
公演され

合間には
匹見小の子どもたちでつくる
太鼓グループ「匹見Jr」が
「たぬきのポン踊り」と「生命(いのち)の詩(うた)」の
披露もありました。





そのころ石組では…。

写真023班に分かれ
山肌を歩きつつ、熊電気牧柵下の除草作業に
汗を流される皆さん。




写真01途中こんな状況の
ところもあったりで
大変しんどい作業ですが
熊の被害から日々の暮らしを守ろうと
年1回の作業を続けておられます。


こうして
恒例の行事が
2つ無事に終わりました。

関係者の皆様、お疲れ様でした。





hikimityou at 12:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年05月22日

【イベント情報】山葵天狗社祭り(三葛)

こちらも匹見で外せない
わさびイベントです♡

20190520_163830_0000その名も
山葵天狗社祭り(やまあおいてんぐしゃまつり)、です

こちらのイベントの魅力は
神楽‥膾県指定無形民俗文化財に指定されている
 三葛神楽保持者会の神楽を鑑賞できる
△錣気咾鬚呂犬畸聾気瞭短塞覆鮃愼できる
H味しい田舎料理を食べることができる

です。

同日は
イベントに先立ち
祭典(会場:大神ヶ岳下の山葵天狗社鳥居前の広場)や
(以前と変わらなければ)
登山口大神ヶ岳の山開きの日でもあります。


おおまかに一日の流れをお知らせします


●祭典
 ・9時半頃から
 ・大神ヶ岳下の山葵天狗社鳥居前の広場

 ※雨天時
 ・10時ごろ〜
 ・夢ファクトリーみささ(旧三葛小学校体育館)

三葛神楽 観客●神楽公演
 ・11時頃からになります。
 ・夢ファクトリーみささ(旧三葛小学校体育館)
 【演目】(予定)
 ・山葵天狗(やまあおいてんぐ)
 ・匹見Jr(太鼓演奏).
 ・東夷
 ・恵比須

押し寿司●軽食・バザー(予定)
 ・わさび蕎麦(完売必至)
 ・田舎寿司等(予定)
 ・生わさび、わさび加工品
 ・餅(とち餅ほか)


お問い合わせなどは
こちら⇒からお願いします。

「長州住保頼塩焼」というタイトルでブログを開設されている
Hさんが、詳しい情報を提供してくださっています。
お問い合わせの場合は、こちらのブログのコメント欄に
書き込みをお願いします。







hikimityou at 11:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年03月30日

【メディア情報】わさび花芽摘み体験

摘み取り取材毎年恒例
匹見町三葛地区で行われている
わさびの花芽摘み体験が3月30日に行われ
本日(30日)18時45分、ないし20時45分から
NHK(中国地方5県)で放映されます!


益田市内のケーブルテレビ局「ひとまろビジョン」では
4月4日17時から放映されます!

食事








交流




是非ご覧くださいませ〜






hikimityou at 18:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年01月07日

【イベント情報】わさび花芽摘み体験

ちょっとまだ先のことになりますが…

イベント情報のお知らせです。


花芽摘みチラシ20193月下旬から4月上旬の
この季節でしか体験できない
わさびの花芽摘み。


わさびの白い可憐な花が咲く前の
花芽を摘んでいきます。

柔らかくて
辛みも抜群!


摘んだ後は
この花芽を使った
わさびの醤油漬け作り。
お持ち帰りいただいて冷蔵庫に入れて待つこと2〜3日。
食べごろを迎えます。


このほか

郷土料理「うずめ飯」を食していただいたり
地元のお母さんが作る
田舎料理(わさびこんにゃく、イノシシ汁等)を
召し上がっていただきます。


会場では特産品の販売も予定しております。


毎回、満員御礼になる
恒例イベントです。

ご興味のある方は
お早目のお申込をお願いします。


★お問い合わせ・お申込み
ひきみ田舎体験推進協議会
(益田市匹見総合支所地域振興課内)
電話0856・56・0305
(平日、8時30分〜17時15分)
メールhikimitown@maro-v.jp









hikimityou at 09:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年08月30日

【メディア情報】エフエム山陰で匹見わさびが紹介されます

皆さん、お久しぶりです。
朝晩涼しくなって過ごしやすくなりましたね。



ところで皆さんは
ラジオは聴かれますか?

明日、8月31日20時から放送される
エフエム山陰「Grace Loungeへようこそ」で
匹見のわさび漬けが紹介されます。

当日のラジオパーソナリティを務めるのは
ACHIさん(出雲市出身)です。

コーナー「酒の肴のおつけもの(仮)」の中で
アラフォーアラフィフ世代の方に
お漬物とお酒のマッチングを提案していただけるそうです!

おおむねの放送時間は
20:08ごろ〜とのこと。

是非お聞きくださいね。

山陰にお住まいでない方も
こちら→を活用して聞くことができると思われます!







hikimityou at 17:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年05月29日

【イベント情報】6月3日 山葵天狗社祭

毎年恒例!
6月第一日曜に匹見町紙祖(しそ)地区で行われる
イベント「山葵天狗社祭り」について
お知らせします。

「やまあおいてんぐしゃまつり」と読みます。


今年は6月3日。いよいよ近づいてきましたね。


●祭典
午前9時半から 大神ヶ岳山葵天狗社
(雨天時 夢ファクトリーみささ:旧三葛小学校体育館)

●神楽奉納
午前11時頃から 夢ファクトリーみささ


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□



●「三葛神楽保持者会」による神楽上演


島根県無形民俗文化財に指定されている
「三葛神楽保持者会」。

石見地方に伝わる石見神楽の多くは
明治初期に浜田周辺に発生した
勇壮活発な囃子とテンポが特長の「八調子」に移行しますが

三葛神楽のそれは
石見神楽の祖型である「六調子」と今に伝えている貴重なものとして
昭和50年に島根県無形民俗文化財に指定されています。
(参考:「匹見町誌」)


以下は、三葛神楽保持者会に携わっておられる
Hさん(ブログをされています→こちら



●美味しいモノ集合
 当日は地元加工グループ「みのり会」さんが
 ・手打ちそば
 ・押し寿司
 ・おでん
 ・とちもち
 ・こんにゃく
 ・わさび加工品(わさび漬け、わさび味噌、生わさび)
  (上記メニューは例年だされているものです)

 を販売されます。

私自身は仕事で行けないので
とても残念ですが
一人でも多くの方に
手づくりのおいしさを味わっていただきたいと思います。

★会場への行き方は→こちら




hikimityou at 15:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月25日

祝!全国わさび品評会で籾田さんと宮川さん奨励賞受賞

「第32回全国わさび品評会」が
岩手県遠野市で10月6日に開催され、

奨励賞 盾_Rわさびの産地・匹見町では
籾田久勝さんと、宮川さんが育てられた根茎わさびが
奨励賞(実行委員長賞)を受賞さました。
おめでとうございます!! 






籾田さんのわさび漬け_R籾田久勝さんは奥様の悦子さんとともに
わさび漬けの加工品を製造・販売されており
醤油とみりんだけのシンプルな味付けです。
匹見峡温泉やすらぎの湯と匹見峡レストパーク、日出来屋商店(国道191号沿い、道の駅匹見峡隣接)でお買い求めいただけます。

※町内では籾田さんの醤油漬けのほか
数種類のわさび漬けが販売されています。
お客様の舌に合わせてお買い求めください。



また宮川さんのわさびは
匹見峡レストパークでのみ販売されています。

宮川さん曰く
匹見峡レストパークの野村さんの「強〜いこだわり」で

わさび拡大_R←ご覧のような、根つきのわさびが販売されています。

聞くところによると、一般的には根をとった状態で販売するのが基本らしいので
根つきのわさびはとっても珍しいとのこと。





野村さんが根つきわさびの販売にこだわっておられる理由は
長持ちする
ありのままの!?わさびの形状を知ってもらいたい
根も食べられる
から、とのこと。

です。

野村さんと宮川さん_Rわさび生産者の宮川さん(左)と匹見峡レストパークの野村さん










冷蔵スペース_R偶然ですが、このたび奨励賞を受賞された
籾田さん、宮川さんの商品が
匹見峡レストパークの
同じ冷蔵ケースの中で販売されています。








01レスト_R匹見町内は少しずつ木々が色づいています。
紅葉散策がてら
匹見峡レストパークへお越しください。






匹見峡レストパーク
毎週水曜定休(但し11月8日は営業)
営業時間 9時〜17時
     食堂:10時30分〜16時30分(ラストオーダー)



hikimityou at 14:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月30日

匹見のわさびを召し上がれ

DSC_2303今日の昼食は
匹見峡温泉やすらぎの湯内にある
食堂「やまぼうし」で

午前中の会議でご一緒した皆さんと。

皆さんと一緒にいただいたメニューは
わさび漬けののったご飯の上に

自分ですりおろしたわさびと
とろろを混ぜて醤油をたらしたものを
流し込んで食べるという

丼定食です。880円。

匹見といえば
わさびが特産ですが
なかなか本物のわさびを食べる機会も場所もございません。

わさびと冠したメニューであっても
実は練わさびが使われているというケースもございます。


そんな中
匹見のわさびをたくさんの人に知って、味わってもらおうと
9月末まで
「わさびグルメフェア」が開催されています。


匹見峡温泉やすらぎの湯内食堂「やまぼうし」
匹見峡レストパーク内 食堂「クックハウス」
「森の洋食屋さん ねむの木」

で、わさびメニューを召し上がっていただけます。


常時提供されているわさびメニューに加え
「やまぼうし」では3メニュー
「ねむの木」では1メニュー
今回のために新メニューを開発されています。

3施設ではいずれも
郷土料理として知られる「うずめ飯」を
召し上がっていただけます。


また
国道191号沿いにある
「出合いの里みちかわ」(道の駅匹見峡に隣接)では
わさびの加工品も販売されています。


本物の味を食せる貴重な機会です。
少しずつ涼しくなったので
ドライブがてら、わさびの里ひきみへお越しくださいね!



hikimityou at 16:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック