2018年01月09日

道川神楽社中 英訳口上に挑戦!

DSC_2461益田市匹見町の
道川神楽社中さんは平成29年10月以降
英訳された口上で神楽を舞うという

石見神楽はもちろん
国内の他の神楽でも前代未聞であろうこの挑戦に
地道な練習を重ねていらっしゃいます。





官民でつくる「ひきみ田舎体験推進協議会」が
平成28年度から取り組んでいる
インバウンド事業の一環として行ったツアーの中で
石見神楽の上演を行ったことをきっかけに

道川神楽社中メンバーから
「英語による石見神楽に挑戦したい」という声があがり
その声を受けた
地域自治組織「道川地域づくりの会」(大谷寿一会長)が
石見神楽を通して道川地域の魅力に磨きをかけ
インバウンドの促進につなげるとともに

将来の若い世代が
「地域への誇りを高め、住み続けたい」と
思える地域づくりを目指して

益田市のまちづくり活動特別補助金を活用し
英訳の神楽口上による
石見神楽上演を核とする取組をスタートさせました。


英訳台本は、高津川流域特区通訳案内士で
舞台芸術にも精通されている澄川環さんに依頼し
2演目「天神」「日本武尊」を翻訳。

DSC_2436平成29年10月以降、完成した台本とともに
澄川さんが吹き込んだ英訳口上の音源を耳で覚えると同時に
澄川さんから発声や口上に合わせた所作などの指導を受けています。





道川神楽社中のメンバーの中には
最初はとまどいと不安をにじませていらっしゃる方も
おいででしたが

この3か月間
地道な努力によって
英訳の神楽口上を暗記。

今では囃子に合わせ
所作とともに英訳の神楽口上が
言えるようにまでに
ステージをあげていらっしゃいます。


P1090001この練習の模様は
山陰中央新報の紙面でも
取り上げていただきました。

練習のお姿を
間近で拝見させていただいておりますが
皆さんのご努力に頭が下がるとともに
「よくここまで積み上げられたな」と
感動の気持ちがあふれます。


この目に見えない努力!
このチームワーク!

さすがです。


この血のにじむような努力によって
体得された英訳口上による神楽上演は
今春、同協議会が受入を予定しているツアー内で
予定されています。


皆様、
道川神楽社中のメンバーにエールを!


また
上演依頼をご希望される団体などございましたら
下記メールへお問い合わせください。
道川社中の方におつなぎいたします。


hikimitown@maro-v.jp
















hikimityou at 09:41│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> | ひきみ田舎体験推進協議会

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔