2009年04月13日

茅葺き屋根の葺き替え 行われる

スイセン外観なんとのどかな風景なのでしょう。

ここは匹見町蔦木(つたぎ)という地区です。

蔦木には昭和61年まで集落がありました。
逆にいうと昭和61年に集落の灯りが消えたのです。

この茅葺屋根の住宅の持ち主はSさん。

現在も町内の別の集落にお住まいです。









葺き替え 建物背面よりこのSさん宅の茅葺屋根の葺き替えが
先週行われました。

匹見町内でもおそらく
道川の美濃地屋敷をのぞいては
民家で茅むきだしの住居は
存在しないでしょう。









茅こちらは
Sさんの手によって今春に刈り取られた茅。










カマ専用のカマや










ほこほこを使って
茅葺は行われていきました。









剪定こちらは茅葺きがおわり
仕上げの剪定作業を行っている写真です。

いってみれば
茅のさんぱつ、といったところでしょうか。







詳しくは
今週土曜日掲載の
山陰中央新報(石見版)「まちかど通信」に
紹介させていただいています。

もし良かったら読んでやってください。



ちょっと余談写真ですが

トリノス以前、負いかごを紹介させていただいたときに話題に上った
「鳥の巣」は
←こちらです。


匹見では
「トンノス」と呼ばれているものです。


匹見には懐かしい光景が
まだまだ残っているのであります。

hikimityou at 22:42│Comments(2)TrackBack (0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by よしくん   2009年04月18日 08:07
「トンノス」・・・うん!
これです(笑)

蔦木地区・・・昭和61年に集落の灯りが消えたのですか。
私が中学生の頃は、お隣の美都町から自転車で山越えして渓流釣りに行っていたのですが。

今でも茅葺きされるとは、なんか嬉しいです。
2. Posted by 匹見町大好き!   2009年04月18日 22:24
よしくん さん
こんばんわ〜〜

写真のトンノス
猖槓瓩猟擦料磴砲茲似てますよね〜

昔の人は上手に名前をつけたなと
感心します。

よしくんさんは
蔦木線をご存知なのですね〜
地元の方の話ですと砂利道だったようで
私の記憶では50年ぐらいに
開通式が行われていたと思います。

美都と匹見を結ぶ最短路線と
期待されたようですね。

現在は
匹見側からだと元蔦木集落を過ぎて
ヘリポートがあるあたりまでは
アスファルトですが
その先は砂利道で車はたぶん無理だと
思われますね。

昔は車が走っていたそうですよ。

そうそう、明日は
安蔵寺山でご一緒できるんでしたよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔