2009年03月06日

農家民宿「樵屋」で

大変!大変!!
間が空いてしまって申し訳ありません。

1月から取りかかっていた
ひきみ田舎体験推進協議会の
パンフレットおよびHP作成も山を越え
ようやくひと段落着いたところです。

要領が悪いもんで
一度にいろんなことができません。
ブログ休眠してました。すみません。

ヘ・イ・シ・ン・テ・イ・ト・ウ


ひなまつりさてさて先日は
ひなまつり。いまさらですが…。

所用にて匹見興産さんへ出かけたところ
たまたま運良く
お土産が!

どこへ出かけても食とご縁がありますことは
大変にありがたいことでございます。










べにほっぺ余談ですが〜

匹見興産さんでは
昨年12月に収穫された「紅ほっぺ」という品種のイチゴを加工し
「べにほっぺイチゴジャム」(150g)を
600円で販売されています。

このイチゴは、匹見興産さんと“兄弟会社”である
益田興産さんが
萩・石見空港近くで
平成19年から栽培されているものです。
 
道の駅匹見峡などでも販売されていますので
お立ち寄りの際はチェックしてみてください。

お問い合わせなどは
匹見興産さん(電話0856・56・0388)へ。





というわけで
大変ご報告が遅くなってしまった
山口視察の続き。

いまさら、もうイイっていう人はここまで。
一応、読んでやるかって人は
続きを読んでやってください!!

樵屋 全体遠い昔となりましたが
2月14日、山口のセミナーパークで
斉藤ソノさんの講演を聞き
持ち込んだ特産品をほぼ完売させたワレラ一行は
一路、山口県は阿武郡阿武町の
農家民宿「樵屋」へ。








樵屋 アップ宿に到着したのは午後8時を回っていたでしょうか〜〜〜。













農家民宿「樵屋」は
白松さんご夫婦のご自宅 兼 民宿 です。

樵屋さんでは最大20名泊まれる大きな民宿。
母屋と別棟が客室になっていて
今回私たちは
母屋に女性が、別棟に男性が泊まりました。



夕食全体各自荷物を置いたら
早速の夕食タイム。













白松さんと会員さんおいしそうな夕食を前に
白松さんがご挨拶。










白松さん白松さんは

「交流・滞在・定住の仕掛けづくりに奔走する林家。
かつて枝打ち作業中に転落事故に遭い
車いすで生活されています」。

『車いす林業 仕掛け人交流記』白松博之著・林業改良普及双書)より












で、料理ですが
(強引な話のフリでスミマセン)

豆腐ステーキ豆腐ステーキに









酢の物酢の物









春菊春菊のおひたし?だったっけ。










菜の花菜の花和え?だったと思う。

もし違っていたら誰か教えてください。











たまねぎとサトイモのオーブン焼き樵屋名物の
たまねぎとサトイモのオーブン焼き!!












かぼちゃの甘酢かぼちゃの甘酢










かぼちゃ・むかご・ふきのとう などかぼちゃの煮物、むかご、ふきのとうの3種ぞえ…。









まだまだあります。


キムチ鍋キムチ鍋に














味噌仕立ての鍋味噌仕立ての鍋。












食事風景会員さんたちのお腹が
幸せで満たされたのは言うまでもありません。







その後、順番で風呂に入りましたが
何人かは居残って
白松さんと12時くらいまでだったでしょうか〜〜
時が経つのを忘れて話し込みましたわ…。

hikimityou at 13:46│Comments(0)TrackBack (0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> | 食べる

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔