2007年10月29日

眼鏡峠登山 ご報告・完

眼鏡峠山頂近く
峠を越え、谷を下り
10時27分に大峠(眼鏡峠)に到着しました(広島のNさんのブログより)。

本当に、眼鏡峠って書いてある!!
私が夢に見た、悲願の眼鏡峠到達の瞬間であります。






山頂にはこんな↓看板もありましたよ。

眼鏡峠:看板



眼鏡峠:食事風景
ここで昼食タイム。

皆さん、往還道のそこかしこに腰を下ろし
青空の下で弁当を広げました。

私は早朝の出雲出発だったため弁当を作る余裕がなく
大田のコンビニでおにぎり弁当を買っていたのですが
広島のTさんがバナナや蕎麦の実入りのアンパンをくださり
そのあと、いよいよおにぎり弁当に箸をつけたのですが…


眼鏡峠:蜂の佃煮
ちょうどそのとき、タッパが回ってきました。
中をみると、ハチの頭がこちらを向いている。
何だこりゃ〜〜
私、ちょっと遠慮したいんですけれどーーー。
と思いましたが、

たった一度の人生ですから、せめて一口と思い
口に運ぶと
うわぁーーーーーーーーーーー
旨っ、旨っ、旨っーーーーー。
何度も何度も「旨い」を連呼してしまいました。

騒がしいですね。本当に。失礼しました。

これ、世話人の一人で下道川にお住まいのNさん手作り
蜂の佃煮!?(って言うんですか?)
珍味ですよ。これ。

蜂のさなぎと
蜂の形はしているけれど、まだ飛べない蜂の子どもたちを
Nさん自ら捕獲!?し、自ら調理した絶品中の絶品。

エビの殻をたべたときのようなぱりぱり感と
(ここは蜂の頭部と胸部あたりですね)
しっとりしたペースト状の部分があって
(ここは、さなぎでしょうね)
一度で二度オイシイ食感と味わい。

調味料で煮詰めてあったのですが
酒好きならずとも一度食べたら忘れられない美味しさでした。

Nさんに「これ、売ったらどうですか!!絶対に売れますよ!!!」って
興奮気味に話したら

背後から
「こりゃあ〜〜そんなことしたら、ワシが蜂の佃煮を食べれんくなる。駄目だぁ〜〜。すぐに商売のことを考えおって」

山の神ならぬ、益田やまぼけ会代表のTさんが一喝。

これは期間限定の珍味。
Nさんと親しくなるか
来年の今頃に開催される匹見町内の登山に参加するか
いずれかの方法で口にできると思われます。

それにしても。
私だけでしょうね。蜂の佃煮をオカワリしておったのは。

来年の登山参加者が倍増することを願っております。

さてさて、あとは萩原集落に向けて、下山するのみ。
家並みが見えた辺りで、石垣跡のある場所へ到着しました。

ここは、かつての北原集落。
地元ではキトウラと呼ばれていた集落です。

棚田跡や、ワサビ田の跡。
ワサビ田には、青々としたワサビたちがいくつも顔を出していました。

高い杉木立に囲まれたこの一帯は
しーんと静まり返っていて
すこし物悲しさも感じられましたが
確かにこの場所で、町民の人が暮らしていた痕跡がありました。

で、ここから集落までの間が大変。
傾斜が急な上に、道幅が30センチもなさそうなところを
延々下っていくのです。

当然、ガードレールなんてありませんから
一歩間違えば、山の下までまっさかさま。
山の斜面に体を平行にしながら歩いていたのですが、
何回も、ズルズルッと足元が滑るのです。
おかげでしばらくは指先が筋肉痛?でした。

下山してから教えてもらったのですが
「ああいうところは、なるべく体を垂直にしたほうがいい。
 体を斜めにすればするほど滑るんだよ」って。

おーーいっ。それを先に教えてくださいってば。

何かと、登山初心者ですんで知らないことが多いです。

三瓶山登山では健脚ですねと褒められ
いい気分に浸っていた私ですが
やっぱり匹見の人にはかないません。
だって、ずんずん前に歩いていくんだもん。

私のところで列がせき止められたように
私の後ろに長い列ができておりました。

8時過ぎの出発からおおよそ5時間30分の行程。
昔、昔の先人たちと山の声がどこかからか聴こえてくるような
そんな懐かしい空気に包まれたひとときでした。

hikimityou at 17:27│Comments(2)TrackBack (0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> | つぶやき

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 寺田義紀   2007年10月29日 20:27
5 色々思い出しながら楽しく拝見しました。
蜂の子ですが、私が子供の頃は生きたまま丸呑みしていました。また栗の木の中に蜂の子と似たような形の「栗虫」というのがいて、これを飲んだら寝小便が治るといって飲まされたこともあります(汗)
 眼鏡峠の時、私と同行の山野草オタクのオッサン
(本名 川本)がこのブログを見たいというので教えました。そのうちお邪魔すると思います。
 11日は匹見でお会いできるかもしれませんネ

 テラ
2. Posted by 匹見町大好き!   2007年10月30日 08:49
丸呑み!していたんですね。栗虫も!!
いろいろ食されていたのですね
だから寺田さんは
肌の色艶が良いのですね。

私も出来ることなら毎日、蜂の子を
食べたいです。忘れようと思っても
アノ味だけは忘れることができませんね〜〜

山野草オタクのオッサン!
覚えていますよ 
失礼失礼。
川本さん、覚えています。

どなたでもウェルカムなので
宜しくお伝え下さいませ。

11日、私出かける予定ですので
現地でお会いしましょう!!
蜂の子、売ってないかなあ〜〜
そんなこと言ったら
やまぼけ会のTさんに
また叱られてしまいますね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔