2007年09月10日

町民の関心事

町民の方からこんな話を聞きました。

今、町民の方の間で
大きな関心事の1つになっているのは

国道488号長沢工区の
工事の進捗具合
なのだそうです。

益田方面へ行くとき

道川地区の方は国道191号を通られるのですが
その他の地区の方々は
国道488号が頼り。

まさに国道488号は
旧益田市と匹見町を結ぶ生命路線なのです。


けれど、この国道488号
匹見川沿いに走っているため
見通しが悪い上に未改良区間が多く
増水時には冠水し
落石の危険個所も多い道なのです。

それで現在、益田市長沢から匹見町澄川に至る
3,2繕茣屬鬘下崟化し
トンネル2本と橋2つを新設する「長沢バイパス工事」が
進められているわけなのですが…

町民の方の話によると
表匹見峡トンネルの工事のときには
工事関係者の方が町内に出入りされていたので
直接、進捗状況が聞けたらしいのですが

今回の長沢バイパス工事は
そのような情報ルートがないみたいで
工事の進捗状況が
町民の方に伝わってこないのだそうです。

国道488号は
町民の方にとって
毎日の通勤や買い物などに
欠かせない道路です。

工事の進捗状況が定期的に
町民の方に伝わる
手段があると良いのですが…。

ちなみに私は
匹見町誌編さんで道路の担当をしていましたので
取材時点での情報を下記に
記しておきます。
興味のある方は
匹見町誌現代編645頁を参照してください。


長沢バイパス工事は2工区に分けて実施され
16年度から益田市側の1工区(1,4繊砲肪綣蝓
2工区(1,8繊砲亙神20年代前半から着手される予定で
20年代後半の全区間開通を目指している。
完成すれば通過距離が約半分になり
10分の時間短縮が見込める。


hikimityou at 15:00│Comments(0)TrackBack (0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック <$ArticleCategory1 $> 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔