2020年01月

2020年01月30日

【イベント情報】匹見町石見神楽共演大会

1月 行く
2月 逃げる
3月 去る

1月30日。今月もあと1日ばかり。

こうしてまた
1年が繰り広げられるのですね。

3月1日(日)
匹見総合支所に隣接する
匹見タウンホール(匹見町匹見イ1260)で

20.01.28修正ol今年で20回を数える
匹見町石見神楽共演大会が
開催されます。


町内の3つの神楽団体(匹見、道川、三葛)に
石見神楽保存会久城社中さんをお迎えしての
神楽三昧。

今回のチラシを制作してくれたのは
匹見が生んだクリエーター、A君です。

きらびやかなチラシに仕上がっていますね!


共演大会まで
あと1か月ばかりですが
お早目のチケット購入を
おすすめします。



★お問い合わせ先
匹見町神楽振興会事務局
(匹見総合支所内)
電話0856−56−0305



hikimityou at 14:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック イベント情報 | 神楽

2020年01月29日

【イベント】匹見峡温泉で猪汁食べよう!

来ました!来ました!
第二弾。


Microsoft PowerPoint - 200202温泉シシ汁出店チラシ匹見峡温泉やすらぎの湯で
猪汁食べましょう!

来たる2月2日(日)15時から
匹見峡温泉ロビーで
猪汁をはじめ
押し寿司やおはぎ、餅の販売が
行われますよーー。

リサーチによると
猪汁は150食を用意。
100円で販売される予定。

当日はワタクシも
なんちゃってのお手伝いを
させていただく予定です。

そしてそして
更に
匹見町内の神楽社中さんが
石見神楽を上演されます。

主催されるのは
匹見町道川地区の
自治組織「道川地域づくりの会」さん。

2月2日(日)は
匹見峡温泉一時再開の最終日。


翌3日から
工事が始まり今春の再開を目指します。

企画・運営をされる
関係者の愛を感じる
食のイベントになります。

奮ってご参加を!

ワタクシ
エプロン姿でお待ちしております。
多分…。






hikimityou at 17:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック イベント情報 | 温泉

2020年01月28日

【匹見今昔】匹見小学校


★匹見小ここがドコだか分かりますかーー?


みたところ、学校?

正解です。

今は?

ございません。

かつての匹見小学校です。

今はこの校庭上に県道42号(匹見と六日市をむすぶ道路)が走っています。

遠くに見える山は今も変わりません。
山のふもとは、山根下や萩原といった集落になります。

コチラの写真も
よくよくみると
米の収穫が終わった時期であることが分かります。


現在の写真と重ねてみましょう。
ある程度撮影ポイントを同じにすると
↓こんな感じ。木が邪魔してしまいます。
匹見小跡(木陰より)




そして違う角度から。
★匹見小跡



昔学校だったところは
保健センターや森本商店さん前の広場、県道42号に
代わったということですね。


螢疋ァ璽魯麌じ工場の建物(青い屋根)も
今と昔、同じですね。
その左側に並ぶ建物も変わっていませんね。


写真手前右側の屋根あたりは
現在の森本商店さんがあるところ、とのことです。


こちらの学び舎に通っていた
地元の方のお話によると
小学校の校庭は子どもたちの遊び場で
パッチやビー玉をして
遊んだそうです。


子どもたちの声が聴こえてきそう、です。


hikimityou at 08:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 匹見の暮らし 

2020年01月27日

以前から、知ってはいたけれど。

どーも、どーも
実は、実は

P_20200127_132956来たる2月8日(土)13時30分から
こっそり、講演させていただきます。
※こちらにアップする時点で、こっそりではなくなっている。


益田市人権センターさんに
お声をかけていただきまして
『〜人と人、人と情報を結んで12年〜「匹見の“宝”をおすそ分け」』
というテーマでお話させてもらいます。

ご興味ある方、事前のお申し込みをお願いしまーす。
1月31日が締め切り、あっもうすぐですね。

良かったらどーぞ。
宣伝はコ・コ・マ・デ。

で、
先週金曜、
講演の打ち合わせのため人権センターさんを
ご訪問させていただいたときのお話。

以前から、知ってはいたんですけど…。


文具アップこちらの
益田市人権センターさんでは
カンボジアの子どもたちに
文房具を送る取り組みのお手伝いをされているんですよ。

詳しくは画像でご確認くださいね。


文具それで
昨年から匹見総合支所で物品の整理が進められているため
職員さんの許可を得て
不要な文房具をお持ちしました。


それと
何気にロビーをまわっていたら
冊子アップどこかでみた冊子を発見!
そう、9月に受入させていただいた
国際交流員さんのツアー内容がまとめられたもの。

しまね国際センターちょうど前日
国際交流センターの職員さんがお見えになって
同センターの取組を紹介するコーナーを作られたそうですよ。

国際交流には
仕事でも携わらせていただき
とても興味のある分野です。

また
不要な文房具持参で
立ち寄りたいと思っています。


皆様も
不要な文房具ありましたら
お立ち寄りくださいねー。






hikimityou at 13:41|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 匹見の暮らし | イベント情報

賑わった匹見峡温泉やすらぎの湯

ポスター↑こちらのイベント
出かけてまいりました。

直前に電話のやりとりをしていたため
15分遅れの到着。

温泉駐車場は車、車でいっぱいに。

自動扉があくと
ロビーは人だかりに。
その向こうで

恵比須道川神楽社中さん、匹見神楽社中さん
合同による演目「恵比須」が
繰り広げられている真っ最中でした。


地元の方が7割ぐらいだったんでしょうか。


もちづくり匹見上地区の
自治組織の皆さんが中心となって
お餅をせっせとお作りになっていました。

事前情報では
100食前後ふるまう
というお話でしたので
一人につき1個ずつなのかとおもっていたのですが


空けてビックリ玉手箱!

もち一人につき3個もーーーー。

この喜びは半端なかったです。
ありがたや、ありがたや。


演目「恵比須」につづき

道川道川神楽社中さんによる
演目「天神」の公演が始まり。


久しぶりに観ました。
釘付けでございました。

ありがたや、ありがたや。
(今回2回目のフレーズ)


山陰中央新報さんや
ひとまろビジョンさんが
取材にお越し下さっていました。
感謝、感謝です。

83143577_227080901620237_8554595523779100672_n早速、今日付で
山陰中央新報さんが
紹介してくださいました。

そして
益田市のケーブルテレビ局「ひとまろビジョン」さんでも
今日1月27日の「ひとまろ情報局」で
紹介してくださる模様です。







hikimityou at 13:08|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 温泉 | イベント情報

2020年01月17日

【イベント情報】匹見峡温泉で餅つきイベント!

ポスター匹見峡温泉やすらぎの湯を会場に
1月25日15時30分から
餅つきが行われますよー

温泉の再開を待ち望んでいた多くの方々と喜びを分かち合おうと
地域自治組織「匹見上(ひきみかみ) 清流(せいりゅう)の郷(さと)」が
企画・実施されます。

さすがー!!

餅は2種(きなこ餅、餡餅)
餅100個前後(餅米3〜4升)
※無くなり次第、終了

餅つきは15時30分に開始し、
餅ができた段階で随時振る舞いをスタート。
入浴をしない人にも振る舞われます!


私もモチロン食べに行きまーす♡


★ここから下は詳しい情報となります。


温泉では通常営業をしていた昨年まで
昔ながらの杵と臼を使った餅つきを、
正月三が日に1日3回(計9回)行い、
入浴客や来場者につきたての餅を無料で振る舞っており、
地域住民を中心に喜ばれている恒例の行事でした。

地域自治組織の初代会長を務める岡朝子さんは
毎年の恒例行事を楽しみにされている地元住民や入浴客の姿を、
温泉の従業員として見続けてきました。

昨年11月23日の匹見町産業文化祭で、
山本浩章益田市長の口から
「年末に温泉を再開する」旨の挨拶を聞いた岡さんは、
再開の暁には
「恒例行事をやりたい」と想いを温めていました。

12月に入り、再開が現実味を帯びたため、
岡さんは
地域自治組織の事務局(匹見上公民館)に想いを伝えた上で
組織内の委員会で諮ったところ、
賛同を得ることができたため、
年明けの実施に向け、関係者で準備を進めてきました。

レジオネラ菌の検出で
年末年始の再開は叶いませんでしたが、
1月11日の再開を受け、14日に再度委員会を開き、
イベントの実施を確認。

1月25日の実施に向け
現在準備を進めています。


温泉の再開を切望し、実現となった喜びを胸に、
恒例だった餅つきを通して地元住民と来場者で喜びを分かち合う
イベントとなります。


是非是非
匹見峡温泉へ足をお運びください!





hikimityou at 20:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック イベント情報 | 温泉

2020年01月15日

【匹見今昔】匹見タウンホールと弘法院

匹見総合支所の耐震化工事に伴い
昨年末から支所内の整理作業が行われているのですが
偶然にも「お宝」が「発見」され
Kさんが私にシェアしてくださいました。

これは是非
匹見にご縁のある皆様方に情報共有させていただきたいと思い
許可を得て、掲載させていただきます。


じゃじゃーーん。

こちら
恐らく昭和40年代中ごろから昭和50年代前半までに撮影された
匹見タウンホール周辺の写真です。
↓ ↓ ↓
★タウンホール




現物の写真を私が接写したので
画質は少し悪くなっているのですが
許してくださいね。


当時と今の違いが分かるよう
40数年前の写真と同じ場所(★詳細は後述)から撮影を試みたのですが
ご覧の通り↓↓
★タウンホール
目の前は木々に覆われていて分かりにくい。

そのため1月15日
できるだけ撮影ポイントに近い場所からシャッターを切りました。
こんな感じです。
 ↓ ↓ ↓

01現在のタウンホール
02現在のタウンホール

分かりますか〜
間違い探しゲームみたいな感覚で写真を見比べてくださいね。


数人の匹見の方への聞き取りを含め
下記のことが分かりました。

・撮影時期は晩秋

・川向こうには何段ものハデバ(出雲の我が家では、こう呼んでいた)が!
 出雲では割と最近まで10段近く、木を組んだ稲架が、出雲平野の風物詩でした

・ちょうど河川工事が行われている最中。

・匹見タウンホールの建物の周りに水路が張り廻られている。
うわさで聞き知っていましたが
写真でみるのはほとんどなかったかなー
 
水路の中には鯉が泳いでいたり(優雅)
正面玄関近くには池があり
亀やオオサンショウウオも棲んでいたとのこと。

・一番の大きな違いは
県道42号線(匹見で唯一の信号つき)の有無でしょう!

・駐車場の車をみると、フェンダーミラーの車が沢山
 
車のことに詳しいSさんによると
当時はいわゆる軽自動車って普及していなかったみたいですね。

1000〜1500佞両型乗用車が多く、
中でもコロナ(トヨタ)とカローラ(トヨタ)が大衆車だったとのこと。

ちなみに2000侫ラスの車を普通車(マーク供▲ラウン等)って言ってたんですね。

改めて写真を見てみると、
立派な小型乗用車ばかり並んでいます。

いまだったら軽自動車の売り出しフェア―みたいに、
軽トラばっかり並んでいるんですけど
当時はあまり軽トラってなかったんでしょうかねー

自分では気づかなかったけど
匹見タウンホールの、今と大きく違う点を教えていただきました。
 
屋上にご注目下さい!
昔はウサギの耳みたいなものが空に向かってそびえたっていますが、今はない。

当時を知る方によると
小さい頃は屋上にあがって遊んでいたそう。
自由にあがってよかったみたいです。

おそらく、屋根裏的なものがつくられたんでしょうね。
増築の理由と活用方法は分からないので
また分かる方教えてください!

あと
何といっても思い出深いのが
写真手間のトタン屋根の職員組合の建物です。

今は壊されて更地になっていますが
ココは何を隠そう、
私が匹見町誌編纂のときに
1年間のうちの半分を寝泊まりさせてもらったところです。
大変お世話になったわ〜

職員の方からは「出るよ!」って
冗談半分に言われ脅かされていましたが、
私には「見えません」でした。
ホント、お世話になった建物です。

当時を知る詳しい人なら
まだまだいろんな情報があると思いますが
ひとまず今日はこのへんで〜〜

あっ言い忘れそうになっていました。
当初、撮影ポイントにしようと思っていた場所、
通称・弘法院(こうぼういん)。

今から15年ぐらい前から気になっていた場所なんですが
行く機会がありませんでした。

昔の写真と同じ場所から、今の様子を撮影すべく
必要に迫られて
先週、天気の良い日に
小高い山の上に建つ弘法院へ
一段一段階段を昇りつめて向かったのです。


普段運動をしていない私にとってはきつい時間でしたが
歩くこと数分あまりで到着。

噂に聞く「弘法院」。
こんな感じ。↓↓↓
弘法院敷地
★弘法院正面
弘法院中

「導かれた!」と思いましたね。
必要な時に必要なことが巡ってくる。

弘法院といえば、真言宗の仏教寺院。
本尊は弘法大師(空海)


匹見町誌編纂の頃から
行こうと思えばいつでも行けたのに、
なぜか行動に結びつかず、でしたが。

そうですか、今ですか…(と独り言)

日々起こるすべてのことに意味がある、と
このとき痛感いたしました。


と話が長くなってきましたので
今日はこのあたりで。

匹見の今昔。続編がございます。
またご覧くださいね。

ではではでは〜





hikimityou at 17:45|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 匹見の暮らし 

2020年01月11日

【祝 匹見峡温泉 再開】

いよいよ今日

匹見峡温泉やすらぎの湯が

再開しました!


山本益田市長さん

匹見地域協議会会長の藤谷さんの挨拶のあと

お客様は次々と浴室へ!

匹見神楽社中の恵比寿も飛び入り参加し

再開を祝いました。

しっかり温まって下さいね💕

受付近くには飲み物も販売されています。

P_20200111_145055


P_20200111_145609

P_20200111_150208

P_20200111_150412

P_20200111_150426

hikimityou at 15:53|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 温泉 

2020年01月09日

祝 匹見峡温泉やすらぎの湯再開1/11 15時〜

嬉しいニュースが

飛び込んできました!!


温泉写真2019年2月以降休業していた
匹見峡温泉やすらぎの湯が
明後日の
1月11日(土)15時から2月2日(日)21時まで
「温泉入浴(内湯、外湯、サウナ)に限り」(※1)
一時営業再開することが確定しました。

当初、昨年末に再開する予定でしたが
レジオネラ菌が検出されたため
再開が延長になっていました。

このたび
すべての浴槽、配管などの清浄、消毒等の衛生管理の徹底を図り
再度、温泉水の水質検査を実施したところ
レジオネラ菌は検出されませんでした。

これを受けて
1月11日から2月2日まで一時営業再開が確定しました。

※2月3日からは工事等のため
 再び休業期間に入るとのことです。

●開設期間 1月11日(土)から2月2日(日)まで
営業時間 15時から21時まで(最終受付 20時)
●入浴料
 ・大人(中学生以上) 600円
 ・子ども(小学生)  200円
 ・未就学児      無料
 ★販売用のタオルはありますが
  基本持込だと有難いです!

休館日  
1月14日(火)
  20日(月)
  27日(月)


●注意事項

回数券〜阿了慊蟯浜者が発行していた回数券(写真参照)のみ使用可能
  ※その他のサービスでの入浴はできません。
 
 
※1:一時営業再開は温泉入浴のみです。
   ・食事、宿泊は不可
   ・エレベーター、2階の利用は不可です


●●オープニングイベントについて●●
1月11日(土)14時50分〜15時
匹見峡温泉やすらぎの湯
 ・山本市長挨拶
 ・地域住民挨拶
 ・入浴者入館開始(15時〜)



□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■


朗報を受け
1月9日15時頃
久しぶりに匹見峡温泉やすらぎの湯を訪ねました。

内風呂再開に備え
浴槽には温泉が張られていました。
今日の写真ですよ!


露天手を入れると
「あったか〜〜〜い!」
気持ち的には、すぐにでも入浴したい気分。
特に寒い冬にはほっこり温まりたいですね。


皆様
ひとまず一時的ではございますが
是非
匹見峡温泉やすらぎの湯へ
お立ち寄りくださいませ!!

★お問い合わせ先
匹見峡温泉やすらぎの湯
電話 0856−56−1126
   ※時間帯によって
    電話がつながりにくい可能性がございます。
    ご了承くださいませ。
   





hikimityou at 16:53|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 温泉 

2020年01月08日

【田舎ツーリズム】うずめ飯とわさび漬け

ついにこの日が!

匹見の方と一緒に、出雲に参上します!!

第3回県内研修会チラシ_0106修正《最終◆-001来たる2月5日
出雲市斐川町で
「うずめ飯とわさび漬け」を作り、食べて、学ぶ
研修会に出向きます。


講師は
われらが三好成子さんと大谷閲子さん。


わさびを使った
匹見の郷土料理「うずめ飯」と

この時期にしか採れない
「がに芽」と呼ばれる
新芽のわさびを使った醤油漬けを作り
お土産にしていただけます。

お茶請けには
とちもちを出す予定。

こりゃ
参加必須でしょ!

しまね田舎ツーリズム関係者でも、そうでなくても
興味がある方ならどなたでも
ご参加いただけます!!

お早目のお申込み
お待ちしています。

●お問い合わせ先
ふるさとしまね定住財団
浜田 0855−25−1600
松江 0852−28−0690

第3回県内研修会チラシ_0106修正《最終◆-002





hikimityou at 15:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック イベント情報 | わさび