2022年01月17日

先着300名!プレミアム商品券発売

プレミアム商品券チラシA4_1月新_page-0001超お買い得!
●誰でも買える!●先着300組限定●有効期間2月末

5000円で7000円分の商品券が発売されます!

美都匹見のお店で買い物される(されたい)方や
美都と匹見の温泉に入る機会がある方やおススメですよー!!

確実に購入したい方は、1月23日に美都か匹見の温泉に
お出かけくださいーー!!!
※1月24〜26日は美濃商工会本所と匹見支所で販売。


早い者勝ちです。

お問い合わせ先
美濃商工会 本所0856‐52‐2537
       匹見支所  56‐0220

#美濃商工会
#プレミアム商品券
#美都温泉湯元館
#匹見峡温泉やすらぎの湯







hikimityou at 11:29|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年01月07日

薬膳粥@匹見峡温泉


匹見峡温泉の食堂で、薬膳粥の提供が期間限定で行われています。


定食(990円)の白飯を、薬膳粥に変更することで召し上がっていただけます。
薬膳粥には、キハダ、イカリソウ、ウドの根、季節の薬草、朝鮮人参が入っており、豊田料理長曰く「匹見の山は薬膳の宝庫」とのことで、ご自身も薬草を育てていらっしゃいます。


薬膳粥をメーンに、満腹間違いなしの品がたくさん。
食材は地元で手配し、豆腐は篠岡豆腐さん、こんにゃくは半田集落のお母さん手作りによるもの。


新しいメニューも企画中とのことで、目が離せません。


1月いっぱいは薬膳粥の提供は間違いないようですが、それ以降は未定ですので、食してみたい方は早めにお試しあれ。


尚、温泉内の各所で改装が行われ、脱衣所のロッカーはフロントで鍵の受け渡しスタイルとなっています。


●匹見峡温泉やすらぎの湯食堂
11時〜14時
(ラストオーダー13時30分)
電話0856ー56ー126


#匹見峡温泉やすらぎの湯
#温泉
#益田市匹見町
#ランチ
#昼食


IMG20220107113335
IMG20220107113509
IMG20220107111021
IMG20220106132057



hikimityou at 20:27|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 温泉 | 食べる

2022年01月05日

1月21日 新春講演会 吉原木工所/吉原敬司社長

逆境をチャンスに。
これは興味深い!早速申し込んだ。

浜田市三隅町の吉原木工所。
建具業界が厳しい状況にある中、平成14年に立ち上げた組子部門は、
今や国内はもとより世界からも受注が舞い込み、新しい流れを生み出している。

その立役者、吉原敬司社長を招いた新春講演会が
美都と匹見で開催されます。
「継ぐ」をテーマに、
取組や事業継承についてお話を伺うことができます。

講演会聴講には事前申し込みが必要です。
1月14日までに美濃商工会へお申込み下さい。
・本  所 0856−52−2537
・匹見支所 0856−56−0220

HPをご覧ください。→
美しい、の一言です。※添付写真は、HPより転載。

01
02
03

2022年01月05日09時32分29秒-1






hikimityou at 10:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 講演会 | 美濃商工会

2022年01月01日

「壬寅」を前に

IMG20220101153121


匹見に加え、美都でのご縁をいただき、まもなく丸2年。「破壊と創造」。思えば新たな船出でした。パソコン一つ、場所を選ばす仕事ができる環境は、私にフィットしました。匹見と同様、美都でもご縁に恵まれ、公私ともに良くしていただき、新しい取組に挑戦することができました。感謝です。



30年におよぶ仕事人生を振り返ると、報道カメラマンのアシスタントに始まり、新聞社勤務、コミュニティFM局の立ち上げ、ライター、まちづくり…と、「伝え、つなげ、記録すること」が私の使命であると痛感します。人と比べず、自分の強みに注力し、命を使っていけばよいではないか、と言う心境に至りつつあります。


プライベートでは、SNSに費やしていた時間を読書に充て、漫然と読むだけでなく、実践し、人のお役に立てたらと思っています。


2022年は壬寅(2月4日〜)。どんな出会いが待っているのでしょう。本年も宜しくお願い致します。

hikimityou at 15:39|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年12月28日

マイ箸🥢作り体験

33211



03

家族や友人と、マイ箸づくりはいかが!?


匹見の木を使って、
器やカトラリー(フォークやスプーンなどの小物類)を
手がけておられる「ひきみ森の器」さん。

新たな取組を始められました!


四角や丸、三角の木材から小刀やサンドペーパーを使って削り、
蜜ろうで仕上げる「マイ箸づくり」。
電気ペンで名入れ等もできます。


小刀やカッターを使って
鉛筆を削ることができない子どもたちがいると聞きます。


そんな子どもたちへ小刀を使う機会を提供できればと
発案されました。


自分で作った箸ならば愛着もわきますし、
匹見での良い思い出になりますね。



★本格的な技術体験のコースもありますので、
お気軽にお問い合わせくださいね。

・対応日:土曜または日曜
・所要時間:2時間
・料金:1500円
・申込:7日前まで
・定員:5名(1名から対応可)
・対象:中学生以上
※キャンセルの場合は、必ず前日までにご連絡をお願いします。

●お申込み 
ひきみ森の器さん
電話0856−56−1282
メール kizisi@cotton.ocn.ne.jp






hikimityou at 14:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 木工製品 | おすすめスポット

【イベント情報】真冬の匹見山里体験

匹見山里体験-1


寒い。だから寒さを楽しもう!
匹見の山里体験が2月6日に行われます。

手作りの豆腐やとち餅づくり、
そり遊びにかんじきウオーキング…と、
行かなきゃ味わえない内容担っています。

定員は30名。まさに早い者勝ち。
悩んだら、電話をしましょー!即行動あるのみ。

匹見上公民館0856ー56ー1144


#益田市匹見町
#匹見山里体験
#雪遊び
#手作り豆腐
#とち餅づくり
#そり遊び
#イベント






hikimityou at 12:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック イベント情報 

ゆず風呂@匹見峡温泉

cd0a9b9fb4d18cd80fd965bfa599f77c_l 今年最後の営業となる匹見峡温泉で12月29日(水) 露天風呂にゆずが浮かびます。 一年の疲れを取って温まってくださいねーー!  営業時間:11〜20時 匹見峡温泉0856−56−1126 #匹見峡温泉やすらぎの湯 #ゆず風呂

hikimityou at 10:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 温泉 

Googleカレンダー埋め込みました


ブログ「匹見町へ行こう!」「美都町へ行こう!」


苦節数日。埋め込み方法をネットで調べ、試行錯誤の末の到達。初めてのことは毎回苦戦するけれど、実践があってこそ力もつくというもの。
IMG20211228084647
IMG20211228084608


取り急ぎ、匹見峡温泉と美都温泉の情報(来年3月まで)を分かる範囲で掲示しております。


「こうだったら便利だなー」の思いを形に。


サイトの不具合で掲示できなかったり、情報が網羅しきれないこともあるかもしれませんが、生温かく見守っていただけると幸いです。


尚、匹見と美都で行われる催し情報を絶賛募集中です!


#匹見町へ行こう!
#美都町へ行こう!
#益田市
#益田市匹見町
#ヒキミト

hikimityou at 09:03|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック つぶやき 

2021年12月27日

ひきみ森の器さん 新商品!完成!!

匹見の木を使った器を制作・販売されている
「ひきみ森の器」さん。


これまで各種器や
私も愛用している料理ベラを主力に販売されてきましたが

器が木製ならば、一緒に使うカトラリー(スプーンやフォーク、ナイフ)も
木製のほうが統一性もあり、お客様の満足度もあがるのでは!という思いから
新しい「お仲間」を増やしていらっしゃいます。


その第一弾は「ベビースプーン・フォーク」
(スプーン990円、フォーク990円)。
269612843_370262331567832_4562683417513787886_n


「大人だけでなく、赤ちゃんや子どもたちにも目を向けよう」と湟川(ほりかわ)千恵さんが中心となり、ベビースプーンとフォークの制作に着手。

アイスクリームのスプーンをヒントに
凹凸が無くて使いやすく
成長してからも気軽に使ってもらえるような形にと
時間をかけて試作を繰り返しました。

オプション(有料)で
名前を入れたり、紐でつるせるよう穴をあけることも可能です。

完成したベビースプーンは
「ファーストスプーンプレゼント企画」として
市内の助産師さんが、産後ケアで来院されるお母さんたちにプレゼントされているそうです。



第二弾は離乳食などをつくるときに
便利な「万能おろし器:小」(3960円)。

ひきみ森の器さんは
パズルを手がけるウッドペッカーさんと協働で
「木製わさびすりおろし器」を令和2年春に制作・販売されていますが

この「木製わさびすりおろし器」を
リンゴやニンジン、大根など、果物や野菜がすり下ろしやすいよう
歯型を改良し、大きさも一回り小さくしました。


269625665_4366773846761388_6206024082664666055_n269778986_615850472970175_1107544751578300273_n



第三弾は
乳幼児向けの「ミニボール」(2310円)。
顧客からの提案を受け2年前に制作されました。


269814633_248546083914148_4481215661903018171_n


このミニボールと、万能おろし器:小、ベビースプーンを
「離乳食セット」(6600円)にして
269781201_519993322337207_6010198213433965303_n


益田市駅前の
「Fruits moritani」さん(益田市駅前町25−32)と
「正直屋本店」さん(益田市駅前町30−28)で販売されています。

更に「正直屋本店」さんからの要望で
「サラダサーバー」(1組3300円)も制作。
よくあるスプーン型ではなく、シンプルかつ靴ベラのような機能美も兼ね備えた
新しい形になっています。

269776713_451862463048714_5262585127974999260_n



また、御菓子や果物を食べるときに使う
デザートナイフ(385円)も制作しました。
269771908_1098427727571847_6758328666051913287_n

このほか復刻したスプーン(1980円)や269800200_899474057405068_7403428974584393041_n269766005_446380600521415_2268885126051144800_n

すっきりとしたスタイルのプレート
(直径12センチ、1650円)なども新たに制作されています。

269795706_2465035936962189_4834995632153660644_n - コピー269820226_3140330069579355_2685967129379108916_n

下記のような離乳食4点セット(5940円)も可能です。

269776713_3027087904273198_5347957222643222020_n

湟川千恵さんは「端材を使い、木を無駄なく使って制作しました。
カトラリーは小さいだけに時間がかかり、繊細です。
“あったらいいな”と思える作品をこれからも作っていきたいです」と話されています。


★購入先
【実店舗】
 Fruits moritani」さん(益田市駅前町25−32)
※取り扱い商品:料理ベラ・中サイズ(右利き、左利き)、離乳食3点セット、万能おろし器:大、デザートナイフ、プレート(直径12センチ)

◆崟議床伊榲后廚気鵝扮彭鳥埀愾按30−28)
※取り扱い商品:プレート(直径12センチ、18センチ)、スプーン、丸皿(直径18センチ)、椀、料理ベラ、万能おろし器:大、デザートナイフ


【ネット販売】
匹見の木工直売「啄木鳥」
ホームページはこちら→


★お問い合わせ
ひきみ森の器
0856−56−1282
営業:9時〜17時
年末年始の休業:12月31日〜1月4日



hikimityou at 16:55|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック お土産 | 木工製品

2021年12月26日

○○カレーと竹燈籠


天気予報は嘘をつきません。
朝起きたら、真っ白に。
でもでも、匹見の冬としては、まだまだ序の口。
水道も凍結せず。
有り難いことです。


さて今日は念願の○○カレーがお昼にいただける
竹灯籠づくりのご案内をいただき
匹見下公民館へ。
IMG20211226093058
IMG20211226102521
IMG20211226110334
IMG20211226113237
IMG20211226113736
IMG20211226120737
IMG20211226131020


到着すると
たくさんの車。館内には小さな子どもたちの姿がたくさん。


「いいの里っ子塾」と冠し
中学生以下のお子さんがいる家庭を対象に
地元に伝わる遊びや文化を通して交流をしようと
令和元年度から毎年年末に開催されている催し。


地域自治組織「匹見下いいの里づくり協議会」地域活性化委員会の主催。


自治組織の皆さんや公民館職員さんの手ほどきで
ドライバーを使い、竹に様々な大きさの穴をあけていきます。
子どもたちより保護者の皆さんの方が熱中のご様子。作業の間は全集中し、童心にかえることができるのかも。


数時間後、無機質だった竹の表面に見事な模様が浮かび上がりました。夜間、竹の筒の中にライトを入れると、より幻想的な空間が広がります。
年末年始にかけ、家の中が華やぐこと間違いなし、ですね。


さてさて
待ちわびた○○カレーのお目見えです。
匹見下公民館で何か事業があった際
ときどき「出没」するこちらのカレー。
なんとしたことか
私はまだ一度も口にしたことがありませんでした。


増見博司公民館長レシピによる
「ましみカレー」(石橋が勝手に命名)。


リンゴのすり下ろし、コーヒー(バリスタのエスプレッソ)、コーン(缶の中身全部)、牛乳、ごぼう、しめじ、人参、じゃがいも、タマネギ、お肉、コンソメが入っているとのこと。


ゴールデンカレー4箱×バーモントカレー1箱の合わせ技。ゴールデンのスパイスが効いて、いろんな食材のエキスが凝縮した愛情カレー。カレー皿なみなみ2杯いただきました。お腹は飽和状態。


食後は、昔懐かしいポン菓子づくり。
玄米を使ったポン菓子。旨し。


なにかと食べ過ぎな昼下がり。
そろそろおいとまを。


匹見下地区のみなさま
ご一緒させていただき、有り難うございました!


#匹見下公民館
#匹見下いいの里づくり協議会
#いいの里っ子塾
#ましみカレー
#ポン菓子
#竹灯籠

hikimityou at 13:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 食べる | まちづくり